ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2012:建設部の達成度

ミッション2012:建設部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

建設部のミッション

作成者

建設部部長鈴木正彦
建設部は、昨年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

ミッション概要

建設部では、第5次塩竈市長期総合計画に基づき、人口減少・少子高齢社会に対応するため、定住促進に向けた取組を重点課題とします。これまで形成してきた既存ストックの有効活用と、都市機能が集積した「コンパクトで賑わいのあふれるまちづくり」を進め、快適で魅力ある都市環境の整備を進めてまいります。
また、震災からの早期復旧・復興に向けた取組も同時に進め、震災復興計画の基本理念「長い間住みなれた土地で、安心した生活をいつまでも送れるように」の実現を目指し、市民生活の安全・安心を確保してまいります。

政策目標

  1. 市民生活の安全安心の確保
  2. 市民生活の利便性の向上
  3. 新・行財政改革推進計画の推進
  4. 震災復旧・復興事業の推進

1.市民生活の安全安心の確保

チャレンジNO.1

事業名

塩竈市宅地防災対策
支援事業

チャレンジ指標

助成件数

1,500件

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

制度周知の取り組み…制度説明(地区別懇談会時)・定期的な広報誌掲載・ホームページ掲載。
FMラジオ、CATVでの制度周知、チラシ配布。
窓口の設置…東分庁舎1階会議室、平日9時00分-16時00分、専門相談員対応。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

相談者に対し定期的な連絡をして、制度活用につなげる。
工事関係者に制度の周知を図る。

達成度

取り組み
状況

平成24年10月、盛土かさ上げ工事に加え、かさ上げに伴う擁壁工事、高基礎工事、曳き家・揚げ家工事を追加し、擁壁の築造・補修を新設、また、再建に要する期間を考慮し、期間延長など支援拡充(補正6千万円、総事業費3億6千万円)し、きめ細やかな制度とした。
・平成24年7月と平成25年2月に折り込みチラシを全戸配布、復興事業説明会などで制度周知に努め、個別相談を実施した。

チャレンジNO.2

事業名

木造住宅耐震工事
助成事業

チャレンジ指標

住宅の耐震化

80%

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

耐震改修工事の3分の1の額(限度額30万円)を助成
住環境整備事業(限度額20万円)を上乗せし、木造耐震工事助成事業を促進。

(2)経費節減・
収入増

みやぎ木造住宅耐震改修工事促進助成事業(25万円)を活用。
社会資本整備総合交付金効果促進事業を活用。

(3)その他

耐震改修工事のモデルケースを提案しながら、出前講座などの啓蒙活動を推進し、市民の耐震化への関心を高める。

震災後の昭和56年以前に建築された家屋の実態を調査し、耐震化計画の見直しを検討していく。

達成度

取り組み
状況

耐震改修工事を22件、住環境整備事業を21件実施。

  • 市の防災訓練に併せ、耐震に係るパネルの展示やパンフレットの配布、相談会を開催し、市民に木造住宅の耐震化をPR。
  • 未改修者(211件)にダイレクトメールを発送し、うち2件が改修を実施した。
チャレンジNO.3

事業名

交通安全対策事業
(歩行者の安全対策)

チャレンジ指標

歩道の切り下げ

11箇所

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

<1>歩道切り下げなどによるバリアフリー化を図り、高齢者や障害者にも優しい安全対策に取り組む。
<2>学校周辺の通学路の交差点部及び通行帯のカラー化。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

取り組み
状況

平成24年4月以降、全国で登下校中の児童に自動車が突入する事故が相次いで発生。

  • 当初予定の1.歩道切り下げによるバリアフリー化から、2.緊急性の高い学校周辺の通学路の交差点部及び通行帯のカラー化を優先し実施した。
  • 小学校6校の内、4校を着手し、うち2校の通学路は整備完了。(小学校4校延長2,130m、うち完了2校分780m)
チャレンジNO.4

事業名

公共下水道雨水施設
整備事業

チャレンジ指標

流出抑制量

30t

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

雨水対策の根幹施設のひとつである牛生雨水ポンプ場整備事業(4箇年事業の3年目)に合わせ、新たに津波浸水対策や自家発電機設置を実施することにより、牛生地区住民の雨水安全度の向上を図る。
雨水対策の補完施設である流出抑制施設を整備することにより、低地の浸水被害の低減を図る。

