ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2008:市民生活部 の政策目標・達成度

ミッション2008:市民生活部 の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市民生活部のミッション

市民生活部長大浦満
【市民生活部長大浦満】

作成者

市民生活部長大浦満

市民生活部は、昨年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

市民生活部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線282)まで
Email:simin@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

市民生活部は、市民課での窓口業務をはじめ、町内会、市民活動団体、男女共同参画推進への支援、並びに墓地の管理、ごみ処理、市営汽船の運航、浦戸振興等、市民の皆さんと直接関わりのある業務を行っています。
平成20年度につきましては、次の政策目標を実践します。

  1. 常に市民の視点に立った政策を心がけます。
  2. 常に費用対効果を考え、コスト意識を持ち仕事を進めます。
  3. 市民・企業・行政との「協働」という視点を持ち仕事に取り組みます。
  4. 既成の概念にとらわれず、新たな視点・発想で仕事に臨みます。

取り組み方針

  1. 市民課窓口でのサービス向上に努めます。
  2. 市民活動や男女共同参画を推進します。
  3. 斎場運営の安定確保を目指します。
  4. 環境への率先した取り組みを行います。
  5. ごみ処理への適正かつ積極的な対策を実施します。
  6. 浦戸島民の足の確保と離島振興に努めます。

取り組み内容

1.市民課窓口でのサービス向上に努めます

市民課窓口の証明書交付サービスの向上を目指します。証明書自動交付機による交付6,500件(全体の10%)が目標。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

自動交付機による証明書交付は7,065件、総交付件数の10.4%となり、目標を達成しました。この間、交付機の利用時間拡大も行ないました。

2.市民活動や男女共同参画を推進します

市民活動や男女共同参画を推進します。マリンプラザの年間利用12,000人、男女共同参画審議会2回開催が目標。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

マリンプラザの利用者数は8,644人で目標の72%にとどまったものの、PR効果もあり、徐々に利用が高まってきています。審議会については委員の委嘱と会議を立ち上げ、第2期計画策定に向けて環境を整えました。

3.斎場運営の安定確保を目指します

塩釜斎場の移転問題解決に向け、塩釜地区環境組合及び構成1市3町とともに、移転候補地選定の協議を進めます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

環境組合による斎場移転候補地選定業務委託に、構成市町とともに主体的に関わり、最終報告を組合議会へ報告しました。

4.環境への率先した取り組みを行います

エコ・オフィスプランを推進し、温室効果ガスの8%削減、モデル事業所5社の選定、第2次環境率先実行計画策定をめざします。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

エコ・オフィスプランの推進により、この間、温室効果ガス12.21%の削減となり、目標を達成しました。環境率先実行計画も見直し評価を行い、第2次計画を策定し移行しました。

こどもエコ・クラブを育成します。目標は9クラブ

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

8クラブの加入と育成を図りました。

5.ごみ処理への適正かつ積極的な対策を実施します

ごみ減量化とリサイクルを推進します。1人1日当たりの家庭ごみの排出を770グラム以下にします。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

ごみの減量化を進めた結果、1人1日当たりの家庭ごみ排出量は739グラムに抑えることが出来ました。リサイクル率は21%となりました。

ごみ処理の効率化を図るため広域化をめざします。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

広域関係市町村で協議をしております。

6.浦戸島民の足の確保と離島振興に努めます

交通事業の経営健全化を推進します。有料広告掲載7件、うらと子どもパスポート利用児童4,000人をめざします。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

乗船券広告は1件、浦戸情報チラシ広告は2件の掲載実績となりました。情報チラシの発行や体験メニューはほぼ目標どおりとなったが、パスポート利用は2,490人にとどまりました。

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>