ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2014健康福祉部の達成度

ミッション2014健康福祉部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

健康福祉部のミッション

作成者

健康福祉部長、桜井史裕
健康福祉部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

ミッション概要

  • 保健、医療、福祉の連携を常とし、市民、利用者の立場に立って各種施策を実施し、第5次長期総合計画に掲げる「安心して生み育てられるまちづくり」「ともに支え合う福祉のまちづくり」を推進します。
  • 「安心して生み育てられるまちづくり」として、一時保育の充実を通じて”待機児童ゼロ”を継続させるほか、子ども・子育て支援事業計画の策定、子育て支援センター(ここるん)の毎週土曜日開所等を進めます。
  • 「ともに支え合う福祉のまちづくり」として、新たに介護支援ボランティア活動事業をスタートさせ、地域包括支援センター増設の準備を進めるほか、「健康しおがま21プラン」の各事業、国民健康保険の疾病予防対策事業等の地域の健康づくり、さらには「そるてぃ壱番館」による就労支援等を通じた障がい者の自立支援に取り組みます。
  • また、東日本大震災からの心の復興を進めるため、仮設住宅等への各戸訪問を災害公営住宅転居世帯にも拡大し、見守り体制の充実に努めます。

政策目標

  1. 子育て支援の充実
  2. 地域社会による支えあいの充実(子育て支援)
  3. 地域福祉の推進
  4. 健康づくりの推進
  5. 地域医療の充実
  6. 高齢者福祉の充実
  7. 障がい者福祉の充実
  8. 被災者支援の充実(見守り体制の強化)

重点事項

1.子育て支援の充実

チャレンジNO.1

事業名

待機児童ゼロ推進事業

チャレンジ指標
  1. 年間を通じた保育所の待機児童数
  2. 一時保育の利用者数
0人
1,200人

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

保育士雇用については、近隣市町と雇用期間に関する情報交換を図り、マンパワーの確保に努めます。
保育実習受け入れ校などに積極的に働きかけ、保育士確保に努めます。
市内認可外保育施設や幼稚園の空き状況を確認し、相互の連携を図ります。
県が行う「保育士登録制度」を活用します。

(2)節約・
収入増

緊急雇用等の補助金制度を活用します。

(3)その他

年度途中における保育所利用者に対して、一時保育の利用や幼稚園の空き状況、近隣市町の認可外保育施設の状況などの情報提供を行い、待機児童ゼロを目指します。(保育コンシェルジュ的役割を行います。)

達成度

取り組み
状況

  • 6年連続で年度当初待機児童ゼロを達成した。(入所児童数681名)
  • 年度途中の申込みに対して、臨時保育士の確保や、認可外保育施設・幼稚園との連携、一時保育の活用等による対応を行った。
  • その結果、年度末入所児童数が、ほぼ定員数の713名となったが、年度末の待機児童数が2名となり、年間を通じての待機児童ゼロは達成できなかった。
  • なお、一時保育の利用者数は、年間延べ855名。(達成度71.3%)
 
チャレンジNO.2

事業名

-重点項目:親子の健康-
子育てのライフステージを通した
「切れ目のない」支援事業
チャレンジ指標
  1. 事業参加者数
  2. 事業参加者の満足度
300人
90%以上

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

ペアレント・プログラムを開催(10名×6回)します。新規取組
※発達で気になる子どもを育てる母親を支援します。
子どもの心のほんわかコーチング講座を開催(40名×2回)します。本格実施
※「コーチング」の手法を活用し、子育てを支援します。
思春期の性と心を考える講演会を開催(50名×2回)します。新規取組
ティーンママの会を毎月開催(5名×12回)します。本格実施
※10代で妊娠および10代で出産した母親の子育て支援事業を実施します。

達成度

★★

取り組み
状況

  • ペアレントプログラムを開催し、子どもの特性に応じた、ほめて伸ばす前向きな子育て支援を行った。(7回、35名)
  • 子どもの心のほんわかコーチング講座を開催し、子どもの自立や親子がともに自己肯定感を育める子育て支援を行った。(2回、46名、参加満足度100%)
  • 中学1・2年生の保護者を対象とした講演会を開催し、思春期の心の問題と受け止め方や関わり方、多感な時期の前向きな子育て支援を行った。(1回、20名、参加満足度100%)
  • ティーンママの会を開催することで、10代の母親同士、先輩ママとの交流が図られ、子育ての孤立化防止や育児に関する情報提供等、健やかな子育て環境を支援した。(21名、9回、参加満足度100%)

2.地域社会による支えあいの充実(子育て支援)