(2)経費節減・
収入増

流出抑制施設については、複数件の工事をまとめて発注することにより、経費の縮減を図る。

(3)その他

工事に関する情報提供を行うことにより、地域住民皆さんの工事に対する理解と協力を得る。

達成度

-

取り組み
状況

牛生雨水ポンプ場は、建築工事、機械設備工事及び電気設備工事を発注し、平成25年度内に完了予定。

  • 流出抑制施設は、災害復旧事業と震災復興事業を優先し工事発注に至らず、平成25年度早期発注を予定。
チャレンジNO.5

事業名

浸水対策事業
(牛生雨水ポンプ場整備)
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

土木工事完成

8月末

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

雨水対策の根幹施設のひとつである牛生雨水ポンプ場整備事業の実施(4箇年事業の3年目)により、牛生地区住民の雨水安全度の向上を図る。

(2)経費節減・
収入増

仮設工法等の比較検討を行い、経済的な工法を採用する。

(3)その他

工事に関する情報提供を行うことにより、地域住民皆さんの工事に対する理解と協力を得る。

達成度

★★★

取り組み
状況

震災の影響により遅れていた牛生雨水ポンプ場の土木工事は、8月末に完了。

チャレンジNO.6

事業名

 

都市水環境整備下水道事業
(宅内貯留施設整備)
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

流出抑制量

51t

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

雨水対策の補完施設である宅内貯留施設を整備することにより、低地の浸水被害の低減を図る。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み
状況

震災の影響で遅れたが、3件の工事を発注し6月にすべて完了(合計貯留量は、V=51.2立方メートル)。

チャレンジNO.7

事業名

公共下水道汚水施設
整備事業

チャレンジ指標

管路施設延長

300m

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

既設(老朽)管の改築を行うことで、円滑な汚水処理を行う。

(2)経費節減・
収入増

汚水未整備地区を整備することにより、下水道使用料及び受益者負担金の収入増を図る。

(3)その他

-

達成度

-

取り組み
状況

被災管渠の災害復旧工事を優先したため、整備に着手できなかったが、平成25年度当初から工事発注に取り組む。

チャレンジNO.8

事業名

 

公共下水道築造費
(単独事業)
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

管路施設延長

100m

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

-

(2)経費節減・
収入増

未普及地区の整備促進により、下水道使用料及び受益者負担金の収入増を図る。

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み
状況

向ヶ丘地区の汚水管延長は現場精査の結果L=60.6mとなり、当地区の整備事業は完了した。

2.市民生活の利便性の向上

チャレンジNO.1

事業名

都市基盤整備・
海辺の賑わいゾーン

チャレンジ指標

精算金徴収率

100%

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

換地処分を行い、清算金の徴収交付事務を開始する。
換地処分後、速やかに土地及び家屋登記を行う。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

国道45号上りの電線地中化を国に働きかけ、良好な歩行空間の形成に努める。
-

達成度

★★★

取り組み
状況

6月1日に換地処分公告を行い、清算金徴収交付事務を開始。

  • 平成24年度の清算金徴収率100%達成。
  • 国道の駅側電線地中化工事は、3月に請負業者が決定し引き続き工事を実施。また、尾島町側は地中化の設計を実施予定。
チャレンジNO.2

事業名

都市再生整備計画事業
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

良好な歩行空間の整備

L=261m

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

宮町一号線を車両交互通行できるように改良する。
神社参道線と宮町一号線の円滑な交通が確保できるように各交差部を改良する。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

北浜沢乙線整備と統一した道路案内板整備を行い、塩竈神社のゲートウェイ機能強化を図る。

達成度

★★★

取り組み
状況

宮町水路周辺の複雑な交差点形状や一方通行の路線を解消した。

  • 道路改良や案内板設置に伴い、国道や三陸道路へのアクセス性向上を図った。
  • 塩釜さくらの会と連携し、歩道部に桜(八重紅大島)を植樹し、塩竈神社のエントランスにふさわしい整備を行った。
チャレンジNO.3

事業名

市営住宅改修事業

チャレンジ指標

給水方式変更

24戸

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

居住性向上型改修(給水方式の変更、電気容量の改修等)を実施。
安全性向上型改修(外壁の落下防止、ガス改修など)を検討。

(2)経費節減・
収入増

改修事業により維持管理費(修繕・委託料)の圧縮を図る。
社会資本整備総合交付金(地域住宅支援分野)事業の活用。

(3)その他

震災復興局と連携し、災害公営住宅の需要状況を精査の上、市営住宅長寿命化計画の見直しを検討していく。

達成度

★★★

取り組み
状況

清水沢住宅1・3号棟及び東玉川住宅の電気容量の改修工事、桜ケ丘住宅1号棟のガス管更新工事、新浜町住宅3号棟の給水方式変更工事が完了し居住性が向上。

  • 貞山通住宅1号棟の外壁改修工事が完了、安全性が向上した。
  • 災害公営住宅の意向調査により、需要予測に変更が生じているため、市営住宅長寿命化計画の見直しは、災害公営住宅の整備状況をみながら検討していく。
チャレンジNO.4

