ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2013:水道部の政策目標の達成度

ミッション2013:水道部の政策目標の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

水道部のミッション

作成者

水道部部長福田文弘
水道部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

東日本大震災から3年となる今年。水道部では「安全でおいしい水をいつでも供給できる水道」を基本理念とした水道事業基本計画に基づいた事業と震災復興事業を推進していきます。
先ず浦戸における津波被害を受けた海底配水管について、野々島・朴島間を本復旧し復旧事業を完了させます。市内の水道管の耐震化につきましても、復旧・復興事業に併せ重要管の耐震化を進めていきます。
また、震災時の経験を生かし、災害時の情報伝達に欠かせない衛星電話の整備と給水時に威力を発揮する加圧式の給水車を整備し、今後の災害に備えます。
昨年の窓口業務の委託に続き、組織のスリム化を進め、経営基盤の安定に取り組むとともに、策定中の、老朽化した水道施設を計画的に効率的に整備する「施設整備計画」を確立し、計画的に施設の更新に取り組みます。今後とも皆さんに、安定的に安全で安心な水の提供に努力していきます。

政策目標

  1. 安定給水の確保
    • 災害に強い水道とするため重要水道管の耐震化率を43%以上とします。
    • 引き続き災害復旧事業を実施していきます。
  2. 災害対策の充実
    • 応急復旧体制づくりに必要な衛星電話を整備し通信体制を充実します。
    • 加圧式給水車等を整備し給水活動の強化と効率化を図ります
  3. 運営基盤の強化と低廉な水の供給
    • 効率的な事業運営のために組織のスリム化と梅の宮浄水場の運転管理業務委託に向けて条件整備をしていきます。
  4. お客さまサービスの充実
    • 水道モニターの皆さんからの意見や提言を事業運営に反映させていきます。

重点事項

1.安定給水の確保

チャレンジNO.1

事業名

災害に強い水道の整備

チャレンジ指標

重要路線の
耐震化率

43.2%

チャレンジ
2013

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

耐用年数の長いダクタイル管(GX管)の採用により、耐震性・有収率の向上を図る。

(2)節約・
収入増

復旧・復興に関連する国庫補助事業を活用する。

(3)その他

-

達成度

★★

取り組み
状況

昨年承認された災害復旧事業の特例措置分(協議設計対象)については配水管85.9%・給水管50%の補助率で実施してきた。

  • 事業計画での平成25年度予定187,000千円のうち120,078千円を実施。進捗率66.7%
  • 重要路線の耐震化率:43.2%(平成25年度末)
  • GX管採用あたり、業者に対する技術講習会を開催し、施工にあたって万全を期した。
  • 第6次配水管整備事業、災害復旧事業等、ほとんどの布設替工事でGX管を採用した。
チャレンジNO.2

事業名

水道施設災害復旧事業
(野々島・朴島海底配水管)

チャレンジ指標

事業の進捗率

100%

チャレンジ
2013

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

工期の短縮を図り、漁業等へ影響を極力抑える。

(2)節約・
収入増

海底掘削と配水管布設を同時に行う工法を採用し、工期の短縮を図る。

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み
状況

平成25年9月30日に着工、予定通り進捗し平成26年2月28日に竣工した。

  • 自動埋設機を使用した工法を採用し、延長1,161mのうち約75%・872mの布設を4日間で完了した。従来工法(バックホウによる開削)と比較して、大幅に工期が短縮された。
  • 開削・埋戻しを同時に行ったことにより、海中の泥のまきあげを少なくすることで、水質変化を最小限に抑えた。
  • 海上での施工にあたっては、地元住民・漁業関係者・浦戸振興課などの協力を得て、速やかな施工が可能となり、工期内に竣工した。

2.災害対策の充実

チャレンジNO.1

事業名

応急復旧体制の確立

チャレンジ指標

各取り組みの
進捗率

100%

チャレンジ
2013

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

非常時の連絡手段を確保するため、衛星電話の整備を含め通信体制の拡充を図る。

達成度

★★★

取り組み
状況

地域防災計画内容確認作業を行うとともに大倉水系導水管マニュアルを整備することができた。非常時の連絡手段として重要である、操作性及び通信状況が確保されている衛星電話を整備した。

チャレンジNO.2

事業名

応急給水体制の確立

チャレンジ指標

各取組進捗率

100%

チャレンジ
2013

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

復興交付金事業を活用して、加圧式給水車等を整備する。

(3)その他

地域防災計画に給水拠点のデータを盛り込み、周知を図る。

達成度

★★★

取り組み
状況

復興交付金事業を活用できなかったが、加圧式給水車3立法メートル級を整備した。また、地域防災計画に応急給水ポイント18ケ所が掲載された。

3.運営基盤の強化と低廉な水の供給

チャレンジNO.1

事業名

効率的な事業運営の推進

チャレンジ指標

組織見直しの実施と
委託条件の整備

チャレンジ
2013

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

梅の宮浄水場の委託時期について事業運営に影響が少ない、適切な実施時期の決定を行う。

(2)節約・
収入増

組織のスリム化を行うことにより、経費節減と業務の効率化を図る。

(3)その他

-

達成度

★★

取り組み
状況

プロポーザル方式を見据えた発注方法の検討や積算要件の変更に伴う内容精査を行い、実施時期を決定してきているが、早期に各種の条件整備を必要がある。今後の人員計画を含め、より効率的で安全を確保できる方策を検討する。
平成26年度組織見直しに係る意見聴取等を実施し、新体制にスムーズに移行できるように協議を行い、3課体制から2課体制にし組織のスリム化を行った。

4.お客さまサービスの充実

チャレンジNO.1

事業名

広聴機能の充実

チャレンジ指標

検証結果、分析結果
及び
反映状況の公表

チャレンジ
2013

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

水道モニターの前年度の活動を踏まえ、水道部の課題・問題点の検証作業(報告書の作成)を行う。

検証結果から提言を受け、これを水道事業に反映させる事により、サービスの向上を図る。

達成度

★★

取り組み
状況

平成24年度から実施した水道モニターを平成25年度も引き続き実施してきた。会議内容は、座学のみならず移動研修として七ヶ宿ダム、大倉ダムの見学を行い、水道事業を幅広く理解していただける内容としてきた。水道モニター2年間の活動報告及び提言を、平成26年3月に報告会として実施した。

このページをシェアする <外部リンク>