チャレンジNO.1

事業名

子ども・子育て支援事業
計画の策定
チャレンジ指標 計画の策定
新計画にしおがま
らしさを反映

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

25年度に実施したニーズ調査結果に基づき、子ども・子育て会議の中で協議を行い、「塩竈市子ども・子育て支援事業計画」を策定します。
広報等により、事業計画のパブリックコメントを行います。
塩竈らしさを計画に反映させます。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

HP等を利用して制度の周知を図ります。

達成度

★★

取り組み
状況

  • 次世代育成支援行動計画である「のびのび塩竈っ子プラン」(平成17年度~平成26年度)の理念、塩竈らしさを継承し、さらに子ども・子育て支援事業計画の内容を加えた「新のびのび塩竈っ子プラン」を、子ども・子育て会議及びパブリックコメント等を行うことで、多くの市民の方々の意見を聞きながら策定した。
  • 計画には、今後5年間で取り組む施策のほかに、重点的かつ優先的に進める3つの「重点事業」を設定した。
  • また、計画書を市内各施設に設置して閲覧できるようにするとともに、ホームページを利用しながら、計画の周知を図った。
チャレンジNO.2

事業名

子育て支援センター
運営事業(土曜開所)

チャレンジ指標 土曜日の年間
利用者数
1,750人

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

毎週土曜日を安定的に開所・運営するため、マンパワーを確保します。
保育士と子育て経験者を配置することにより、利用者に安心感を与えます。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

毎週土曜日開所することにより、平日利用できない方でも利用できるようにします。

達成度

★★

取り組み
状況

  • H26.4月から1か月毎週土曜開所を試行、5月から本格実施。(シルバー人材センターに委託し、元保育士と子育て経験者の会員2人体制で実施)
  • 土曜日年間利用者数は1,547人。(達成度88.4%)
  • 業務内容は自由開放、親子交流のサポート、育児相談で、保育経験豊かな職員との交流も好評だった。
  • 土曜開所が定着し、父と子の来館者も増加。

3.地域福祉の推進

チャレンジNO.1

事業名

生活保護受給者
就労支援の充実

チャレンジ指標 就労開始人数
40人

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

毎月、ハローワーク塩釜の就労支援ナビゲーターと就労支援員が、共同で福祉事務所内において就労相談を実施します。
塩釜地域生活福祉・就労支援協議会で、福祉と雇用に関する情報交換を行います。

(2)節約・
収入増

宮城県住まい対策充実等支援基金事業補助金の活用により、一般財源の支出がなく事業実施ができるようにします。

(3)その他

社会福祉事務所に就労支援員を配置し、被保護者や生活困窮相談者に、迅速かつきめ細かな支援ができるようにします。

達成度

取り組み
状況

  • 毎月5日(休日のときは前日)に社会福祉事務所において、就労支援員とハローワーク塩釜による共同の就労相談を実施し、生活保護受給者を含む生活困窮者の就労相談に応じた。
  • また、社会福祉事務所に就労支援員を常勤的に配置し、履歴書の書き方や面接の受け方の指導、ハローワークへの同行訪問等、就労に向けた支援を行った。
  • 生活保護受給者の内、就労開始22人、その内、生活保護からの自立(廃止)6人(達成度55%・24%)。他に、生活保護申請前の就労支援による就労開始6人。

4.健康づくりの推進

チャレンジNO.1

事業名

-重点項目:地域連携・
地域活動の活性化-
身体運動等を通した
地域健康づくり支援事業

チャレンジ指標
  1. 事業参加者数
  2. 元気高齢者の割合
900人
85.1%

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

ロコモティブシンドローム予防教室を開催(17名×18回)します。本格実施
※運動器(骨や関節、筋肉など)低下の予防を支援します。
スクエアステップリーダー育成事業(24名)を実施します。新規取組
※高齢者の要介護化(転倒・認知機能の低下)等の予防を支援します。
健康づくりサークル支援事業(18名×25回)を実施します。新規取組
男性対象のダンベル等の運動教室(20名)を実施します。本格実施
交流が低調な地域における「ほっとサロン」を開催(10名×10回)します。
※人々との交流等を通し、震災の影響による心理的ストレスを軽減する機会を提供します。
現在の食生活チェックシートを見直します。

達成度

★★

取り組み
状況

  • ロコモ予防教室を開催することにより、運動器(骨や関節、筋肉など)の機能低下を予防し、介護予防及び健康増進を図った。(17回、310名)
    ※長寿社会課の実施:7回167名、健康推進課の実施:10回143名
  • スクエアステップのリーダー育成を行い、現在21の地区サークル等がスクエアステップを活動に取り入れ、転倒予防等の介護予防および健康増進に取組んでいる。(52名)
  • 健康づくりサークル支援事業では、各地区サークル等に運動指導士等を派遣し、継続的な運動教室等の実施を支援した。(22回、347名)
  • 男性のための運動教室では、目標とした参加者数には達しなかった。参加者のうち4名が同教室への継続参加を希望し、同教室の参加者は16名となった。(18名)
  • 31地区を対象に「ほっとサロン」の開催を呼びかけたが、人が集まらない等の理由で多くの地区で実施に至らなかった。開催できた5つの地区では、震災等による心的ストレス等の軽減が図られた。(5回、61名)。
  • 食生活チェックシートは、第2期食育推進計画の策定に合わせて改定し、ライフサイクル別に8種類(改定前6種類)を作成した。
  • 元気高齢者の割合(平成27年2月末)
    高齢者人口(16,923人)の内、非介護認定者(14,122人)=83.4%
チャレンジNO.2

