ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2010

ミッション2010

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

ミッション2010切れ目のない経済対策を実施するとともに今後10年間の塩竈の進むべき道を明らかにします

このコーナーでは、本市の重要課題解決に向け、各部課長が今年度どのような努力をし、どのような成果を目指すのか、目標数値などを含めて公表しています。
昨今の本市の産業界を取り巻く環境ははなはだ厳しく、切れ目のない地域経済対策を着実に実施していくことこそ、喫緊の課題と認識しています。

そこでまず産業振興ですが、漁船誘致や魚市場の上屋改修、「フード見本市」や「私の好きなお店大賞」事業などを実施します。また就職できなかった高校新卒者を市が雇用するなど、国・県の制度も活用し、雇用不安の解消を図ってまいります。
次に公共施設の耐震化事業では第二中学校や集会所、市立病院、市役所などの工事を行い、小中学校と集会所については全ての耐震化事業を完了します。また西塩釜駅周辺の貨物線跡地や市内に数多くある坂道などに、憩いの空間を創出いたします。

また、子育て支援や高齢者福祉などに関しましては、民間保育園の改築支援、放課後児童クラブの定員拡大、公民館や東塩釜駅のエレベーター設置などを進め、安心して住み、暮らし続けられるまちづくりを推進してまいります。
さらに昨年度から取り組んでいる「第5次塩竈市長期総合計画」策定事業に関しましては、少子高齢化、人口減少時代における地域づくりの方向性を明らかにしてまいります。
そして、市発注の各種事業については早期着工、地元発注に努めるとともに、小規模事業者の皆様の受注機会も増やし、地域経済の活性化を目指してまいります。

最後になりますが、本市の財政については市立病院の経営形態の見直しなど各種の行財政改革を着実に実施してきたことにより、一時の危機的な状況からは脱することができました。昨年度は本塩釜駅前広場や本市ゆかりの歌碑を配置した海辺の散歩道が完成するなど、新たな都市空間の整備も進んでいます。今後も「日本で一番住みたいまち:塩竈」を実現すべく、常に市民の皆様の先頭に立ち、市民の皆様の目線で、全力を挙げて取り組んでまいりますので、一層のご支援を心からお願い申し上げます。

塩竈市長佐藤昭の画像1
平成22年5月28日

塩竈市長佐藤昭の画像2

総務部

総務部のミッション2010

総務部長佐藤雄一
部長佐藤雄一

政策目標

市民の皆さんの多種・多様な行政ニーズに的確に対応するため、効率的な行政運営と個性的で活力あるまちづくりの推進が求められています。

今年度は、さらなる財政健全化、行政改革を進めるとともに、長期総合計画の策定、耐震化事業等に取り組み、「安全安心」で「日本で一番住みたいまち」の実現に精一杯努力します。

『総務部のミッション2010』

こちらのリンクからご覧ください

総務部の課

市民生活部

市民生活部のミッション2010

市民生活部長佐々木真一
部長・佐々木真一

政策目標

市民生活部は、市民に一番身近な組織として質の高いサービスを提供できるよう努めてまいります。本年度は、市民の方々の地域コミュニティ活動の基盤となる集会所の耐震診断・改修を行い、安全安心を確保するとともに、次世代の青年育成交流事業や市民団体の活動支援を行い、市民協働の推進を図ります。

また、環境への率先した取組となる、温室効果ガスの削減、ごみの減量化とリサイクルを推進し、資源循環型の社会づくりに努めます。
浦戸振興においては、市営汽船事業の経営健全化を進め、交流人口の増加に努めていきます

『市民生活部のミッション2010』

こちらのリンクからご覧ください

市民生活部の課

健康福祉部

健康福祉部のミッション2010

健康福祉部長棟形均
部長・棟形均

政策目標

少子、高齢化が進む中で、未来を担う子ども達を地域で育む施策を充実させるとともに、高齢者が健康で生きがいを持って暮らせる施策を進めます。
また、社会的に弱い立場にある方々の地域での自立支援を進めます。
さらに市民の健康づくりを進めるとともに安心して医療が受けられる環境づくりを進めます。