事業名

災害公営住宅の入居に
係る条例整備化と
市営住宅の新たな
管理制度の検討

チャレンジ指標

住宅地の満足度

60%

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

災害公営住宅の家賃体系を試算し、減額、減免について制度検討する。
被災者の実情に応じ、住宅困窮者を優先した入居方式の導入検討。
戸建・集合住宅については、公正・適切な入居の推進を検討。

(2)経費節減・
収入増

管理経費等の節減を検討。

(3)その他

管理代行制度、指定管理者制度の活用等、外部委託を検討する。

達成度

取り組み
状況

仮設住宅で入居に向けた説明会を実施、他の自治体の取組状況を把握、本市の災害公営住宅の入居に係る家賃や減免について検討し、シュミレーションを行い、第4回塩竈市復興交付金事業計画に採択された。
・住宅の管理に対してノウハウに実績のある民間企業や公益団体と、指定管理者制度や管理代行制度について協議を行った。

チャレンジNO.5

事業名

緑化推進事業

チャレンジ指標

公園管理数の拡大

新規管理数1箇所

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

市民団体等との公園維持管理協定の締結による公園維持管理の市民共同の推進。
公園管理のマニュアルに基づき、年度内の遊具保守点検記録の整備(市内119か所)。
緊急雇用を活用した公園の維持管理の推進。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

★★

取り組み
状況

市管理公園119ヶ所のうち、45ヶ所について34公園維持管理団体に依頼。

  • 遊具保守点検完了(記録簿整理中)。
  • 塩竈市震災対応事業(緊急雇用)により、3名が公園等の維持管理に取り組んだ。

3.新・行財政改革推進計画の推進

チャレンジNO.1

事業名

 

公共下水道事業(汚水事業)
経営健全化
下水道未接続の水洗化促進
受益者負担金の収納率向上

チャレンジ指標

未接続解消率

3%

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

パンフレット配布や下水道コンクール等を実施し、事業の重要性をPRするとともに、市民の理解を高める。

(2)経費節減・
収入増

未普及箇所の整備及び未接続世帯の課題解決を促進し、水洗化率98%を向上させる。
東日本大震災による納付者の環境変化に応じ分納等を推進し、受益者負担金の収納率を現年度96%、過年度8%確保し、収入増を図る。

(3)その他

ホームページや広報への掲載。

達成度

★★★

取り組み
状況

下水道コンクール(7月作品募集、11月作品展)を実施し、会場でパンフレット配布など普及啓発の結果、38世帯が水洗化を実施、未接続解消率が2.4%となった。

  • 受益者負担金徴収は、過年度を重点的に取り組み、収納率が9.1%となり、(平成23年度7.3%)収入増となった。

4.震災復旧・復興事業の推進

チャレンジNO.1

事業名

千賀の浦緑地災害復旧事業
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

公園復旧工事

1箇所

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

-

(2)経費節減・
収入増

震災で発生したコンクリート破砕材を嵩上げ材料へ有効活用する。

(3)その他

港湾施設整備と調整を図りながら早期の復旧を図る。

達成度

★★

取り組み
状況

港湾管理者との施工調整に時間を要したが、年度内に着手し、平成25年6月末での完了を目標に工事を進めている。

チャレンジNO.2

事業名

災害関連地域
防災がけ崩れ対策事業
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

対策工事の完成

1箇所

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

工事説明会による関係権利者、住民への工事内容の周知と合意形成。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み
状況

地域住民との合意形成を図り、平成24年10月から対策工事に着手し、平成25年3月に工事が完了。震災により崩落した法面の安定化を図った。

チャレンジNO.3

事業名

公共土木災害復旧費
(市道)

チャレンジ指標

市道復旧

111路線

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

市民生活や観光、商業等の経済活動を支える幹線市道の早期の復旧。

(2)経費節減・
収入増

周辺地区を一括して工事発注をすることにより、経費の縮減を図る。

(3)その他

-

達成度

★★

取り組み
状況

平成25年3月末現在、市道の災害復旧箇所数181箇所中、141箇所が発注済であり、うち116箇所において復旧工事が完了している。(発注率78%復旧率64%)

