ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2011:市民総務部の達成度

ミッション2011:市民総務部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市民総務部のミッション

作成者

市民総務部長佐藤雄一

市民総務部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

市民総務部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線295)まで
Email:seisaku@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

第5次長期総合計画の実現と震災の復旧・復興に向けて重点的に取り組むとともに、これらの事業を推進するための安定した財政運営や優れた資質を持つ人材育成に努めるなど確固とした行政基盤の構築を目指します。

取組方針

  1. 震災復興の推進
  2. 防災体制の充実・強化
  3. 防犯体制の拡充
  4. 市内公共交通体系の充実
  5. 情報の発信
  6. 協働体制の推進
  7. 市政情報の充実
  8. 行政基盤の構築
  9. 広域行政の推進

重点事項

1.震災復興の推進

事業名

塩竈市震災復興計画策定事業【震災復興推進室】

チャレンジ指標

計画策定

平成23年12月末

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

学識経験者、地元産業関係者、被災地域代表者からなる外部検討委員会の設置

2.

市民・事業所アンケートを実施し、市民等の意見を計画に反映

3.

地区懇談会を開催し、被災地域住民の声を計画に反映

(2)経費節減・収入増

1.

国による震災復興計画策定支援を最大限に活用

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

市民・事業所アンケートを実施し、市民等の意見を計画に反映

2.

地区懇談会を開催し、被災地域住民の声を計画に反映

3.

パブリックコメントの実施

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成23年6月、学識経験者や地元産業界、被災地域の代表など15名の震災復興計画検討委員会を立ち上げ。6回の審議、市民意向調査(配布:4,854、回収:2,782、回収率:57.3%)、企業意向調査(配布:314、回収:141、回収率:44.9%)、地区別懇談会(8月:14回、629人参加、10月:9回、487人参加)。11月パブリックコメント実施。12月2日計画策定。復興交付金事業を平成23年3月臨時議会提案。

2.防災体制の充実・強化

事業名

塩竈市地域防災計画の見直し【市民安全課】

チャレンジ指標

 

 

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

-

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

市民安全課職員の手作りで行う。

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

自主防災組織等の市民組織の意見も反映させる。

2.

地区懇談会を開催し、被災地域住民の声を計画に反映

3.

パブリックコメントの実施

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

平成23年6月、学識経験者や地元産業界、被災地域の代表など15名の震災復興計画検討委員会を立ち上げ。6回の審議、市民意向調査(配布:4,854、回収:2,782、回収率:57.3%)、企業意向調査(配布:314、回収:141、回収率:44.9%)、地区別懇談会(8月:14回、629人参加、10月:9回、487人参加)。11月パブリックコメント実施。12月2日計画策定。復興交付金事業を平成23年3月臨時議会提案。

事業名

同報系防災行政無線の整備【市民安全課】

チャレンジ指標

難聴区域解消率

100%

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

-

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

限られた期間の中で効率的に事業を実施するために、プロポーザル方式で業者を選定する。

2.

長期間の保守管理経費も含めたトータルコストで評価する。

3.

-

(3)その他

1.

難聴区域の解消を基本条件とする。

2.

-

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成23年8月にプロポーザル方式で公募、応募のあった5社から「難聴区域の解消」や「保守点検管理費も含めたトータルコスト」の観点で業者選定、10月に契約締結、難聴区域解消のための整備を行なった。
特に、町内会アンケート調査で確認された難聴地区について、定時放送で拡声子局を調整し解消を図かった。

事業名

自主防災組織の設立と育成【市民安全課】

チャレンジ指標

自主防災組織結成率

80%

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

設立・育成の相談に随時応じる。

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

東日本大震災を契機とした組織化に向けた働きかけを行う。

2.

-

3.

