ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2014市立病院の達成度

ミッション2014市立病院の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市立病院事務部のミッション

作成者
市立病院事務部長、伊藤喜昭
市立病院事務部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

ミッション概要

塩竈市立病院改革プランに基づいた病院経営に努めながら、急性期から慢性期まで、市民の皆様に質の高い医療を提供します。また、新たな医師を招聘し、安定的な病院運営ができるように努力します。

経営健全化に向けた取り組み

平成17年度末に最大で24億円あった不良債務額は、平成25年度決算で解消する見込みとなりました。平成26年度はさらに改革プランを推進し、安定した病院運営を目指すためにも、減価償却費を含んだ経常収支での黒字化を目指します。

診療報酬増加に向けた取り組み

救急患者の積極的な受け入による入院患者数の確保、検査オーダー件数増加等による入院単価の引き上げなどにより、診療報酬増加のための積極的な取り組みにより経営を安定化します。また、地域の企業からも信頼される病院をめざし、企業訪問などを実施し新たな企業健診の受注に努力します。

施設整備事業の実施

地域医療再生基金等を活用した非常用発電機を含む電気設備の更新を行うことにより、安定した病院運営を目指します。さらに、新たな国の財政支援制度を活用し、病棟リニューアルやトイレ整備等ができるように、県と協議します。

在宅医療の充実

在宅療養支援病院として、市民が自宅で安心して24時間療養できる地域包括ケアの実現のため必要な役割を果たします。安定した在宅医療を提供するためにも、在宅患者数100名の達成に努力します。

政策目標

  1. 経営健全化に向けた取り組み
  2. 診療報酬増加に向けた取り組み
  3. 施設整備事業の実施
  4. 在宅医療の充実

重点事項

1.経営健全化に向けた取り組み

チャレンジNO.1

事業名

市立病院改革プランの実施

チャレンジ指標 現金収支
黒字額1億円

チャレンジ
2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

院内各種会議での取組状況の進行管理を実施します。(医局会・管理者会議・経営健全化会議・運営会議などで、各部門にタイムリーに情報を発信し、経営改善を図ります)
外部評価委員会での評価を実施します。(有識者・医師会代表などで構成する改革プラン評価委員会にてh25年度の評価を頂きます)
市民公開セミナーを開催します。(5回程度セミナーを開催し、当院の診療内容やプランの取り組みなどをお知らせします)

(2)節約・
収入増

医業収益の目標を達成します。(入院収益.15億7300万円、外来収益.6億8500万円)
各種数値目標の目標を達成します。(主な指標として、救急.1000件、紹介患者.2200件、手術件数.300件、内視鏡件数.2800件、CT・MRI件数.5500件)
診療報酬増加の取り組みを行います。(医事課と連携し、院内に様々な働きかけを行います)

(3)その他

-

達成度

-

取り組み
状況

  • H26年度は、現金収支では何とか収支均衡を図るに止まり、黒字額1億円の目標を達成することはできなかった。また、経常収支では1億7,800万円となり目標を下回った。
  • 入院収益は14億5,000万円、外来収益は6億5,000万円となり目標を下回った。

2.診療報酬増加に向けた取り組み

チャレンジNO.1

事業名

増収策の創出と経営の安定化

チャレンジ指標

内科入院単価

1500円増加

チャレンジ
2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

入院患者数を確保するため、救急患者の積極的な受け入れ・ベッドコントロールの適正化の院内徹底を図ります。

内科入院単価増加を目指し、検査・画像等のオーダー件数増加に向けた仕組み作りを行います。

査定率の減少を目指し、査定分析の精度向上・各種処置伝票の迅速な改版を行います。

新規企業健診数の増加を目指し、周辺地域の企業訪問、及び院内受入体制の確立を行います。

達成度

取り組み
状況

  • ベッドコントロールの枠組み化を図り、医療単価を踏まえたベットコントロールを実施中。
  • 内科入院単価は28,245円となり、前年度の27,000円に目標額1,500円を加えた28,500円と比較して達成率は83.0%。
  • 各部署との連携を強化し、査定率0.1%となっている。
  • 企業健診数は前年度並みとなった。

3.施設整備事業の実施

チャレンジNO.1

事業名

老朽化した病院施設の更新

チャレンジ指標

患者満足度調査

施設満足度アップ

チャレンジ
2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

非常用発電機を含む電気設備更新事業の完成(停電工事7回予定)

手術室のオートクレーブ(滅菌洗浄装置)の更新整備を行います。

国の新たな財政支援制度の活用を検討する事業
国の新たな財政支援制度を活用し、1.病棟(病室・トイレ・流しなど)のリニューアル、2.給水設備の更新、3.冷暖房設備の更新、4.配管設備の更新などが実施できるように県と協議していきます。

達成度

★★

取り組み
状況

  • 電気設備更新工事を実施
  • 滅菌洗浄装置を更新
  • 国の新たな財政支援制度については27年度も継続して県と協議中。
  • 退院患者に対する施設満足度調査において、施設に対する不満の割合が前年度から18.5%減少し、施設満足度の向上が図られた。

4.在宅医療の充実

チャレンジNO.1

事業名

地域包括ケアの実践と
在宅医療の充実

チャレンジ指標

在宅件数

100件

チャレンジ
2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

病気や介護が必要でも可能な限り地域で24時間療養が出来るしくみをつくります。

退院支援計画の早期着手と在宅医療に関わる調整の迅速化を図ります。

地域包括ケアに関連する行政部門と合同の意見交換会を企画します。

浦戸地区での在宅医療活動を支援します。

(2)節約・
収入増

紹介経路と対象患者を見直し、在宅医療患者を増やします。

眼科および神経内科等医師の協力の下、複数科の訪問診療体制を確保します。

医事課と協力しあい、在宅関係の診療報酬算定の仕方を工夫します。

(3)その他

『在宅療養支援病院』として地域から信頼されるしくみをつくります。

自宅で看取ることが出来る医療環境整備を目指します。

医療依存度の高い患者を抱える家族のレスパイト(息抜き)を提供します。

達成度

★★

取り組み
状況

  • 在宅療養支援病院として2年を迎え、訪問診療を年間123人に1464回訪問し、5人を自宅で看取った。
  • ニーズ調査により浦戸への訪問診療は中止したが、訪問リハビリを開始した。(1名延18回継続中)
  • 院内広報や関係機関に告知し、訪問診療対象者が117から123と増加したが、目標100名に対し月平均82.5人と微増。26年度から眼科と神経内科医師が訪問に加わり訪問回数は270回増加。
  • 地域連携サロンを年4回実施した。
  • ショートステイ利用困難な人工呼吸器装着者に対してレスパイト入院(3名22回)実施した。
このページをシェアする <外部リンク>