ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2015健康福祉部の政策目標

ミッション2015健康福祉部の政策目標

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

健康福祉部のミッション

作成者

健康福祉部長・桜井史裕
健康福祉部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

  • 保健、医療、福祉の連携を常とし、市民、利用者の立場に立って各種施策を実施し、第5次長期総合計画に掲げる「安心して生み育てられるまちづくり」「ともに支え合う福祉のまちづくり」を推進します。
  • 「安心して生み育てられるまちづくり」として、一時保育の充実を通じて”待機児童ゼロ”を継続させるほか、「新のびのび塩竈っ子プラン(子ども・子育て支援新計画)」の推進、子育て支援センター(ここるん)の日曜日開所等を進めます。
    さらに、児童館、放課後児童クラブ、子育て支援センターの安定運営と利用者サービスの向上に努めます。
  • 「ともに支え合う福祉のまちづくり」として、第6期の介護保険事業計画を着実に推進し、増設した地域包括支援センターの活動を定着させるほか、「健康しおがま21プラン」の各事業、国民健康保険の疾病予防対策事業等の地域の健康づくり、さらには障がい者就労施設からの物品等の優先調達による就労支援等を通じた障がい者の自立支援に取り組みます。
  • また、東日本大震災からの心の復興を進めるため、仮設住宅、災害公営住宅への各戸訪問を継続し見守り体制の充実をさせるとともに、災害公営住宅への移転費用の負担軽減に努め、生活再建を支援します。

政策目標

  1. 子育て支援の充実
  2. 地域福祉の推進
  3. 健康づくりの推進
  4. 地域医療の充実
  5. 高齢者福祉の充実
  6. 障がい者福祉の充実
  7. 被災者支援の充実(見守り体制の強化)

重点事項

1.子育て支援の充実

チャレンジNO.1

事業名

待機児童ゼロ
推進事業

チャレンジ指標
  1. 年間を通じた保育所の待機児童数
  2. 一時保育の利用者数
  1. 0人
  2. 700人

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

ハローワークや県が運営する保育士人材バンク、さらには大学の保育科、保育士養成校などに積極的に働きかけ、保育士の確保を図ります。
一時保育の利用や認可外保育施設、幼稚園などとの連携を図り、年度途中の保育所入所希望者の選択肢を広げるため、積極的に情報提供を行います。
認可外保育施設の事業者に対し、小規模保育や家庭的保育などの地域型保育事業への移行について働きかけ、利用者にとって利用しやすい環境を整えます。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

臨時保育士の雇用を確保することにより、需要の多い低年齢児の保育を充実させ、待機児童の縮減につなげます。
様々な研修を通じて、保育士の専門性を高め、保育の質の向上に努めます。
市内の子育て支援情報を把握し、保育サービスの向上と情報発信に努めます。
チャレンジNO.2

事業名

放課後児童クラブ
運営事業
チャレンジ指標 ボランティア活用回数
(新のびのび塩竈っ子プラン)
12回

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

高校生や大学生、地域のボランティアを活用することにより、遊びや学習等、放課後児童クラブの事業を充実させます。

(2)節約・
収入増

活動は無償とします。(交通費・保険料等の支出は市費負担とします)

(3)その他

ボランティアを活用するにあたり、適正な運営のための実施要項を定めます。
中学・高校生や大学生ボランティアの受け入れ・養成等を行います。
チャレンジNO.3

事業名

子育て世帯
応援券事業

チャレンジ指標 応援券の
利用率
100%

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

対象となる中学生以下の子ども1人あたり一律5,000円とします。
一定の利用期間内で、出生・転入した世帯で対象となる子どもがいる場合には応援券を配布します。
一時保育や学習塾などでも利用できるように、保育・教育事業者の登録も可能とします。

(2)節約・
収入増

「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用します。(補助率10分の10)
割増商品券事業の「専用券」の対象となる小規模店舗を取扱い店舗とすることで、市内商店街の活性化につなげます。