-

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

未組織町内会を対象に東日本大震災の市民の避難状況の課題などを踏まえ防災研修会を開催し、自助、共助の重要性と自主防災組織結成の必要性を訴えてきた。また、自主防災組織結成にあたり、防災資機材の支給、防災マップ作成費用の助成を行い組織率向上を図ってきた。

平成23年度実績として、防災研修会は町内会対象に研修会10回、タウンウオッチ2回を開催。組織数は2組織増の61組織、組織率(世帯割)が62.1%となった。

3.防犯体制の拡充

事業名

安全・安心ロード整備事業【市民安全課】

チャレンジ指標

刑法犯認知件数

500件以下

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

人通りの多い、通勤通学路の実施を行う。

2.

(東部保育所、月見ヶ丘小学校、第三小学校、第一中学校周辺の整備)

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

無電極電灯により、ランニングコストが下がり、町内会の経費が削減できる。

2.

また、60Wタイプの電力で、水銀等100W相当の明るさがあり、経済的である。

3.

-

(3)その他

1.

町内会経費の軽減により、町内会費の値上げを抑制できる。

2.

-

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

通学路に防犯灯や緊急報知機を設置する「安全安心ロード整備事業」により、東部保育所周辺(東部23灯)、月見ヶ丘小学校周辺(西部27灯)、第三小学校周辺(南部14灯)、第一中学校周辺(北部21灯)計85灯を設置した。その結果、平成23年の刑法犯認知件数は、413件と前年比21.48%の減となった。

4.市内公共交通体系の充実

事業名

NEWしおナビバス
(市民満足度の向上等)【政策課】

チャレンジ指標

乗客数対前年度比

500人増

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

NEWしおナビ100円バスとの乗り継ぎポイントを路線図に表示するなど、交通「網」の利便性を向上させる。

2.

痛み始めた停留所の表示をリニューアルする

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

停留所の増設

2.

-

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成23年12月1日から15時00分発の「第4便」運行を開始。併せてルート図入りの時刻表を更新し、全戸配布。また停留所表示も全てリニューアル。町内会からの要望があった北部コース梅の宮地区に、新たに「梅の宮南」バス停を増設。平成24年3月車内アンケート実施。「とても便利」との意見が多く好評であったが、若干増便要望(夕方便や逆回りなど)あり。平成23年度乗車実績40,802人(前年度40,001人、801人の増)となった。

事業名

循環バス
(利用者の利便性強化等)【政策課】

チャレンジ指標

乗客数対前年度比

2,000人増

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

運行事業者(ミヤコーバス)と定期的にバス利用改善について協議する場を設ける。

2.

NEWしおナビ100円バスとの乗り継ぎポイントを路線図に表示するなど、交通「網」の利便性を向上させる。

3.

利用者の満足度調査のアンケート用紙をバスに設置し、1.に活用する。

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

しおナビ100円バスとNEWしおナビ100円バスについて、より市民の方にわかりやすく整理する

2.

-

3.

-

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

平成23年12月、NEWしおナビ100円バスの増便に併せ、ルート図入り時刻表を全戸配布。平成24年3月、車内アンケート実施。「とても便利」との意見が多く好評であったが、若干増便要望(シャトル便など)あり。利用改善に向けて協議する定例的な場は設けていないが、運行しているミヤコーバス塩釜営業所と運行状況などの連絡を密にするよう心がけた。平成23年利用実績342,102人(22年実績357,211人、△15,109人)

5.情報の発信

事業名

都市ブランドのイメージアップ
~しおがま文化大使事業~【政策課】

チャレンジ指標

観光客入込数

250万人

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

-

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

各大使に、出身校で1時間ずつ講義をしていただく。

2.

-

3.

