ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2011:建設部の達成度

ミッション2011:建設部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

建設部のミッション

作成者

建設部長 金子 信也

建設部は今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

建設部のミッションについてのお問い合わせ

Tel :364-2510まで
Email :shiogama@city.shiogama.miyagi.jp  

政策目標

建設部では、第5次塩竈市長期総合計画に基づき、人口減少・少子高齢化社会の進行という大きな社会情勢の変化に対応するため、定住促進に向けた取組を重点課題として、これまで形成してきた既存ストックの有効活用と、都市機能が集積した「コンパクトで賑わいのあふれるまちづくり」を進め、快適で魅力ある都市環境の整備を進めてまいります。
また、こうした対応と連携した大震災の早期復興に向けた取組も同時に進め、市民生活の安全・安心を確保するために努めてまいります。 

取組方針

  1. まちの復興と中心市街地の活力再生
  2. 市民生活の安全安心の確保
  3. 新・行財政改革推進計画の推進

重点項目

1.まちの復興と中心市街地の活力再生 

事業名

復興まちづくり計画策定事業

チャレンジ指標

地区別復興計画案策定

100%

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

震災復興計画検討委員会や被災者、市民等の意見を踏まえ、復興まちづくり計画を策定し、災害に強いまちづくり、土地利用を推進します。

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

被災状況を踏まえ、市街地の景観にも対応する津波対策を県に提案し、現状復旧にとどまることなく、より安全で活気あるまちへの復興を目指します。

2.

-

3.

-

達成度

★★★ 《達成!》

取り組み状況

被災状況を確認し、県など関係機関との協議を進め、国土交通省の直轄調査の基本資料を作成した。また、震災復興計画検討委員会の設立に伴い、基礎資料を作成や地区懇談会、アンケート調査により、平成23年12月の「塩竈市震災復興計画」の地区別の取りまとめ方針に反映した。

事業名

災害公営住宅の検討(公営住宅等長寿命化計画の見直し)

チャレンジ指標

検討地区数

4地区以上

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

応急仮設住宅入居者の新たな入居先として公営住宅等長寿命化計画を見直し、災害公営住宅等の建設を検討する。

2.

被災者アンケートの実施。

3.

地区懇談会の実施。

(2)経費節減・収入増

1.

激甚災害指定の特例制度を活用した災害公営住宅事業の検討

2.

有利な制度による新たな災害公営住宅事業の創設を国に要望

3.

民間事業者を活用した住宅の借り上げや買い取りの検討

(3)その他

1.

景観に配慮した質の高い住宅の検討

2.

被災者が従前の生活を取り戻しやすい被災地周辺への建設を検討

3.

子育て支援や高齢者生活支援施設などの併設を検討

達成度

★★★ 《達成!》

取り組み状況

被災者アンケートを2回実施、独立行政法人都市再生機構(UR)と災害公営住宅整備について基本協定を平成24年2月に締結。先行して伊保石・錦町についてURに整備を要請し、地質調査・土地測量業務に着手。その他整備については、石堂のほか、浦戸諸島で住民懇談会を開催、桂島、野の島、寒風沢、朴島の候補地を選定。

事業名

定住人口戦略プラン策定事業

チャレンジ指標

パイロット事業数

3件

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

アンケート調査やヒアリング等を行い、的確な市民意向の把握に努める

2.

学識者の意見を参考としながら、現状分析と課題解決策を取りまとめ、具体的な実施事業案を取りまとめる

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

放課後児童クラブの充実や生産年齢層を対象とした住宅供給、雇用創出に係る企業誘致のためのシティセールスなど、即効性の高いパイロット事業を検討し実現化に取り組んで行く

2.

-

3.

-

達成度

★★ 《継続中》

取り組み状況

学識者8名にいる「定住人口戦略プラン策定委員会」と庁内の担当職員で、3つの検討部会(産業・交流、居住・環境、教育・福祉)を構成し、計画の体系化、具体的な定住促進策の方向性、早期に取り組むパイロット事業の内容などについて、検討して平成24年度のフォローアップ事業とパイロット事業の実施につなげた。

事業名

雇用促進住宅取得事業(定住人口の確保)

チャレンジ指標

取得戸数

80戸

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

従前入居者の継続入居を確保する

2.

