ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2009:健康福祉部の政策目標・達成度

ミッション2009:健康福祉部の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

健康福祉部のミッション

健康福祉部長棟形均
【健康福祉部長棟形均】

作成者

健康福祉部長棟形均

健康福祉部は平成21年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

建設部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線4-701)まで
Email:shiogama@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

少子、高齢化が進む中で、未来を担う子ども達を地域で育む施策を充実させるとともに、高齢者が健康で生きがいを持って暮らせる施策を進めます。

また、社会的に弱い立場にある人々の地域での自立支援を進めます。
さらに市民の健康づくりを進めるとともに安心して医療が受けられる環境づくりを進めます。

取組方針

  1. 障害者自立支援の推進
  2. 生活保護受給者就労支援の充実
  3. 子育て支援の推進
  4. 行財政改善の推進
  5. 高齢者支援の推進
  6. 健康づくりの推進
  7. 国民健康保険事業の安定運営

重点項目

1.障害者自立支援の推進

昨年10月指定管理者制度に移行したひまわり園について利用人数の平成19年度比6割増を目指し拡充、充実を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成19年度平均利用人数は4.7人で、平成22年3月までの一日平均利用人数は7.4人(5割7分増)で、概ね達成できました。

地域活動支援センター(藻塩の里)では、利用者の健康づくりメニューを設定するなど事業の充実を図り、一日の利用者16名を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

スポーツ教室やクッキング教室、シャワーの日を設定して健康づくりを実施しました。一日平均利用人数は15.6人であり、目標は概ね達成できました。

2.生活保護受給者就労支援の充実

就労支援員、ハローワーク等と連携しながら生活保護受給者の就労支援を進め、3名以上の自立を目指します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

稼働年齢にある被保護者に対し、就労に関する相談やハローワークへの同行訪問を行い、11名が就労を開始しましたが、自立は1名でした。

3.子育て支援の推進

「のびのび塩竈っ子プラン」の後期計画(H22~H26)を平成21年12月を目途に策定します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

全8回の協議を実施し、時代のニーズに合わせ、平成22年1月に後期計画を策定しました。

子育て支援の一環として0~6才未満児を対象に一時保育の無料券を配布し、1.4才~6才未満児まで利用できる「子育てママのリフレッシュ事業」を行います。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

配布数876枚(253名)、年間の利用枚数延べ222枚(25.3%)でした。インフルエンザの影響もあり、一時利用減もありましたが目標を達成しました。

母子の健康増進のため、妊婦健診への助成を3回から14回に拡大します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

398名の妊婦に母子健康手帳と14回分の健診票を交付し、妊婦の健康管理の充実と経済的負担軽減を図りました。

子育て家庭の経済的負担を軽減するため、乳幼児の外来医療費への助成を小学校就学目前まで引き上げます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成21年4月から、市独自に小学校就学前まで外来分の拡大を実施し、経済的負担の軽減を図りました。(県補助対象は2歳まで、市単独事業分の従来3歳→6歳)

4.行財政改善の推進

負担の公平を図るため、悪質な滞納者に対し保育料の滞納整理を進めます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

滞納額が高額な保護者に対して、督促状や催告書の送付などを行い、高額滞納者からの納入(約100万円)がありました。

5.高齢者支援の推進

介護保険事業健全運営
介護保険事業の健全運営を図るため

  1. 介護給付の適正化を図り、特にケアプランチェック件数、250件を目指します。
  2. 第1号被保険者の収納率の向上を図り、97%を目指します。

達成度

1.★★《継続中》2.★★★《達成!》

取り組み状況

  1. ケアプランチェック目標250件に対し183件で達成率は73.2%でしたが、日常業務での指導により減少しました。また、指導を要する割合も38%と前年度の60%に比べ大幅に減少しました。
  2. 3月末現在の収納率は96.8%とほぼ目標を達成しました。

地域ケア支援と介護予防の推進
地域包括支援センター間の連携を進め

  1. 総合相談体制を強化し、相談件数延べ8,310件を目指します。
  2. 介護支援専門員や介護サービス事業者等への支援や連携を通じて質の確保と地域ケア体制を構築します。
  3. 高齢者に対する介護予防教室などの啓発活動を実施し、介護予防を推進します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

  1. 相談延べ件数目標8,310件に対し8,518件で目標を達成しました。
  2. 介護支援専門員や事業所連絡会研修会、認知症サポーター養成講座等を開催し地域ケア体制の構築を図りました。目標の54回を下回る45回で、達成率は83.3%でした。
  3. 啓発事業として、通所型介護予防、訪問型介護予防、介護予防教室や生活機能評価も含め目標の延べ参加人数6,690人に対し5,808人で、達成率は86.8%でした。

6.健康づくりの推進

健康しおがま21プランを推進します。

  1. 早期発見、早期治療の啓発活動として、がん予防講演会を実施し、がん検診受診率の向上を図ります。
  2. 妊産婦を対象とした講演会を実施し、子どものむし歯本数減少効果の検証を行うモデル事業を実施します。
  3. 思春期健康教育(中学生と赤ちゃんのふれあい交流事業)を実施します。
  4. 「生活習慣病」、「心の健康」をテーマに健康しおがま21市民健康講座を開催します。
  5. 食育体験事業や食生活チェックシートを活用した食育推進事業を実施します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

  1. がん予防講演会等の実施により、大腸・胃・前立腺がん検診の受診率が向上しました。
  2. 妊婦等歯科健診を実施しました。
  3. 中学生を対象とした赤ちゃんふれあい交流事業を新規1校、継続1校で実施しました。
  4. 健康しおがま21健康講座を3回実施し、参加者数、初回参加率、満足度とも目標を達成しました。
  5. 「エコ野菜をしってる会」など7事業を開催し、食生活チェックシートの活用者数は505名でした。

7.国民健康保険事業の安定運営

特定健診の受診率と、特定保健指導の実施率の向上を図り健康増進につなげ、国保事業の安定運営を図ります。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

特定健診受診率目標41.0%に対し34.6%(達成率84.4%)でした。
特定保健指導受診率目標28.0%に対し15.6%(達成率55.7%)でした。

レセプト点検による医療費の抑制、適正化を図ります。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

レセプト点検の再審査による減額金は前年比15.2%増(平成21年3月時点)となり、医療費の適正化に努めました。

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>