-

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

  • <チャレンジの取り組み>他部課・文化大使ご本人との日程調整等の作業スケジュールが延びたため、実施できなかった。
  • <その他の取り組み>
    • (1):塩竈市市制施行70周年記念関連…コンサート、文化大使交流イベントの実施
    • (2):「三陸塩竈ひがしもの」の送付
    • (3):震災復興関連…復興祈念イベント、各種取組・ボランティア活動の実施
    • その他…フォトフェスティバル、体操教室、スキー教室の実施

6.協働体制の推進

事業名

市民活動の推進【市民安全課】

チャレンジ指標

共同での町内会活動数

5

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

市民活動、協働の情報を発信するために、ホームページの充実を図る。

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

地域懇談会、出前講座等の実施で町内会活動の活性化を図る。

2.

各町内会に働きかけて、共同での町内会活動実施を図る。

3.

-

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

平成23年10月に市公式ホームページ内に地域コミュニティについてのページを新設し、町内会等の地域コミュニティ団体名称及び区域や世帯数の一覧を公開した。地域懇談会等については震災の影響もあり実施までは至らなかった。
共同での町内会活動として、北浜地区の5町内会の事業である北浜コミュニティセンター新築事業(平成24年3月完成)、新浜地区6町内会の備品整備のためのコミュニティ助成事業の申請、大日向地区4町内会の防災訓練等を支援した。共同での町内会活動数は3か所となった。

事業名

市政施行70周年記念式典の実施【総務課】

チャレンジ指標

一般市民参加

50名

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

市制功労表彰とは異なる特別基準とすることで、例年の表彰と差別化を図り、表彰価値を上げる。

2.

市制功労表彰とは別に、各分野で本市や市民に対し多大な貢献のあった人等の功績を顕彰するため、広く特別表彰を行う。

3.

市主催事業に「市制施行70周年記念」の冠を付することで、市民参加の促進、市民意識の高揚を図る。

4.

インターネットへの掲載

5.

広報へ特集記事の掲載

6.

記念式典は市民参加型の内容と運営とする。また、出席していただいた方の記憶に残る式典を目指す

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

式典オープニングにおいて、市民コーラス等を検討し実施する。

2.

専門家や郷土史家による、塩竈市の歴史などについての記念講演会を行う。

3.

記念誌の作成

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

記念式典は、出席者約300名のもとに、記念コーラスを幕開けとして、市制施行70周年特別表彰、市政功労表彰を含めて挙行し、閉式後に本市特産品紹介を兼ねた交流会を実施した。一般市民参加は、受賞者家族等を含めて50名程度であった。
また、平成23年度を通じて「市制施行70周年記念」の市主催各種事業を開催した。
これらにより、市民参加の促進、市民意識の高揚を図る機会を創出できた。

7.市政情報の充実

事業名

広報しおがまの充実
(市政や暮らしの情報発信と読みやすさ)【政策課】

チャレンジ指標

ホームページのアクセス数

6000件

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

広報アドバイザーによる、広報紙への意見反映

2.

ユニバーサルフォントの導入による読みやすい紙面づくり

3.

二色使いのページによる、読みやすい紙面づくり

4.

アドバイザーの意見を踏まえた紙面リニューアル

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

民間委託の検討(編集・配布)

2.

-

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

広報アドバイザーからの意見を踏まえ、「市民のひろば」を項目に分けて掲載するなどの工夫を行った。ユニバーサルフォント、二色使いなど、読みやすさを心がけた。民間委託については、他市町の状況を調べるなどし、情報収集を行った。

事業名

定住・交流まち情報の発信
(まち歩きルートなどの設定)【政策課】

チャレンジ指標

WEBページアクセス数

100000アクセス

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

塩竈市の復興状況を映像、動画で表示

2.

まち歩きルートなどの設定

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

グーグルマップサービスを利用して、主要施設やバス停の詳細な位置を表示

2.

