ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2012:健康福祉部の達成度

ミッション2012:健康福祉部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

健康福祉部のミッション

作成者

健康福祉部長神谷統

健康福祉部は、昨年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

ミッション概要

保健・医療・福祉の連携を常とし、市民、利用者の立場に立って各種施策を実施し、第5次長期総合計画に掲げる、「安心して生み育てられるまちづくり」、「ともに支え合う福祉のまちづくり」を推進します。
具体的には「安心して生み育てられるまちづくり」として、保育所待機児童ゼロ推進事業、赤ちゃんの駅設置事業などを実施します。
「ともに支え合う福祉のまちづくり」としては、障害者(児)の相談支援の充実、浦戸地区介護サービス提供促進事業などを実施します。
また、東日本大震災で被災した施設(藤倉児童館)の復旧と、仮設住宅入居者をはじめとする被災者の皆様の健康、自立に向けた支援を行います。

政策目標

  1. 障がい者の自立支援、障害者福祉体制の充実
  2. 地域福祉体制の整備
  3. 働きながら子育てできる環境の整備
  4. 地域による子育て体制の構築
  5. 高齢者支援の推進
  6. 健康づくりの推進
  7. 地域医療体制の充実
  8. 成人保健の充実
  9. 被災者支援(見守り体制の強化)

重点事項

1.障がい者の自立支援、障害者福祉体制の充実

チャレンジNo.1

事業名

地域活動支援センター
(藻塩の里)

チャレンジ指標

一般就労又は
就労移行施設への移行

3人

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

障がい者の地域活動を支援し、拡大を目指す。自立に向けた支援体制を強化。
利用者個別の身体状況や環境等を考慮し、適応する就職先の情報提供。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

広報紙及び相談窓口での地域活動支援センターの広報、参加に向けた働きかけ。

達成度

★★

取り組み
状況

コーラス・スポーツ教室等のイベントや創作活動を通じ、障害者の地域活動への参加を促し利用者の増加に努めた。
利用者のうち、就労移行支援施設へ1名、就労継続支援施設へ1名、計2人が移行(達成度66.7%)。

チャレンジNo.2

事業名

障がい者(児)の
相談支援の充実

チャレンジ指標

藻塩の里相談件数

464件→480件

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

藻塩の里、ひまわり園運営委員会への参画及び指導・助言。
自立支援協議会における情報共有。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

各種研修での相談員の育成及び質の向上。
広報等による相談窓口の周知。

達成度

★★★

取り組み
状況

利用者との個別面談等、きめ細やかな相談を実施し、保護者や障がい児(者)の安定した生活に向けた助言・指導をした。
藻塩の里の相談件数494件。

チャレンジNo.3

事業名

自立支援の
地域ネットワークの充実

チャレンジ指標

専門部会課題検討

3件

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

自立支援協議会(福祉事業所・障がい者家族会・病院・学校教育機関等で組織)における意見の集約。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

自立支援協議会において、障がい者の視点に立った専門部会の設置及び支援の検討。
自立支援協議会の専門部会における地域課題の共有・検討。

達成度

取り組み
状況

自立支援協議会の開催(平成24年6月29日、同年12月20日、平成25年3月28日)、障がい福祉フォーラム(権利擁護、虐待防止)平成24年11月2日。専門部会については、本市自立支援協議会を平成24年度末に廃止し、東部自立支援協議会へ参加する予定のため、部会設置は取りやめ。壱番館1階のカフェコーナー開設に向けて事業者説明会を1回開催(平成25年3月28日)。

2.地域福祉体制の整備

チャレンジNo.1

事業名

生活保護受給者
就労支援の充実

チャレンジ指標

就労開始人数

20人

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

ミッション・チャレンジ等を通じての事業の進行管理。

(2)経費節減・
収入増

宮城県住まい対策充実等支援基金事業補助金の活用により一般財源の支出がなく事業実施が可能。

(3)その他

就労支援員2名配置(平成23年度から1名増員)により、きめ細かな支援が可能。

達成度

★★★

取り組み
状況

生活保護受給者の稼働能力に応じた就労支援を実施し、面談延べ件数600回、就労開始人員数50名と高い成果があがった。

3.働きながら子育てできる環境の整備

チャレンジNo.1

事業名

待機児童ゼロ推進事業

チャレンジ指標

保育所の
待機児童数

0人

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

保育士雇用に当たっての事前登録制や近隣市町との任期切れ保育士の情報交換を図りマンパワーの確保に努める。
市内認可外保育施設や幼稚園との連携を図る。

(2)経費節減・
収入増

緊急雇用等の補助制度を活用する。

(3)その他

保育サービスの向上を図るため、所内研修、自己評価・保育評価を行う。

達成度

★★

取り組み
状況

704名の入所児童数でスタート、3月には721名と定数を上回る入所状況だった。
・認可外保育施設や幼稚園との連携をはかり、待機児童の減少につなげた。
・年度末に向けて0歳児5名程の待機児童があった。