(3)その他

子育て世帯の負担軽減といった目的から、できるだけ趣旨に沿った使い方の呼びかけを行い協力を求めます。
対象世帯の受け取り手続きを簡素化するとともに、確実に配布できるよう、簡易書留により応援券を郵送します。
アンケートはがきを同封することにより、子育て世帯に対する効果とニーズを把握します。
チャレンジNO.4

事業名

ほんわか子育て交流
サポート事業

チャレンジ指標 参加者の意識
変容率
80%以上

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

乳幼児の保護者を対象に「コーチング」の手法を活用した子育て支援講座を開催(50名×2回)します。
フォローアップ講座を開催することで、ピアカウンセリングの技法を用いた実践効果の共有等を図り、継続的な子育てを支援します。
子育て世代の保護者を対象とした思春期講演会を開催(1回100名)します。
子どもの健やかな成長を促す自己肯定感の向上を図るため、保護者が家庭で実戦できる具体的な行動や親世代自身が自分の性に対する考え方を見直す機会となるよう講演内容をより実践的なものとします。
育児不安や子育ての悩みに対応する施設巡回相談を実施(20回)します。
保育所等の施設を利用する親子を対象に、親も子も自己肯定感が育まれ母子の愛着形成等が高まる遊び等を提供し、心身の健やかな発達を促します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-
チャレンジNO.5

事業名

子育て支援センターの利用者
サービスの向上

チャレンジ指標
  1. 「ここるん」の日曜開所
  2. 民間活力活用に向けた準備
  1. 月1~4回
  2. 年度内

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

平成27年10月から12月まで月1回の日曜日開所を試行し、利用状況・利用者ニーズの把握を行います。利用の状況に応じて、1月から本格実施準備として毎週日曜日の開所を行います。
土日開所により、仕事で平日来所ができない親子でも利用できるようにします。また、中心市街地での買い物の際の利用を可能とすることで、まちの活性化につなげます。
子育て支援センター業務の民間活力の活用に向けて準備を行います。
チャレンジNO.6

事業名

児童館及び放課後児童クラブ運営
事業における利用者サービスの向上

チャレンジ指標 民間活力活用に
向けた準備
年度内

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

藤倉児童館及び放課後児童クラブの運営業務の民間活力の活用に向けて準備を行います。

2.地域福祉の推進

チャレンジNO.1

事業名

生活困窮者自立相談
支援事業

チャレンジ指標 自立支援計画に対する
自立割合
70%

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

就労困難者への即日対応(就労支援)を行います。
関係機関へのつなぎ、または共同による相談援助を行います。

3.健康づくりの推進

チャレンジNO.1

事業名

身体運動を通した地域
健康づくり支援事業

チャレンジ指標
  1. 事業参加者数
  2. 普及件数
60人
700件

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

ウォーキングマップ普及体験会を開催(15名×4回)します。新規事業
平成26年度に作成したマップを活用し、身体運動(ウォーキング)の普及を図ります。
食生活チェックシートの普及(700件)を行います。
H26年度に改定した食生活チェックシートを普及することで、健全な食生活を啓発します。
チャレンジNO.2

事業

各種健(検)診受診率
向上事業

チャレンジ指標
  1. 特定健診受診率
  2. 胃がん検診
  3. 大腸がん検診
  4. 歯周疾患検診
  1. 前年度比5%増
  2. 前年度比2%増
  3. 前年度比5%増
  4. 前年度比7%増

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

集団健(検)診での待ち時間の短縮化(国保特定健診・胃がん検診)を図ります。
追加・個別健(検)診等受診機会の拡充(国保特定健診・胃がん検診・大腸がん検診)を図ります。
未受診者(肺がん検診・胃がん検診)アンケート調査を実施します。
60歳の国保加入者に対する人間ドック利用券の全額助成を行います。
国保特定健診の健診項目の充実を図ります。
受診勧奨の強化を図ります。

4.地域医療の充実

チャレンジNO.1

事業名

医療費適正化事業

チャレンジ指標 後発医薬品利用率
(数量ベース・新指標)
65%以上
(平成26年度実績62.2%)