常に市民、利用者の立場に立ち、保健・医療・福祉が連携した各種施策を実施してまいります。以上の点を踏まえ、次の事業を推進してまいります。

『健康福祉部のミッション2010』

こちらのリンクからご覧ください

健康福祉部の課

産業部

産業部のミッション2010

産業部長荒川和浩
部長・荒川和浩

政策目標

長引く景気低迷等々により、本市の産業界はいまだ厳しい状況に置かれている。このような状況を打開するため産業振興策として、水産業の活性化、さらに交流人口の拡大に向けた観光振興や商店街の活性化そして企業誘致等々を中心に以下の項目で取り組んでいきます。

『産業部のミッション2010』

こちらのリンクからご覧ください

産業部の課

建設部

建設部のミッション2010

建設部長金子信也
部長・金子信也

政策目標

塩竈市のこれからの建設行政を進めるうえでは、少子高齢化の進行、人口減少社会の到来という大きな社会情勢の変化へ対応することが強く求められております。

このため、建設部ではこれまでの「拡大成長を前提としたまちづくり」から都市の既存ストックを有効活用し、様々な都市機能が集積した「コンパクトで賑わいのあふれるまちづくり」への転換を基本として、快適に生活できる都市環境の整備を進めてまいります。

このため、今年度も下記の4項目を目標に掲げ、事業を推進してまいります。

『建設部のミッション2010』

こちらのリンクからご覧ください

建設部の課

市立病院

市立病院のミッション2010

事務部長菅原靖彦
事務部長・菅原靖彦

政策目標

昨年度、単年度収支均衡を達成するとともに、4月には経営形態を「地方公営企業法の全部適用」に移行しました。
平成22年度も、良質な医療を継続的に提供するために、「塩竈市立病院改革プラン」に全力で取り組み、2年連続の単年度収支均衡を目指します。

また、地域の医療機関との連携体制の強化のため、病院や診療所との情報の共有化や信頼関係の更なる構築を図ります。
施設面では、東病棟の耐震補強工事を実施し、安心・安全な療養環境を整備してまいります。

『市立病院のミッション2010』

こちらのリンクからご覧ください

事務部の課

  • 市立病院<外部リンク>
  • 診療部<外部リンク>
  • 医療福祉部(外部サイトへリンク)
  • 薬剤部(外部サイトへリンク)
  • 看護部(外部サイトへリンク)
  • 事務部(外部サイトへリンク)

水道部

水道部のミッション2010

水道部長千葉伸一
部長・千葉伸一

政策目標

ライフラインである水道水の安全、安心、安定供給を基本に、事業の効率化や経営基盤の強化を図るため、今年度は学識経験者や各業種団体、市民の皆様からの意見を基に、今後10年間の方向性を示す「塩竈市水道事業基本計画」を策定し、計画的で効率性の高い事業運営を目指してまいります。

また、宮城県沖地震等の災害に備えた耐震化を推進するとともに、お客様の視点に立った積極的な情報提供により、満足度の向上に取り組んでまいります。

『水道部のミッション2010』

こちらのリンクからご覧ください

水道部の課

教育委員会教育部

教育委員会のミッション2010

教育部長渡辺誠一郎
教育部長・渡辺誠一郎

政策目標

平成22年度の塩竈市教育基本方針に基づき、誠意をもって諸課題に全力で取り組みます。

健康で豊かな人間性をはぐくみ、未来に向けて主体的に生きる人間形成と「ともに学びともに歩む、市民が輝くまちづくり」、そして「信頼される開かれた教育委員会」をめざし、次のことを重点に市民の生涯にわたる学習の充実に努めます。

『教育委員会のミッション2010』

こちらのリンクからご覧ください

教育委員会教育部の課・施設

このページをシェアする <外部リンク>