ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2009:市立病院の政策目標・達成度

ミッション2009:市立病院の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市立病院のミッション

市立病院事務部長菅原靖彦
【市立病院事務部長菅原靖彦】

作成者

市立病院事務部長菅原靖彦

市立病院は、平成21年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

市立病院のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-5521まで
Email:hospital@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

良質な医療を継続的に提供するために、塩竈市立病院改革プランに掲げた経営目標に全力で取り組み、平成21年度単年度収支均衡を目指します。
あわせて、医療行政の迅速な対応や強力なリーダーシップが発揮できる「地方公営企業法全部適用」の導入に取り組み、移行時期は平成22年4月を目標とします。
また、今後の市立病院経営の健全化のためには、地域医療機関との連携関係をいかに構築するかが重要なキーポイントとなることから、地域医療連携を具体的かつ強力に推進するために、院内の地域医療連携室の人材強化を行いながら、連携先医療機関との信頼関係の構築を図ってまいります。

取組方針

これらを達成するための取り組み方針を以下の通り掲げます。

  1. 経営健全化に向けた取り組み
  2. 経営形態の見直し
  3. 地域医療連携の強化

重点項目

1.市立病院経営健全化に向けた取り組み

市立病院改革プラン経営目標である平成21年度の収支均衡を達成します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

入院・外来収益とも目標額を約6300万円上回り、現金収支で約5千万円の黒字化を達成しました。(前年度は現金収支で約1億円の赤字であり、約1億5千万収支が改善しました。)

当該プラン実施状況の点検、評価、公表をします。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

  1. 外部の評価委員会を立ち上げ、上半期の点検・評価を実施し、高い評価を得ました。
  2. 院内の経営健全化会議を毎月開催し、取り組み状況の点検評価を実施し、運営に反映しました。
  3. 市民向けのセミナーを6回開催し、医療内容や改革プランの取り組み状況を公表しました。

2.経営形態の見直し

「地方公営企業法の全部適用」へ平成22年4月を目標に移行します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

  1. 平成22年4月1日付けで市立病院事業の管理者に伊藤喜和先生を任命しました。
  2. 平成21年12月定例会及び平成22年2月定例会に、地方公営企業法の全部適用移行に関係する条例を提案、可決され、平成22年4月1日から全部適用に移行しました。
  3. 全部適用に移行することへの職員の認識を深めるために職員説明会を6回開催しました。

地方公営企業法の全部適用に向け、適正な給与体系を構築します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

労働組合に給与見直しの申し入れを行い、平成22年3月に合意し、以下の見直しを行いました。(平成22年4月~制度化)

  1. 年功序列的に昇格・昇給する運用の見直し
  2. 勤勉手当1.4月分のうち、0.6月分は年度末の経営状況に応じた支給にすることを制度化しました。
  3. 平成22年3月に労働組合と合意し、4月に労働協約を締結しました。

3.地域医療連携の強化

地域の診療所、病院、福祉施設との連携を強化し、市民が安心できる地域医療の連携体制を確立します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

随時に地域の診療所、病院を訪問をしました。紹介患者は全体で2155名と20年度より201名の増加しまた。(内CT・MRIは1024名で154名の増)

  1. 診療情報提供書、フィルム返却等で訪問延べ件数152件。
  2. 7病院長会議を7回実施
  3. 救急隊との症例検討会を実施

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>