生産年齢人口を対象とした住宅を供給し、定住人口を確保していく

3.

応急仮設住宅入居者への住宅を供給し、復興支援に努める

(2)経費節減・収入増

1.

社会資本整備総合交付金を活用する

2.

近傍同種の住宅家賃や駐車場使用料と均衡を失しない認定家賃・使用料を設定する

3.

-

(3)その他

1.

地域優良賃貸住宅制度を活用し、子育て世代や高齢者世帯の低廉化家賃を設定する

2.

-

3.

-

達成度

★★★ 《達成!》

取り組み状況

子育て世代を対象とした公的賃貸住宅として、地域優良賃貸住宅制度を活用。平成24年3月に管理条例議決、土地建物を取得。従前入居者を確保するため、近傍同種との均衡を図り、家賃と駐車場資料用設定。中学校入学前の子供がいる世帯と障害者世帯の家賃を低廉化し、子育てしやすい環境向上と定住人口確保を図った。4月から15戸の入居者募集。

2.市民生活の安全の確保 

事業名

公共施設土木災害復旧事業 1.市道

チャレンジ指標

市道復旧

36路線

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

被災した市道のうち、公共施設周辺やバス路線などの市民生活を支える36路線の復旧を図る。(市道南錦町東玉川町線、後楽町藤田線、伊保石1号線他)

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★ 《もう少し》

取り組み状況

12月に181件・259路線の災害査定を終了、70路線について工事発注、内、6路線の災害復旧工事を完了。

事業名

公共土木施設災害復旧事業 2.公園・緑地

チャレンジ指標

公園・緑地の復旧

14箇所

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

地震及び津波により被災した千賀の浦緑地の復旧を図る

2.

小規模な被災のあった公園・緑地13箇所の復旧を図る

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★★ 《継続中》

取り組み状況

千賀の浦緑地については、設計業務を完了。その他公園・緑地の10箇所の工事を完了。

事業名

公共土木施設災害復旧事業 3.公共下水道施設

チャレンジ指標

ポンプ場復旧

18箇所

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

根幹施設であるポンプ場(18箇所)の年度内復旧を図り、雨水の安全度や汚水の円滑な排水を確保する。

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

ポンプ場については、原形復旧の範囲として、今回の津波浸水高によっても浸水することがないように、施設入り口部への角落とし設置を提案する

2.

道路等の制御盤等は、津波冠水水位より高い位置への移設を提案する

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★★ 《継続中》

取り組み状況

  • (1)1.ホ゜ンフ゜場年度内復旧工事完了5箇所(藤倉排水機場及び藤倉第2ホ゜ンフ゜場は4月末ホ゜ンフ゜の機能回復予定。中の島ホ゜ンフ゜場については復興交付金事業との調整を図る。その他ホ゜ンフ゜場については仮設盤等で機能回復)。(2)1.施設入り口部への角落とし設置、
  • (2)2.受電盤・操作盤等の嵩上げの提案が災害査定にて認められた。

事業名

公営住宅災害復旧事業 市営住宅

チャレンジ指標

復旧団地数

10団地

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

被災した市営住宅10団地について、従前の居住環境を早期に復旧する

2.

工事・修繕に際しては入居者の生活に十分に配慮しながら、効率的に短期間で竣工させる

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

市営住宅新玉川住宅2号棟及び3号棟の外壁等の復旧については、公営住宅法に基づく補助事業を活用する

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★★★ 《達成!》

取り組み状況

被害の大きかった新玉川住宅2号棟、3号棟は、外壁などの復旧工事を実施。その他の各団地については、個別修繕を実施し、全住宅において復旧完了。

事業名

公共下水道雨水施設整備事業

チャレンジ指標

流出抑制量

H24.3完成 90t

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

東日本大震災等の影響を受けた牛生雨水ポンプ場(4箇年事業の2年目)の土木工事を今年度末末に完了し、予定通りH25竣工により、牛生地区の雨水安全度の向上(降雨強度1月5日対応)を図る

2.

