ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2010:水道部 の達成度

ミッション2010:水道部 の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

水道部のミッション

作成者

水道部長福田文弘

水道部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

水道部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1411(内線522)まで
Email:w_kanri@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

ライフラインである水道水の安全、安心、安定供給を基本に、事業の効率化や経営基盤の強化を図るため、今年度は学識経験者や各業種団体、市民の皆様からの意見を基に、今後10年間の方向性を示す「塩竈市水道事業基本計画」を策定し、計画的で効率性の高い事業運営を目指してまいります。

また、宮城県沖地震等の災害に備えた耐震化を推進するとともに、お客様の視点に立った積極的な情報提供により、満足度の向上に取り組んでまいります。

取組方針

  1. いつでも安全でおいしい水を安定的に供給します。
  2. 積極的な情報提供とお客様ニーズの把握により、給水サービスの向上に努めます。
  3. 組織・業務の効率化を推進し、健全な経営の維持に努めます。

重点項目

1.いつでも安全でおいしい水を安定的に供給します

効率的な漏水対策を実施し、有収率90.0%を目指すとともに、有効率を93.0%に高め、水資源の有効活用に努めます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

系統別夜間最小流量の日々分析を基に音聴調査を実施し、漏水の早期発見・早期修繕に努めましたが、有収率は86.7%、有効率は89.6%にとどまりました。

老朽管更新事業及び配水管整備事業を実施し、重要路線の水道管路の耐震化率を42.6%に高めるとともに、漏水多発路線の整備を推進し、災害に強い水道施設の構築に努めます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

北浜地区の重点整備を推進し、進捗率72.3%を達成するとともに、重要路線の耐震化率を35.2%から42.5%に高め、水道管路の耐震強化に努めました。

チリ地震津波による浦戸海底配水管破損箇所の災害復旧に努め、浦戸地区の安定供給の早期確保を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

地場産業である浅海漁業に配慮しながら早期に復旧工事を完了しました。また、国庫補助の活用による復旧費用の縮減を図りました。

応急給水ポイントを確立するとともに、水道に関する利用者手引きを作成し、災害時応急給水体制の充実を図ります。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

応急給水ポイントについては、17箇所に確立できたが利用者の手引書は完成できませんでした。

2.積極的な情報提供とお客様ニーズの把握により、給水サービスの向上に努めます

「水道なんでも相談所」を各種イベントに開設し、お客様の声を聞くとともにPR活動を行い、より身近な水道を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

「水道なんでも相談所」を年4回開催し、お客様に水道事業のPRを実施できました。

広報活動を継続し、水道事業に関する情報の提供に努めるとともに、お客様の視点に立った新たな展開を図り、広報の充実に努めます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

独自広報誌の継続発行の実施と、塩釜高校写真部との協同による編集により新たな広報誌の展開ができました。

3.組織・業務の効率化を推進し、健全な経営の維持に努めます

学識経験者や各業種団体、市民の皆様からの意見を基に、地域の特性を踏まえた「水道事業基本計画」(H23~H32)及び「中期経営計画」(H23~H27)を策定します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

今後10カ年の水道事業運営の指針となる「水道事業基本計画」とその実施計画である「水道事業中期経営計画」を策定しました。

健全経営の維持を図るため、梅の宮浄水場運転管理業務の委託化を推進します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

委託実施に向けた作業部会を開催し、委託関係書類を作成したが、労働組合からの合意が得られず継続協議となりました。

窓口業務などの見直しを行い、費用縮減に向けた実施案を作成します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

包括委託へ向け、実施案の作成に着手しました。

このページをシェアする <外部リンク>