ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2012:市立病院の達成度

ミッション2012:市立病院の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市立病院のミッション

作成者

市立病院事務部長菅原靖彦

市立病院は、昨年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

ミッション概要

昨年度は、「塩竈市立病院改革プラン」で目標としてきました、経常収支の均衡を達成することができました。
本年度も経営の健全性を保持しながら、急性期から慢性期まで、良質な医療を継続的に提供してまいります。

また、地域の医療機関との連携を目的に平成22年度に発足させた塩竈市立病院登録医会を拠り所に、病院や診療所等との情報の共有化や信頼関係の更なる構築を図ります。
施設面では、より一層利用しやすい療養環境となるよう、病棟に各種目的室などを整備してまいります。

政策目標

  1. 経営健全化にむけた取り組み
  2. 地域医療連携の強化
  3. 施設整備事業の実施

重点項目

1.経営健全化に向けた取り組み

チャレンジNO.1

事業名

市立病院改革
プランの実施

チャレンジ指標

経常収支

黒字

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

院内経営健全化会議での進行管理の実施(各部代表者による会議を月1回開催)。
外部評価委員会での点検・評価の実施(有識者・医師会代表で構成する改革プラン評価委員会にて取り組み状況を評価する。)
市民への広報活動の実施(公開セミナーを5回開催し、市立病院の取り組みなどをお知らせする)。

(2)節約・
収入増

医業収益の目標達成(入院収益…15億7,300万円、外来収益…6億8,500万円)。

各種数値の目標達成(主な指標として、救急…1,000件、紹介患者…2,200件、手術件数…300件、内視鏡件数…2,800件、CT・MRI件数…5,500件)。

(3)その他

-

達成度

取り組み
状況

平成24年度は市からの不良債務繰入(6,500万円)を含めての収支均衡となった。○入院収益見込み額15億3,400万円、外来収益見込み額6億2,200万円となり、目標より約1億円減収となった。○数値目標では、概ね目標を上回っているが、紹介患者・CT件数・人間ドックが目標達成できなかった。○外部評価委員会(7月開催)、公開セミナー(5回開催)は、予定通り実施した。

2.地域医療連携の強化

チャレンジNO.1

事業名

地域の病院、開業医への訪問と

症例検討会等の定期的開催と情報交換

チャレンジ指標

紹介患者数

+3%

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

<地域の病院、開業医への訪問と症例検討会等の定期的開催と情報交換>
症例検討会の開催。
登録医会の開催。
7病院長会議を定期的に開催し、情報を共有する。
近隣の病院・開業医への訪問。
<広報誌「インフォメーション」の定期的発行>
他の病院・開業医へ診療内容等情報を定期的に発行し、連携を深める。
<救急隊との症例検討会の開催と毎月の情報交換(救急受け入れ件数1,000件)
症例検討会を行い、救急患者受入れ増につなげる。
救急患者受入れ状況について月1回情報交換を行う。

(3)その他

-

達成度

取り組み
状況

救急隊との症例検討会や情報交換については、当初目標どおりに実施し、救急受入件数は1,000件の目標に対して1,192件(119%)となった。○塩釜地区の7病院長会議は2回開催。○開業医訪問、広報誌「インフォメーション」(発行1回)の定期的発行には取り組めなかった。○紹介患者数は、2,200件の目標に対して1,619件(74%)となった。

3.施設整備事業の実施

チャレンジNO.1

事業名

震災復旧事業を含めた
病院施設整備事業

チャレンジ指標

施設整備

平成24年度中

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

<地域医療再生事業補助金による仮病棟を含めた病棟整備事業の実施>
病棟運営委員会による計画の策定。
各病棟の効果的運用。
多種多目的室の拡充(患者面談室、カンファレンス室、個室病室等の検討)。
<再生可能エネルギー等導入事業の実施>
みやぎ環境交付金による病棟ナースステーション内LED化整備事業。
LED整備による職場環境の向上。
機器耐用年数の延長による交換費用及びメンテナンス費用の経費削減。
再生可能エネルギー等導入補助金による蓄電池設置事業。

(3)その他

<震災関連補助事業の活用による施設整備事業>
医療施設等災害復旧費補助金による電気設備事業(真空遮断器)の実施。

災害等廃棄物処理事業補助金による旧看護師寮の解体実施。

達成度

★★

取り組み
状況

震災関連の補助金活用による電気設備(真空遮断器)入れ替え工事は12月竣工、看護師寮解体工事は11月竣工した。○みやぎ環境交付金のNSステーションLED化工事は2月竣工した。○県の地域医療再生交付金を活用した病棟整備事業が手付かずであるので、平成25年の最優先事業として取り組みたい。

このページをシェアする <外部リンク>