ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2008:建設部の政策目標・達成度

ミッション2008:建設部の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

建設部のミッション

建設部長菅原靖彦
【建設部長菅原靖彦】

作成者

建設部長菅原靖彦

建設部は昨年度、次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

建設部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線399)まで
Email:shiogama@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

建設部は、まちづくりの視点として「まち中回帰」が重要になるなか、まちの賑わい創出や中心市街地への回遊性を高めるため、海辺の賑わい地区や都市計画道路北浜沢乙線などの整備を進めます。また、安全で快適に生活できる都市環境の整備を推進します。

取り組み方針

  1. 市民生活の安全安心の確保
  2. 市民生活の利便性の向上
  3. 中心市街地の活力再生
  4. 新・行財政改革推進計画の推進

取り組み内容

1.市民生活の安心安全の確保

木造住宅の耐震診断50戸(当初40)、耐震改修工事20戸(当初10)の事業促進を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

木造住宅の耐震診断を40戸、耐震改修工事を16戸において実施しました。
(当初の目標を耐震診断40戸、耐震改修工事10戸としていましたが、10月に目標の変更を行いました。)

下水道の藤倉第二雨水ポンプ場の耐震安全度を診断すると供に、港町地区の既存老朽管路200mを耐震化のために改築します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

藤倉第二雨水ポンプ場の耐震安全度調査については、牛生雨水ポンプ場の基本設計見直しを優先させたことから21年度に繰り延べすることとなりました。また、既存老朽管路の改築整備は計画200mに対し596mの整備が完了しました。

藤倉雨水ポンプ場を年度内に供用するほか、浸水被害の軽減を図るため宅地内貯留施設を25箇所整備します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

藤倉雨水ポンプ場については、年度内の工事が完了し、平成21年3月25日に竣工記念式典を行い施設が稼動しました。また、宅内貯留施設については予算枠の関係上22件の発注となりました。

歩行者の安全対策工事を4箇所で行ないます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

歩行者の安全対策工事として歩道の切下げを4箇所実施したほか、道路反射鏡18基と道路照明灯3基を設置しました。

老朽化している貞山大橋の補修工事に取り掛かります(3ヵ年事業)。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

平成20年度からの3ヵ年事業として補修工事に着手し、換算整備延長66mに対し、20年度工事の換算延長は36mとなりました。

2.市民生活の利便性の充実

清水沢市営住宅の外壁を改修するほか、全市営住宅への火災報知器設置を今年度(5住宅団地)で完了し、新たにTV放送の地上デジタル化に向け4住宅団地の整備を実施します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

清水沢市営住宅の外壁改修工事と全市営住宅への住宅用火災警報器の設置が完了しました。また、地上波デジタル放送に対応するために4住宅団地の共同受信施設の整備を実施しました。

下水道の汚水管が未整備の2箇所30世帯を解消します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

下水道汚水管未整備の2箇所の整備を実施しましたが、県の道路事業の進捗状況から計画の変更が必要となり、解消世帯は9世帯に止まりました。

地域の公園を地域の皆さんで管理していただく協定を3団体と結び緑化意識の高揚を図ります。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

新たに公園管理協定を締結した団体は1団体に止まりましたが、行政と市民が親しみを持って公園管理できる体制に向けて努力して参ります。

3.中心市街地の活力再生

仙台・宮城デスティネーションキャンペーンに向け、歩行者を誘導するためのサイン等を14箇所設置します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

歩行者を誘導するためのサイン13箇所と案内図サイン3箇所の設置を行いました。

本塩釜駅前商業複合ゾーン共同化事業の建築主体(事業組織)が確定しました。

本塩釜駅前商業複合ゾーンでの共同化事業を支援し、20年度内の事業化を推進します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

本塩釜駅前商業複合ゾーン共同化事業の建築主体(事業組織)が確定しました。

21年度の本塩釜駅前交通広場の供用に向け移転補償4件を推進します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

移転補償契約4件の契約締結が完了しました。

塩竈海道と本町地区を歴史の香る環境型居住ゾーンにするため、民有地の景観5件、横丁2ヶ所、歩道200メートルの整備をします。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

県工事の遅れから、民有地の景観整備助成2件に止まりました。また、横丁2箇所の整備が完了し、北浜沢乙線の歩道整備の進捗率は57%となりました。

4.新・行財政改革推進計画の推進

市営住宅の納付率の向上に努め、現年度納付率98%を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成21年3月末時点での市営住宅家賃現年度分の収納率は90.71%となっていますが、出納閉鎖の5月末までには目標に近い収納率となる見込みです。

下水道が使える地区での水洗化促進キャンペーンを2回行い、1,020世帯の接続をめざします。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

水洗化促進キャンペーンを2回実施したほか、未接続世帯を268軒訪問し、普及啓発に努めました。その結果、77世帯で下水道接続が完了しました。

市民サービスの早期提供を目指して事業を計画的に実施し、建設工事の繰越しをゼロにします。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

工事発注件数を上半期に80%行えるよう努力しましたが、71%の発注となり、また、繰越し工事が1件生じました。

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>