各施設間の距離や移動時間を表示

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

ホームページ「KURASIO」を通じて、復興状況については「塩竈を思う」のページ、まち歩きルートについては「塩竈散歩」、主要施設等及び各施設間の距離については「暮らしマップ」及びgoogleの機能を利用して表示し、情報発信をした。Webページアクセス数は109,500アクセスを達成した。

事業名

市政情報発信の強化
(ホームページ機能の強化)【政策課】

チャレンジ指標

ホームページのアクセス数

6000件

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

ホームページに音声ガイダンス機能や色弱者対応機能などを追加

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

HPサーバを単独管理(同等の経費でホームページの質の向上が図れる)

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

ホームページに機能を追加し、使いやすさの向上

2.

-

3.

-

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

23年度は仕様を検討し、2月にプロポーザルを実施。4社から提案を受け、チャレンジ項目に最も合致する企画を選定。契約行為を行い、実施に向けて打ち合わせを開始。
具体的な作業については24年度から取り組み、10月に公開予定。

8.行財政基盤の構築

事業名

第三次行財政改革推進計画の推進【財政課】

チャレンジ指標

定員管理フレーム計画値

479名

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

広報誌及び公式ホームページを活用し、実施結果を公表することで、市民と情報を共有し、行政としての説明責任を果たすとともに、市民参画の市政及び透明性の高い行政運営につなげる

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

震災対応に係る一時的な業務増については、定数職員の新規雇用に依らず、他市からの中長期派遣職員を充当し対応することで計画値の実現を図る

2.

アウトソーシングの選定と庁内合意形成

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

震災により、日々拡大する行政需要に応えながら、本市の早期復旧・復興を図るための体制づくりを優先したこと、想定していた中長期派遣職員数の確定が年度末となったこと等の理由により、定員管理フレームの計画値を13名上回る492名の体制となった。

事業名

財政見通しの策定【財政課】

チャレンジ指標

収支差の解消

±0千円

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

市広報及び市ホームページを活用した収支見通しの公表。

2.

出前講座等を活用した市民への説明及び意見聴取

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

財政フレーム見直しに伴う、アウトソーシングの推進や収入確保対策との連携

2.

収支見通しによる課題等を新年度予算編成方針に反映させることで、明確なビジョンを持った予算編成に取り組む

3.

-

(3)その他

1.

現実的な将来の財政状況を浮かび上がらせるため、細部までメスを入れた厳格な見通し数値の積み上げを心がける

2.

関係課との協議を密に進め、精度の高い見通し数値の積み上げ

3.

-

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

チャレンジ指標である収支差の解消が図られたが、平成23年4月作成、11月再調整・公表については、震災による本市財政状況の混乱、財源となる国・県補助制度が不透明であったことから、完成・公表を断念した。

事業名

市債管理計画の策定【財政課】

チャレンジ指標

実質公債費比率国の基準

25%

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

庁内説明会開催による財政運営の現状及び将来負担に係る周知徹底

2.

議会への報告

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

有利な資金調達方法の模索(対民間資金)

2.

PBを念頭に置いた発行額の抑制など財政規律の設定

3.

交付税措置の有無など、より有利な起債制度の検討

4.

世代間公平の確保のため、償還期間や据置期間の見直しによる後年度の公債費の平準化

(3)その他

1.

財源に見合った実施計画事業等の厳選及び補助、交付税等の財源確保策

2.

-

3.

-

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

財政見通しに併せた着手を予定していたが、見通し策定の遅れと同様に、震災による影響として災害復旧費・復興事業費に係る起債制度が不透明であったことなどから、計画作成を断念した。
平成23年度では、将来負担に備えた基金へ積立(100,500千円)することができた。

事業名

財産収入の確保【財政課】

チャレンジ指標

財源確保額

30,000千円

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

広報紙、ホームページによる一般競争入札での公売

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

公売不調となっている市有不動産を宅建協会に媒介を委託

2.