補完施設である宅内貯留施設を整備促進し、貯留量を増強することにより低地の浸水被害の低減を図る

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

湧水等、施工条件の変更に即した仮設工法等の比較検討を行い、安全かつ経済的な工法で施工する

2.

貯留施設工事を複数件まとめて発注し、経費縮減を図る

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★★ 《継続中》

取り組み状況

  • (1)1.牛生雨水ポンプ場の土木工事については、東日本大震災の影響等により、工程の遅れが生じている。繰越で8月末完了予定。(達成度50%・・・事業費ベース)
  • (1)2.貯留施設については、補正により減額したことから、3件の工事で51.2tの流出抑制量となっている。繰越で6月末までに完了予定。(達成度57%・・・貯留量)

事業名

公共下水道汚水施設整備事業

チャレンジ指標

管路整備延長

100m

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

整備要望の強い石田地区から順次整備する

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

未普及地区の整備促進により、下水道使用料及び受益者負担金の収入増を図る

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

 

取り組み状況

(1)1.東日本大震災により、下流側管渠が被災したため、復旧工事を優先し整備については、災害復旧工事完了後とする。

事業名

交通安全対策事業(歩行者の安全対策)

チャレンジ指標

歩道の切り下げ

11箇所

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

平成17年度から85箇所の歩道切下げを実施しており、平成23年度は11箇所の歩道切下げを行う。

2.

歩道のない学校周辺の道路の通行帯のカラー舗装を行い視認性を高め、児童生徒の通学時の安全確保を図るため平成23年度は玉川小学校前の歩道のない石堂西玉川町線路側帯及び玉川利府線交差点のカラー舗装を行う

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

-

2.

-

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★ 《もう少し》

取り組み状況

児童生徒の通学時の安全確保を図るため、玉川小学校前の石堂西玉川町線路側帯及び玉川利府線交差点のカラー舗装工事を完了。

3.新・行財政改革推進計画の推進

事業名

公共下水道事業(汚水事業)経営健全化

  1. 下水道未接続の水洗化促進
  2. 受益者負担金の収納率向上

チャレンジ指標

接続世帯

50世帯

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

パンフレット配布や下水道コンクール等により、事業の重要性をPRし、市民の理解を高める

2.

-

3.

-

(2)経費節減・収入増

1.

水洗化率98.0%を向上させるため、未接続世帯へのアンケート調査により課題検討を実施し、50世帯の水洗化への切り替えを促進する

2.

未普及箇所の整備を促進し、受益者負担金の収納率を現年度100%、過年度10%確保し、収入増を図る

3.

-

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★★ 《継続中》

取り組み状況

  • (1)1.下水道コンクール:7月から作品募集、10~11月に作品展を実施、会場でパンフレット配布によりPR活動実施。
  • (2)1.水洗化アンケート調査:震災等によりアンケート未実施だが、34世帯が水洗化。
  • (2)2.受益者負担金収納率:現年度95.81%、過年度7.3%(H22現年93.2%、過年7.8%)と震災の影響があったにもかかわらず収入増が図られた。

事業名

市営住宅改修事業(公営住宅等長寿命化計画の推進)

チャレンジ指標

改修棟数

5棟

チャレンジ
2011

項目

番号

取り組み内容

(1)透明性・満足度向上

1.

浴室の防水性や躯体・屋上・外壁・配管の耐久性向上など、施設の長寿命化を図る

2.

外壁落下防止改修や避難設備の設置など、安全性の確保を図る

3.

開口部のアルミサッシ化や給水方式の変更、地デジ対応など、居住性の向上を図る

4.

階段への手摺設置など、高齢者への配慮を図る

(2)経費節減・収入増

1.

公営住宅等長寿命化計画を推進し、公営住宅の延命化を図る

2.

改修事業の実施により維持管理費である修繕料や委託料の圧縮を図る

3.

社会資本整備総合交付金を活用する

(3)その他

1.

-

2.

-

3.

-

達成度

★★★ 《達成!》

取り組み状況

全市営住宅の地デジ化対応完了。清水沢住宅2号棟の電気容量改修を完了。新玉川住宅2号棟の階段手すりを設置。貞山通住宅の給水方式を変更し、同3号棟の外壁改修を完了。

このページをシェアする <外部リンク>