チャレンジNO.4

事業名

公共土木災害復旧費
(市道)
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

市道復旧

78路線

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

市民生活や観光、商業等の経済活動を支える幹線市道の早期の復旧。

(2)経費節減・
収入増

周辺地区を一括して工事発注をすることにより、経費の縮減を図る。

(3)その他

-

達成度

★★

取り組み
状況

平成25年3月末現在、市道の災害復旧箇所数181箇所中、141箇所が発注済であり、うち116箇所において復旧工事が完了している。(発注率78%復旧率64%)

チャレンジNO.5

事業名

貞山大橋補修工事
(社会資本整備総合交付金事業)
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

貞山大橋工事完成

217.5m

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

落橋防止工の設置による地震時の安全対策の向上。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

工事お知らせ看板等により工事内容の周知を図る。

達成度

★★★

取り組み
状況

平成24年11月に現行基準を満たす防護柵への改修と、落橋防止装置等の設置が完了したことによって貞山大橋の安全性が向上した。

チャレンジNO.6

事業名

津波浸水地区
下水道整備調査事業
(復興交付金事業)

チャレンジ指標

詳細設計完了

100%

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

東日本大震災による地盤沈下により浸水被害が生じている藤倉地区の排水機能を強化するため、藤倉ポンプ場のポンプ施設を増設整備し、復興に向けた居住環境の向上を図る。
今年度、詳細設計を実施。
大震災による地盤沈下により浸水被害が生じている港町、中の島、尾島町、新富町地区等の内水排除を強化するため、中央第二ポンプ場、中の島公園貯整池、中央第二貯留管を整備し、復興に向けた居住環境の向上を図る。
今年度、詳細設計を実施。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

取り組み
状況

詳細設計に着手したが、仮設工法の選定等に時間を要し、年度内完了が見込めないため、平成25年度早期完了に努める。(詳細設計完了は、5地区中1地区)

チャレンジNO.7

事業名

津波浸水地区
下水道整備調査事業
(復興交付金事業)
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

設計等完了

100%

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

大震災による地盤沈下により浸水被害が生じている港町、中の島、尾島町、新富町地区等の内水排除を強化するため、中央第二ポンプ場、中の島公園貯整池、中央第二貯留管を整備し、復興に向けた居住環境の向上を図る。今年度は測量、地質調査、基本設計を実施。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み
状況

測量、地質調査、基本設計については、5地区すべて完了した。

チャレンジNO.8

事業名

公共土木施設
災害復旧事業
(公共下水道施設)

チャレンジ指標

管渠施設復旧
延長5.9km

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

被災した管渠の復旧を促進し、雨水の安全度や汚水の円滑な排水を確保する。

(2)経費節減・
収入増

被災した汚水管渠の復旧を早期に実施し、不明水量を減少させ流域負担金を抑える。

(3)その他

-

達成度

取り組み
状況

被災管渠の早期復旧に向け、年度当初から発注したが、入札不調が7件発生。

  • 発注ロットを大きくし、国との協議に関わらない約6.1kmの工事に着手した。平成24年度内の完了は2.5km(達成率42.3%)。
チャレンジNO.9

事業名

公共土木施設
災害復旧事業
(公共下水道施設)
(平成23年度繰越事業)

チャレンジ指標

ポンプ場復旧

18箇所

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

根幹施設であるポンプ場(18箇所)の年度内復旧を図り、雨水の安全度や汚水の円滑な排水を確保する。
被災した管渠の3箇年での復旧を図る。延長:通常査定分汚水L=5,740m、雨水L=2,102m
協議設計分汚水L=5,077m、雨水L=5,275m"

(2)経費節減・
収入増

ポンプ場については、原型復旧の範囲として、今回の津波浸水高によっても浸水することがないように、施設入り口部への角落とし設置を提案する。
道路等に設置している制御盤等については、津波冠水水位より高い位置への移設。
人孔部の段差解消については道路の災害復旧工事と調整を図り復旧申請を行う。

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み
状況

災害査定を受けた16施設のうち、復興交付金事業と関連のあった1施設を除き、完了。

  • 管渠は、平成23年度に約1.5km発注し、すべて完了した。
  • 津波浸水したポンプ場は、災害査定で浸水高+5cmの防水壁を認められ、設置工事を完了した。
  • 屋外のポンプ施設の制御盤は、災害査定で浸水高+5cmの嵩上げを認められ、設置工事を完了した。
  • 人孔部の段差解消は、道路災と調整を図り、復旧申請を行った。
このページをシェアする <外部リンク>