チャレンジNo.2

事業名

病後児預かり保育事業

チャレンジ指標

新規会員数

協力会員4人
利用会員9人

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

病後児保育のPRを行いファミサポ会員を増やす。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

安全確保のため、緊急時の対応として掛り付け医や保護者との連携を図る
安全確保を目的とした会員のスキルアップ研修等を行う。
会員の意見を事業に反映させる。(アンケート)

達成度

★★

取り組み
状況

保育の安全をより確保するため、11月から看護師資格を持つ2名のファミリーサポート協力会員の登録を図り、受け入れ態勢を整えた。
・会員へのPRを行い、今後病後児保育を実施していく。(会員利用はまだない)

4.地域による子育て体制の構築

チャレンジNo.1

事業名

藤倉児童館建て替え事業

チャレンジ指標

児童館オープン

年内

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

工期内完成を目指し、早期に復旧する。
利用団体の意見を反映する事業を行う。

(2)経費節減・
収入増

備品確保のため設備等復旧支援事業費の補助金を最大限に活用する。

(3)その他

地域との連携を図りながら子供からお年寄りまで交流できる児童館を目指す。

達成度

★★★

取り組み
状況

平成25年1月の児童館完成オープニングセレモニーには、関係者・利用者約300名が参加した。
・町内会・子ども会とも連携を図り、地域との関わりを深めている。

チャレンジNo.2

事業名

子どもの心のケア支援事業

チャレンジ指標

支援対象者数

50人

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

保育士や児童虐待・DV防止に関わる関係者のスキルアップ研修等を行い、地域での見守り体制を強化する。
臨床心理士等による保育所巡回指導により、保護者との連携を行う。
必要に応じた関連機関との連携を強化する。

(2)経費節減・
収入増

県など公的機関の事業メニューを活用する。

(3)その他

児童虐待・DV防止スーパービジョン事業により体制の強化等(相談員増、スーパーバイザーの設置等)を図る。

達成度

★★★

取り組み
状況

震災2年目を迎え、相談件数が増加する中、相談員の増、相談専用電話の開設、相談対応時間の延長により、DV・児童虐待に対応した。
(支援対象者88人)

  • 保育関係者・学校・民生委員向け研修等を開催し、DV・児童虐待防止につなげた。
  • 児童虐待防止キャンペーン「ぴかりんとうたおう」コンサートを実施した。
チャレンジNo.3

事業名

「赤ちゃんの駅」設置事業

チャレンジ指標

新規設置数10か所

利用者数10%増

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

民間商店等へ周知し、「赤ちゃんの駅」の拡大を図る。
市ホームページや広報、乳児健診等にPRし、周知を図る。
利用者ニーズを把握(アンケート)し、利用者の意見を反映した赤ちゃんの駅を目指し、利用者数の増加を図る。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

街全体で子育て家庭を支援する気運を向上させるため、イベント、キャンペーンを利用しPRを行う。

達成度

★★

取り組み
状況

積極的な呼びかけの結果、新規の民間施設の設置が6か所増加した。(現在公共施設19か所、民間施設20か所)
・アンケートによる利用者の声の把握を行っているが、施設によって利用者数のばらつきがあり、今後のPRに力を入れていく。

5.高齢者支援の推進

チャレンジNo.1

事業名

浦戸地区介護サービス
提供促進事業

チャレンジ指標

サービス提供事業者数

2事業者増

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

参入業者の増加を図り、浦戸地区における介護サービスの安定・充実が図られる。
事業者に対し、浦戸地区の介護サーヒ゛ス事業者の推奨・協力登録の要請を行う。
利用者にとって、介護サービス事業者の選択が可能となる。

(2)経費節減・
収入増

浦戸地区の介護サービスへの均衡のとれた公正な事業者提供ができる。

(3)その他

事業者等の浦戸地区への介護サービス提供に係る費用負担を軽減することで、介護サービス提供事業者等が増え、今後、地区内の介護サービスの需要に対し事業者の安定した提供が行える。

達成度

取り組み
状況

平成24年5月事業者連絡会において、市内及び近隣事業者に事業の案内を行い、事業者の参入を促した。また、包括支援センターから、浦戸地区へのサービスを提供している事業者に事業の活用を案内してもらった。
震災の影響もあり浦戸地区で生活する介護サービス利用者が少ない状況(5名程度)のため、新たなサービス提供事業者が増えていない。

