ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2009:教育委員会 教育部の政策目標・達成度

ミッション2009:教育委員会 教育部の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

教育委員会のミッション

教育部長渡辺誠一郎
【教育部長渡辺誠一郎】

作成者

教育部長渡辺誠一郎

教育委員会は、平成21年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

教育委員会のミッションについてのお問い合わせ

Tel:365-1111(内線381)まで
Email:

政策目標

健康で豊かな人間性をはぐくみ、未来に向けて主体的に生きる人間形成と「ともに学びともに歩む、市民が輝くまちづくり」そして「信頼される開かれた教育委員会」をめざし、次のことを重点に市民の生涯にわたる学習の充実に努めます。

取組方針

  1. 思いやりの心・健康な体・豊かな創造力を培う学校づくり
    -塩竈を愛し、塩竈に生まれ育ったことを誇りに思い世界へ(自己の存在を)発信できる児童・生徒の育成を目指して-
  2. 健康で人間性豊かな家庭・地域の教育力の向上
  3. 魅力ある地域文化の創造
  4. 感動と活力のあるスポーツ活動の推進
  5. より適正で効率的な事業運営の実施

重点項目

1.思いやりの心・健康な体・豊かな創造力を培う学校づくり

学力向上プランを推進し、学習状況調査の平均正答率の県平均を目指します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

小学校に指導教員を配置し、少人数指導を実施しました。研修会や指導主事等による授業参観を実施し、前年度比較で向上しましたが、まだ県・全国平均よりやや低い結果となっています。しかし、県平均や全国平均を上回る学校も増えました。

家庭学習の習慣化に努め、学習時間(小学30分、中学1時間以上)を小中学校とも70%の達成率を目指します。また、サマースクールへの50%参加を目指します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

家庭学習の手引き等を活用し、保護者への啓発に努め、学習時間は増えましたが、家庭学習1時間以上は小学校60.5%、中学校62.1%でした。また、サマースクール参加は、38%でした。

心の教育と共感的理解に立った生徒指導として次の事業を行います。

  1. 感動支援プロジェクトの実施(児童生徒満足度(80%以上)
  2. 週1時間の「道徳の時間」の確保(年間35時間)
  3. 体験活動重視の総合的な学習時間の充実(児童生徒満足度(80%以上)

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

道徳教育は時間を確保し、充実した授業を展開しました。感動支援プロジェクト事業の児童生徒の満足度は90%以上でした。

小中学校の学習環境づくりのために、耐震実施設計や修繕等工事に努めます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

耐震実施設計を100%達成し、耐震補強工事を発注しました。また、工事達成度100%予定工事を完了しました。

学校図書の整備を進め、児童生徒1人当たり蔵書19.5冊を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

児童生徒1人あたりの蔵書数21.3冊となりました。まだ県平均との差があるので、今後も計画的に充実に努めます。

2.健康で人間性豊かな家庭・地域の教育力の向上

3.魅力ある地域文化の創造

生涯学習環境の充実を図るため、次の事業を行います。

  1. 市民が自主的に開催する講座に、有識者や市職員を派遣する「まちづくりしおがま出前講座」を更に充実させます。目標:70講座、2,200名
  2. 子育て中の親対象とした家庭教育に関する講座を実施します。目標20講座、1,500名
  3. 放課後こども教室実施のための委員会を設置し実施計画書を策定します。(目標21年11月)

達成度

1.2.★★★《達成!》3.★《もう少し》

取り組み状況

  1. 「まちづくりしおがま出前講座」75講座、計1945名(講座数107%、受講者数88%)でした。
  2. 「家庭教育支援総合事業」は、16講座、参加者1205名(講座数80%、加者数80%)でした。
  3. 放課後こども教室は、他市町の視察研究にとどまり、検討委員会の設置に至りませんでした。(達成度30%)

生涯学習環境の整備を図るため生涯学習課では次の事業を進めます。

  1. 平成22年3月までに「生涯学習基本構想」の素案を作成します。
  2. また、社会教育関係団体活動を支援してまいります。

達成度

1.★《もう少し》★★★2.《達成!》

取り組み状況

  1. 「生涯学習基本構想」の作成は、意識調査を実施しましたが、素案作成まで至りませんでした。(達成度50%)
  2. 「社会教育関係団体活動支援」は、全市的な社会教育活動の向上を図るため、認定要綱の見直しを行いました。(達成度100%)

市民交流センターでは次の事業を進めます。

  1. 利用件数1,900件、利用者数52,00人を目指し、芸術文化の振興に努めます。
  2. 市民ミュージカル等市民参加型事業を件数10件、利用者数8,000人を目指します。
  3. 文化事業に対する助成事業を利用し、自主事業の充実を図ります。(申請件数は5件)
  4. 図書館基本計画を23年3月までに作成します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