現在、賃貸借している市有地について、借受者へ売却する。(縁故払下げ)

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

一般競争入札での公売、狭隘地の縁故払下げなど、財源確保のための土地の売却に努め、5箇所、計45,397千円の収入を確保し、目標額の151%を達成した。
【主なる物件】
新浜町三丁目、海員会館、農道

事業名

職員研修事業
(階層、政策形成、独自研修及び人事評価の導入)【総務課】

チャレンジ指標

研修受講者数

300名

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

階層別研修について、他自治体との情報交換や連携を深めるため、宿泊を前提として推進

2.

各課の要請に応じた実務研修への派遣、能力向上のためのステップアップ研修への派遣を推進

3.

横浜市等への職員の派遣を推進

4.

職員の服務や会計処理など基本事項の知識や事務処理能力の向上及び直近の制度改正等に関する理解を深める庶務・経理研修の実施

5.

OJTを推進するため監督者を対象としたOJT研修の実施

6.

管理職を対象とした第2回人事評価制度試行の評価の実施

7.

人事評価制度に関する理解を深め知識を身につけるため研修会の開催

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

震災のストレス等による職員の心の病の予防や職場環境の改善に役立てるため、メンタルヘルスの研修を実施

2.

-

3.

-

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

1.推進実施。(実施人数46人)、2.実施人数205人、3.継続し派遣(当該職員1年延長、2年目、年度末まで)、4.5.は震災等の影響もあり未実施、6.人事評価制度の試行実施(期間:評価基準日H24年10月1日とするH24年2月1日~H24年12月31日)、7.研修会開催(平成24年1月24、25日37人参加)(3)44人参加
研修総受講者数は332人

事業名

市税・国保税収納率向上及び滞納額の縮減【税務課】

チャレンジ指標

収納率(市税)91%

収納率(現年・国保)83%

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

-

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

口座振替加入促進

2.

居所不明者に対する実態調査

3.

特別編成(保険年金課・管理職員と合同)の徴収活動の実施

4.

徴収活動の強化(夜間・休日徴収)

(3)その他

1.

納税環境の向上を図る(3税・国保税のコンビニ収納の開始)

2.

宮城県地方税滞納整理機構へ参加し、滞納額の縮減を図る

3.

-

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

  • (1)2.3.保険年金課と合同で特別編成し、徴収活動や居所不明者に対する実態調査の実施した。4.毎週火曜日に夜間納税窓口の開設や休日徴収を行い、徴収活動の強化を図った。
  • (2)1.納税環境の向上を図るため、3税・国保税のコンビニ収納の準備を行い、平成24年度納付書から開始予定。2.宮城県地方税滞納整理機構へ参加し、滞納額の縮減を図った。
    平成23年度見込収納率(市税)86.7%(H2289.6%)収納率(国保税)81.3%(H2279.7%)

事業名

ふるさと納税の積極的PR【政策課】

チャレンジ指標

ふるさと納税寄附額

10,000千円

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

ホームページを更新する

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

広報誌に寄付を依頼する案内を掲載する

2.

過去に寄付してくださった方に、今年度も寄付してくださるよう手紙をお送りして依頼する

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

  • <チャレンジの取り組み>ふるさと納税寄付額14,989千円を達成した。
    • (1)1.:8月に更新した。…1.)第5次長期総合計画に沿う形へ、2.)申し込み方法の追加(「みやぎ電子申請サービス」)を表示する形へ。
    • (2)1.、2.:取り組んでいない。…平成23年度は震災を受けて多くの寄附が集まっていた状況を鑑みて他の業務を優先的に行った結果、作業時間の確保が困難となったため。
  • <その他の取り組み>
    • (2)宮城県人会北海道連合会あてに寄附依頼を送付した(11月)。

事業名

窓口業務マニュアル書の作成【市民安全課】

チャレンジ指標

マニュアル活用率

80%

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

-

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

フローチャートの記号等の様式を決め、同じスタイルで作成しやすいようにす

2.