事業

塩竈市国民健康保険
疾病予防対策事業

チャレンジ指標 医療費抑制効果額
3,000万円

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

60歳時の人間ドック利用料を無料化します。
各種健診の受診による医療費抑制の効果を検証します。

(2)節約・
収入増

特定健診等各種健診の受診率を向上させます。

(3)その他

健診項目を充実させます。
受検者に対し事後アンケート調査を実施します。

達成度

★★

取り組み
状況

  • 60歳時の人間ドック利用料(3,700円)の無料化を実施した。
  • レセプトデータや健診データを分析し効率的・効果的な保健事業の実施計画となる国保データヘルス計画を策定し、今後の医療費適正化に向けた保健事業の方向性を定めることができた。
  • 平成26年度特定健診の受診率(速報値)は、36.0%と前年度比△0.6%であったものの、人間ドックについては、前年度より受診率が2.9ポイント増の31.9%になった。
  • 検診項目の充実として、新たな検診事業として脳ドック助成事業を実施し脳血管疾患の早期発見早期受診を促すことができ、かつ年間最大約3,800万円医療費を抑えることができた※。
  • 人間ドック再検査対象者に対して事後アンケートを送付し、対象者の動向と併せて未受診者に対しての、再検査受診を促すことができた。
    ※1人当たりの脳血管疾患に係る年間平均医療費1,051千円(医療費分析より)、1.脳ドック精密検査対象者36名、2.1×2=37,836千円(最大年間平均医療費抑制額)

5.地域医療の充実

チャレンジNO.1

事業名

医療費適正化事業

チャレンジ指標 後発医薬品利用率
(数量ベース)
45%以上

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

診療報酬明細書を精査し、重複・頻回受診者への保健指導に取り組みます。
診療報酬明細書の点検による誤請求をなくします。

(2)節約・
収入増

後発医薬品の利用拡大により医療費の抑制を図ります。

(3)その他

受診者に後発医薬品利用差額通知書を発行・送付し、後発医薬品利用による経済的な効果の周知を図ります。

達成度

★★★

取り組み
状況

  • 診療報酬明細書の精査により、重複・頻回受診していると思われる被保険者への対応については、保健師による保健指導や、重複医薬品の投薬による身体への影響についてパンフレットを送付などの取り組みにより、重複・頻回受診の防止を努めることができた。
  • 後発医薬品の利用拡大については、年6回被保険者に対し利用差額通知書を発行し、後発医薬品利用による経済的な効果の周知を図ったものの、チャレンジ指標の目標値である後発医薬品利用率(全医薬品からの後発医薬品の割合(旧指標))を達成することができなかった(40.9%・達成度90.9%)。
  • ただし、平成25度改定された厚生労働省の新ロードマップにおける平成29年度末での利用率目標値(全後発医薬品可能医薬品からの後発医薬品の割合利用率(新指標))60%はすでに達成しており(62.2%)、後発医薬品の切り替えはかなり進んでいる。

6.高齢者福祉の充実

チャレンジNO.1

事業名

地域包括支援センター
増設準備

チャレンジ指標 地域包括支援センター
増設数
1か所

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

地域包括支援センターの増設と地区の見直しを行い、身近な窓口を増やします。
増設により、地域包括支援センター職員の負担軽減になることから、担当地区内で認知症の早期発見、早期予防対策を図ります。
増設により地域包括支援センター職員が増員されることから、全体の包括支援センターの会議等を通じて、市民へのより良いサービスの掘り起しを図ります

(2)節約・
収入増

民間事業所委託を行うことで専門職種の雇用安定の確保を図ります。
プロポーザル方式により事業者選定を行います。

(3)その他

離島地域の包括ケアのあり方について検討します。

達成度

★★★

取り組み
状況

  • 支援センターを、これまでの3か所から5か所に2か所増設した。(達成度200%)
    この結果、専門職種の雇用の拡大を図ることができた。
  • 支援センター4か所の委託事業者は、公募型プロポーザル方式により選定した。
  • 浦戸地区の支援センターは直営で開所し、離島地域包括ケアの基盤ができた。
チャレンジNO.2