チャレンジNo.2

事業名

ねんりんピック宮城・仙台2012
俳句交流大会

チャレンジ指標

参加者総数

400名

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

塩竈市実行委員会が主催する俳句交流大会の成功に向け、周知徹底を図る。そのために市民ボランティアへの呼びかけを行い、種目関係団体の参加を得るよう努める。
当日の参加来塩者へのおもてなし事業内容に塩竈の独自性を発揮する。
関係諸団体との協力連携により、大会運営の効率的かつ円滑な運営に努める。

(2)経費節減・
収入増

震災復興途上の大会であることに鑑み、補助金の縮減に努める。

(3)その他

市内各商店への周知、PRを行う。
市民の募集句投稿や当日の交流人口の増加に努める。

達成度

★★★

取り組み
状況

チラシ・ポスターを作成し、全国の関係団体及び市内公共施設・団体等に配布した。
また、のぼり旗を作成し、市役所及び吟行地等に設置した。募集句3,996句、当日句501句の投句があった。大会当日は、参加者並びに関係者延べ450名の参加を得ることができた。おもてなし事業については、まぐろの握り寿司を実演するなど塩竈の独自性を発揮することができた。また、復興関連事業の追加により、震災発生直後から現在までの復旧・復興状況を紹介するパネル展を開催し、東日本大震災に対し御支援を頂いた全国の皆様へ感謝の気持ちを伝えることができた。県内外からの参加者からは、感謝の声・便り等をいただき、大会運営全体に対し好評を得ることができた。更に、大会経費では、予算に対し約310万円ほど、縮減することができた。

チャレンジNo.3

事業名

浦戸いきいきふれあいサロン
運営事業「浦戸元気塾」

チャレンジ指標

述べ年間参加者

400名

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

月1回の各地区でのサロンの開催。
事業内容充実のため関係団体等との連携。
開催回数の増加。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

市民ボランティア団体との連携による交流機会の創出

達成度

★★

取り組み
状況

震災後から教室を3地区で実施、32回開催、実人員53名(述べ295名)が参加した。平成23年度より実人員は11名減少しているが、延べ参加人数は60名増加した。今年度より、参加者の体力測定を年度初めと年度終わりに実施。一般的に高齢者では、運動を続けていても、緩やかに身体機能が低下していくと言われているが、殆どの参加者が体力(特に「片足立ち」や「ステッピング(俊敏性の目安)」の項目)の向上を図ることができた。参加者からは、事業への月1回の定期的な参加により、身体状況が改善したと答えている。心身面の改善やこれまでの日常生活が少しずつ取り戻されてきたことも、体力向上効果につながったと思われる。

チャレンジNo.4

事業名

介護基盤緊急整備等臨時特例基金事業
(地域密着型小規模

特別養護老人ホーム施設建設)

チャレンジ指標

竣工期日

平成25年2月

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

事業主体である塩釜市社会福祉協議会と関係機関との調整を図り、補助事業整備工程等が遅滞しないよう支援する。

(2)経費節減・
収入増

施設整備関連各種契約においては、市契約規則に準じた契約を助言する。

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み
状況

事業主体者である塩竈市社会福祉協議会は、塩竈市入札参加資格業者の中から、福祉施設建設経験を有することを参加要件に、市契約規則に準じた入札公告を行った結果、多賀城市に本店を置く(株)斎藤工務店が請負業者となり、平成24年6月19日から建築工事に着工、平成25年2月27日完成することができた。平成25年3月18日から施設開所され、目標年度内に入居者受け入れが行われた。