作成しやすい業務から作りはじめ、主な業務は全て作成するようにする

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

市民安全課において、住民基本台帳法関連事務は、「基礎知識編」と「実務編」から構成。実務編は業務の流れをフローチャートで表した。戸籍事務は、受付件数が多い出生・死亡・婚姻・離婚・転籍届に絞り、主に受付時の確認事項について記載。また、担当者がマニュアル作成後、他の職員がマニュアルを元に業務を行い、内容確認・修正を行いながら、作成した。

事業名

事務の効率化(事務処理手順の見直し)等【政策課】

チャレンジ指標

時間外勤務時間対前年比

-20%

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

-

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

裏紙を使う。(印刷設定のデフォルトを「手差し」にする。)

2.

電話を1コール内で取る。2コール鳴ったら他係の職員も積極的に取る

3.

離席時は、係内の他の職員に行き先と戻りの目安の時間を伝えておく

(3)その他

1.

係内で週間目標(職員ごとに1週の成果目標)の発表と復命を行う

2.

ファイル背表紙のルール化(様式の統一と業務分類による色分け)を行う

3.

ファイル置き場の棚に、業務分類ごとのラベルを貼る

4.

課内で朝礼を行う。(各係の主な仕事を共有する。毎日行う。)

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

  • <チャレンジの取り組み>
    (2)1.:一部の職員は設定を変えた。設定を変えていない職員も裏紙を活用している。2.:平均1.8コール程度で電話に出ている。3.:行き先の共有は概ね行った。戻り時間は在席者が判断している。
    (3)1.:一定期間は週間目標の発表を行った。復命はほとんど行わなかった。2.、3.:作業量が多く、取り組めなかった。4.:毎朝行った。
  • <指標の達成度について>
    時間外勤務時間が目標値の2倍であった。震災対応として昨年度にはない業務に従事していたためである。

事業名

雇用対策の実施
(雇用創出と就職支援)【総務課】

チャレンジ指標

マニュアル活用率

80%

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

中高年雇用等は広報を活用し、市民に広く周知

2.

緊急雇用はホームページやハローワークに求人情報を公開

3.

客観的な採点を用いた面接による採用試験の実施

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

高校生ワークシェアリングは各高校の進路指導担当との情報交換を実施し、適切な生徒の推薦により採用している

2.

面接を実施することで、より市民サービスの向上につながる人材の確保

3.

-

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

  • (1)1.緊急雇用で包含し採用(中高年としては1名)、2.106名の方を採用、3.複数名による面接・採点による応募者上位順で採用
  • (3)1.2市3町内の高校へ募集し3名採用、2.採用枠に対する「早い者勝ち」をなくし、採点採用試験を通じてサービス向上人材の確保選択

事業名

選挙啓発事業の推進
(市長市議選及び県議選の票率の向上)【選挙管理委員会】

チャレンジ指標

 

 

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

-

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

塩竈市明るい選挙推進協議会による常時・選挙時啓発活動の実施

2.

啓発物資作成配布事業

3.

広告塔・看板・のぼり旗作成掲示啓発事業

4.

FMラジオ放送CMスポット放送啓発事業

5.

選挙公報発行・各戸配布事業

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

全ての啓発事業を実施したが、各選挙の投票率は、市長・市議選が前回(57.32%)と比べ0.5%減の56.82%、県議選が前回(45.63%)と比べ2.09%減の43.54%で、目標には及ばなかった。しかしながら、東日本大震災の影響等を考えると相応の成果があったものと思われる。

9.広域行政の推進

事業名

広域行政の調査、研究【政策課】

チャレンジ指標

他市町との共同事業

3件

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

-

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

近隣市町への意見聴取と協議

2.

共通する行政課題の解決にむけた企画担当課長会議、事務担当会議による市町間の調整

3.

-

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

企画担当課長会議を平成23年8月、10月、2月、3月の4回開催。企画事務担当者会議を9月に1回開催。
行政課題解決に向け、宮城県あて要望活動を5月、11月の2回実施した。

このページをシェアする <外部リンク>