  1. 市民交流センターの利用件数は、1,835件で、達成率は96.9%、利用者数は、52,249人となり、市民の芸術文化振興につなげました。
  2. ホール主催事業は、市民参加によるミュージカルやクラッシック、ジャズなど多様なジャンルの演奏会を開催し、事業件数10件、利用者数6,695人でした。
  3. 助成事業は3件でしたが、自主事業の充実を図りました。
  4. 計画作成に向け、関係部課との協議をしました。

高齢者・障害者・妊産婦なども安心して利用できるように公民館のエレベータ設置に向け、公民館の耐震調査を行い耐震補強設計及びエレベータ設置計画を策定します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

耐震調査の結果、必要な耐震度値がありました。基本設計と実施設計が完了し、新年度早期にエレベーター設置工事に着手します。

塩竈学の定着・充実のため次の事業を行います。

  1. 塩竈の文化財を活用した学習機会の提供として「塩竈学問所講座」を充実させます。(参加延べ数300名)
  2. 子供版塩竈学問所として「しおがま“何でも”体感団」を充実させます。(参加延べ数400名)

達成度

1.★★★《達成!》2.★★《継続中》

取り組み状況

  1. 「塩竈学問所講座」特別編、歴史編で3講座を開催し、延べ318名参加がありました。(達成率106%)第8回塩竈学シンポジウム「民俗芸能の明日を考える集い」を開催し、220名の出席がありました。
  2. 「しおがま何でも体感団」を実施し、塩竈の歴史・文化・自然などの魅力を体感してもらいました。延べ参加者243名(達成度61%)

塩竈神楽を塩竈市無形文化財指定しました。

本市の経済、観光、産業面を活性化するため次の事業を行います。

  1. 本市出身の写真家平間至氏とともに「写真のまち-塩竈」を全国にアピールするため、第2回塩竈フォトフェスティバル等を行います。(目標入場者8,000名)
  2. ガロ編集を支えてこられた南伸坊等3氏によるトークショウと原画展を行います。(目標入館者2,000名)
  3. 塩竈ゆかりの俳人佐藤鬼房を全国にPRするため、本年度第3回の大会を支援します。(参加目標:600名)

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

  1. 第2回フォトフェスティバル2009を16日間にわたり19イベントを実施し、全国から延べ約9千名の来館者があり、写真のまち塩竈を全国に発信するとともに塩竈の特産物をPRできました。
  2. ガロの原画展・トークショーも全国から2,250人の来館者がありました。
  3. 佐藤鬼房顕彰全国俳句大会は全国から5,565の投句があり、俳句のまち塩竈を全国に発信した。これらの取り組みにより交流人口の増加につなげました。

4.感動と活力のあるスポーツ活動の推進

市民誰もがスポーツを通して、安全に安心して健康増進に親しめる環境作りのため次の事業を行います。

  1. 「スポーツ振興計画」の見直しを行います。
  2. 松岡修造氏を招き「NHKスポーツパーク」を行います。(目標参加者、観覧者1,000名)
  3. 市民スポーツフェスティバルの記念大会(第10回)を行います。(参加目標者500人以上)

達成度

1.★★《継続中》2.★《もう少し》3.★★★《達成!》

取り組み状況

  1. 「スポーツ振興計画」現計画の総括と市民意識調査を実施したが、素案作成まで至りませんでした。(達成度60%)
  2. 松岡修造氏を招き「NHKスポーツパーク」が開催し、参加者、観覧者約500名でした。(達成度50%)
  3. 市民スポーツフェスティバルを開催し、参加者、観覧者約450名でした。(達成度90%)

5.より適正で効率的な事業運営の実施

より開かれた教育委員会活動を目指すため、次の取り組みを行います。

  1. 市長との懇談会を2回以上、学校長らとの懇談会1回以上を開催し、意見の交換をします。
  2. 昨年度より取りかかっている「教育委員会活動状況の点検評価」を行い、市議会へ報告をします。(9月定例会)

達成度

1.★★《継続中》2.★★★《達成!》

取り組み状況

  1. 市長との意見交換はスケジュール調整ができず実施できませんでした。教育委員と校長会の意見交換は1回実施しました。
  2. 点検・評価については9月までに完了し、9月議会で報告しました。

市民の公平、平等な施設利用の改善を図るため、生涯学習センター施設を利用する減免団体への冷暖房費の負担のあり方について検討します。また、各施設の管理運営について見直しの方策を検討します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

冷暖房費の負担は、審議会等で理解を得ました。市全体で調整を行っていきます。減免団体は社会教育団体が多数を占めることから、団体の見直しを行いました。
施設の管理運営の見直しは、課内での方向性をまとめました。また、浦戸分館については島民と協議し、平成22年3月で閉鎖し、今後の有効活用について検討していきます。

給食のセンター化などを視野に入れた給食運営プランの策定を行います。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

プランの策定はできませんでした。

本市教育への市民理解を深めるため、教育フェスティバルを拡大して取り組んで参ります。(来場目標数1,600名)

達成度

-

取り組み状況

平成21年11月、新型インフルエンザの拡大傾向を考慮して、やむなく中止を決定しました。

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>