事業名

介護支援ボランティア
活動事業

チャレンジ指標 介護支援ボランティア
登録者
80人

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

ボランティアを介護保険事業の地域支援事業・介護予防事業として実施することにより、参加しやすくします。
市内介護保険事業所でボランティア活動を行うことにより、高齢者の地域貢献につなげます。
参加者に対する現金支給を通じて、参加意欲を高めます。

(2)節約・
収入増

ポイント管理業務を、多くの高齢者が加入する公共的団体に委託することにより、制度の啓発と参加者の掘り起しにつなげます。
ボランティア活動を通じて介護にならない意識が高まり、予防への取組が図られることから、介護給付費の抑制につなげます。

(3)その他

ボランティア活動を通じて、介護保険制度への理解と協力を得ていきます。

達成度

取り組み
状況

  • 7月1日に介護支援ボランティア活動制度をスタートさせた。
  • 活動受入施設17事業所、登録者61名(3月末日現在・達成度76%)となった。
  • 延べ活動時間2,847時間(1人当たり46時間)、ポイント換金合計227,300円(47人)。最高の方で288ポイント。
  • 介護予防活動や地域社会参加への意識を高めることができた。

7.障がい者福祉の充実

チャレンジNO.1

事業名

地域活動支援センター(藻塩の里)
運営委託事業

チャレンジ指標 新規施設利用者数
就労移行者数
3人
3人

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

障がい者の地域活動を支援、拡大を目指します。自立に向けた支援体制を強化します。
利用者個別の身体状況や環境等を考慮し、適応する就職先の情報を提供します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

広報紙及び窓口での地域活動支援センターを広報し、参加に向けた働きかけをします。

達成度

★★★

取り組み
状況

  • コーラス、スポーツ教室等のイベントや創作活動、生産活動を通じ、障がい者の地域活動への参加を促し利用者の増加に努めた。
  • その結果、利用者の内、新規施設利用者は10人(達成度333%)、就労移行者数は5人(就労継続A型へ3人・就労継続B型へ2人(達成度166%))。
チャレンジNO.2

事業名

障がい者(児)の
相談支援の充実

チャレンジ指標 市内事業所による
基幹相談センター
相談件数
50件(25年度27件)

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

単独の自治体では実施が難しい社会福祉士等の専門職員による相談や基幹相談センター的業務を社会福祉士等の資格所有者を有する事業所に、2市3町共同で委託し、圏域の相談支援向上、標準化を図ります。
障がい福祉事業所及び障がい福祉サービスに関する情報の集約、圏域内の相談員の資質の向上を図ります。

(2)節約・
収入増

2市3町で共同実施することにより、有資格職員の確保を図ります。

(3)その他

各種研修での相談員の育成及び質の向上を図ります。
県社会福祉協議会のネットワーク会議等で総合的・専門的な相談支援の周知等により相談窓口を周知します。
保護者などからの相談は、広報等による相談窓口を周知します。

達成度

★★

取り組み
状況

  • 2市3町の広域で基幹機能型相談支援センター業務を委託実施し、圏域内相談支援事業所や相談員を対象にした研修会を開催し、相談員の資質の向上、相談機能の充実が図られた。
  • 市内事業所等による基幹相談センター相談件数46件(達成度92%)
チャレンジNO.3

事業名

「そるてぃ壱番館」による障害者の
就労支援

チャレンジ指標 職員・来訪者の
年間購入額
1,500千円
(25推計1,100千円)

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

市内事業者を追加募集し、ローテーションによる営業を行います。

(2)節約・
収入増

火~金の販売日を、月~金週5日に増やします。

(3)その他

広報紙により周知します。

達成度

★★★

取り組み
状況

  • 出店事業者の中で月曜日も販売希望があり許可。週5日の出店販売を達成した。
  • 日々のメニューを庁内掲示板に掲載し、販売促進に協力した。
  • 年間購入額1,964千円。(達成度131%)

8.被災者支援の充実(見守り体制の強化)

チャレンジNO.1

事業名

ともに支え合う見守り体制づくり
(ふれあいサポートセンター
運営業務を通して)

チャレンジ指標 災害公営住宅への
転居世帯訪問回数
月2回

チャレンジ2014

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

みなし仮設住宅入居世帯について、サポートセンターの生活相談員が訪問して、相談等を実施します。
災害公営住宅に移転した世帯に対しても、引き続き見守りなどのサポートを実施します。
退去が進むプレハブ仮設住宅のコミュニティ維持と安全確保を検討します。

達成度

★★★

取り組み
状況

  • みなし仮設住宅入居世帯に複数回訪問。延べ201回訪問。
  • 災害公営住宅に転居された世帯に対してのサポートを年間27回、月平均2.25回訪問。(達成度112%)
このページをシェアする <外部リンク>