6.健康づくりの推進

チャレンジNo.1

事業名

被災者等健康支援事業の実施

チャレンジ指標

要支援者
フォローアップ

650件

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

1.民間借上げ仮設住宅入居者アンケートのフォローアップ(約250件)。
2.全世帯健康アンケート調査のフォローアップ(約400件)。

(2)経費節減・
収入増

1.補助事業の活用(地域支え合い体制づくり事業・健康支援事業)。
2.県心のケアセンター派遣従事専門職の活用。
3.地域の民間専門病院の協力支援。

(3)その他

1.地域全体への心のケア訪問相談活動の実施。
2.40歳未満の市民を対象とした特別健診の実施(平成24年度単年度)。-

達成度

★★★

取り組み
状況

(1)1.:アンケート回答者(248世帯・638名)のうち、相談希望者、要支援者(121件)への精神保健福祉士等による電話・訪問相談を100%対応した。2.:全世帯アンケート回答世帯(9,445世帯)のうち、相談希望者(513件)への精神保健福祉士等による電話・訪問相談を100%対応した。
(2)1.:被災者健康支援関連の県補助事業を活用し、母子及び成人の心のケア相談・訪問体制の強化充実を図ることができた。2.:平成24年5月から8月の4か月間、県心のケアセンターから常勤の精神保健福祉士派遣協力を得て、相談・訪問事業を実施した。3.:地域の民間病院(精神分野)の協力を得て、精神保健福祉士・心理士・看護師の専門スタッフによる週3回の相談・訪問事業を実施した。
(3)1.:前記の相談・訪問事業での対応を行いながら、「ほっとサロン(わかち合い・心の相談会的なもの)」を6地区で開催し、地域の中での支え合いを図るとともに、心の健康サポーター養成講座を2回開催し、地域での見守り体制の充実を図ることができた。2.:10月~2月の5か月間で、40歳未満の市民を対象とした特別健診を実施(地域医療機関での個別健診方法)し、1,399人が受診した。

7.地域医療体制の充実

チャレンジNo.1

事業名

地域保健・医療連携体制の構築

チャレンジ指標

休日急患診療の
拡大

診療日週1日増

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

塩釜地区地域医療対策委員会・広域行政と連携した保健・医療担当者連絡会議の開催。

(2)経費節減・
収入増

-

(3)その他

市立病院と連携した小児科医師確保の推進。

達成度

★★

取り組み
状況

(1)塩釜地区地域医療対策委員会(8月開催)、塩釜地区休日急患診療センター運営小委員会(8月)、塩釜地区2市3町保健衛生研究会(計6回)の開催を通して、休日急患診療の現状及び課題について情報交換を行った。本地区での深刻な医師不足等の状況から、休日急患診療の拡充については、なお慎重に検討していく方向を共有した。
(3)塩竈市立病院が小児科の常勤医師の確保に向けて、東北大学病院へ医師の派遣協力について積極的に働きかけた結果、平成25年4月から常勤小児科医師1名が確保され、地域医療の充実を図ることができた。

8.成人保健の充実

チャレンジNo.1

事業名

国民健康保険事業の
安定運営

チャレンジ指標

特定検診受診率・特定保健指導の実施率

レセプト点検、審査による
医療費の軽減額

70%

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

-

(2)経費節減・
収入増

特定検診・特定保健指導受診率の向上による医療費抑制。

レセプト点検による医療費の抑制。

(3)その他

-

達成度

取り組み
状況

特定検診の受診率は目標65%に対し32.53%、特定保健指導は45%に対し10.13%(2月28日現在。未確定数値)と低調に終わった。

健診対象者へ個別に健診の案内を送付するとともに、自己負担金(1,300円)の免除などを行ったが、震災後に落ち込んだ受診率の回復には至らなかった。

また、レセプト点検による医療費の削減額は2,851,000円(81.5%)で目標を達成できなかったが、レセプト管理システムの完全運用開始による国保連での一次審査の精度向上により全体の減額対象件数が少なくなったことが影響したものと考えられる。

9.被災者支援(見守り体制の強化)

チャレンジNo.1

事業名

仮設住宅地域支え合い
体制づくり事業

チャレンジ指標

みなし仮設住宅
高齢者訪問戸数

69戸(実際の対象戸数は62戸)

チャレンジ
2012

項目

取り組み内容

(1)透明性・
満足度向上

ふれあいサポートセンター設置にあたり、地域に根ざした福祉事業の推進母体としての役割を果たしている塩釜市社会福祉協議会に委託。

(2)経費節減・
収入増

宮城県地域支え合い体制づくり助成事業を活用(経費の全額を県の交付金で実施)。

(3)その他

ふれあいサポートセンター運営にあたり、行政、地域包括支援センター、民生委員、住民代表等の参画する仮設住宅支援者ネットワーク会議を月1回開催。
仮設住宅(5地区)の談話室等で、ボランティア団体、医療機関、行政による定期的なお茶会、健康相談、教室等を開催し、健康づくり、コミュニティーづくりを実施。
一人暮らし高齢者の方に対し、希望を募り、緊急通報システムを設置し、安心確保を図る。
みなし仮設住宅入居者について、サポートセンターの生活相談員が訪問して、相談等を実施。

達成度

★★★

取り組み
状況

仮設住宅(5地区)の談話室等で、ボランティア団体、医療機関、行政による定期的なお茶会、健康相談、教室等を開催し、健康づくり、コミュニティーづくりを実施(行事回数475回のべ4,612人参加)。みなし仮設住宅高齢者世帯訪問(対象者62人全て複数回の訪問実施)。

このページをシェアする <外部リンク>