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

診療報酬明細書を精査し、重複・頻回受診者への保健指導に取り組みます。
診療報酬明細書の点検による誤請求の是正を行います。

(2)節約・
収入増

後発医薬品の利用拡大による医療費の抑制を図ります。

(3)その他

後発医薬品利用差額通知書を発行・送付し、後発医薬品利用による経済的な効果の周知を図ります。
薬剤師会と連携し、併用禁忌の薬剤を処方している対象者に対して、副作用等の危険性を周知し、適切な薬剤の処方・活用を促します。

5.高齢者福祉の充実

チャレンジNO.1

事業名

塩竈市高齢者配食
サービス事業(拡大)

チャレンジ指標 利用者数
50人
(平成26年度末41人)

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

週2回高齢者宅に配食することで、安否確認の拡大を図ります。
宅配時に高齢者の自宅の状況、本人の健康状態の確認を行います。
ひとり暮らしで調理が困難なため、慢性的な栄養不足の状態でしたが、週2回まで宅配することで、栄養改善を図ります。
毎週定期的に宅配することで、高齢者にも生活のリズムができるようにします。

(2)節約・
収入増

健康を維持できるようにすることで、医療費、介護保険事業費の抑制を図ります。
週1回までの市助成は330円、週2回利用する場合の2回目の市助成は230円として、一定の自己負担をお願いします。

(3)その他

週2回でも栄養価のある食事を摂ることで、健康に対する意識の向上を図ります。
見守られていることへの安心感を醸成します。
チャレンジNO.2

事業名

地域包括支援センター
運営事業

チャレンジ指標 総合相談支援(回)
延べ13,000回

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

各センターから担当地域に向けて業務の発信を行います。
市から各センターの紹介発信を行います。
市とセンター合同での会議、研修会を増やし、高齢者が住み慣れた住まいでの生活を地域全体で支援します。
在宅医療・介護連携を推進します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-
チャレンジNO.3

事業名

介護予防・日常生活支援
総合事業の準備

チャレンジ指標 関係団体との情報共有
実施

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

訪問と通所のサービス提供者が多様化することから、サービス事業者、NPO、老人クラブ、社会福祉協議会などとの協議により、実施可能なサービスの洗い出しを行います。
塩釜地区内にサービス事業者がまたがることから、1市3町と協議しながら平成29年4月に円滑に移行できるよう進めます。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他


-

6.障がい者福祉の充実

チャレンジNO.1

事業名

地域活動センター(藻塩の里)
運営委託事業

チャレンジ指標 新規施設利用者数
就労移行者数
5人
3人

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

障がい者の地域活動の支援、拡大を目指します。また、自立に向けた支援体制を強化します。
利用者個別の身体状況や環境等を考慮し、適応する就労の提供を行います。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

広報紙及び市窓口等での地域活動支援センターの広報、利用に向けた働きかけを行います。
チャレンジNO.2

事業名

障がい者就労施設からの
物品等の優先調達事業

チャレンジ指標 障がい者就労施設からの
年度内物品調達額
100,000円

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

物品優先調達方針の策定を行います。
障がい者就労施設等が提供可能な物品等情報の発信を行います。
市各部署への調達協力を依頼します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

会計年度終了後、調達実績をホームページで公表します。

7.被災者支援の充実(見守り体制の強化)

チャレンジNO.1

事業名

塩竈市ふれあい
サポートセンター
運営業務委託事業

チャレンジ指標 民間事業者やボランティア等
主催の新規イベントの誘致
年6回

チャレンジ
2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

ふれあいサポートセンター運営にあたり、行政、地域包括支援センター、民生委員、住民代表等の参画する仮設住宅支援者ネットワーク会議を月1回開催します。
設住宅(5地区)の談話室等で、ボランティア団体、医療機関、行政による定期的なお茶会、健康相談、教室等開催し、健庫づくり、コミュニティーづくりを実施します。
みなし仮設住宅入居世帯をサポートセンター生活相談員が訪問し、相談等を実施します。
災害公営住宅に移転した世帯に対しても、引き続き見守りなどのサポートを実施します。
プレハブ仮設住宅からの退去が進み、孤立化しがちな入居者達のコミュニティ維持のため、民間事業者・ボランティア等主催のイベントを開催します。
このページをシェアする <外部リンク>