ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2007:総務部の政策目標・達成度

ミッション2007:総務部の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

総務部のミッション

総務部長三浦一泰
【総務部長三浦一泰】

作成者

総務部長三浦一泰

総務部は、平成19年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

総務部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線295)まで
Email:seisaku@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

総務部は、自治体再生法制が創設され,平成20年度決算をベースとした実質赤字額の割合によっては重大な局面を迎えることになるので、「第二の夕張」を回避するためにも、全庁一丸となって連結赤字額の圧縮に努めていきます。

取り組み方針

  1. 行財政改革に全力で取り組みます。
  2. 防災と安全なまちづくりに取り組みます。
  3. 元気なまちづくりのためにまちの活性化に取り組みます。
  4. 市民との協働関係の構築に取り組みます。
  5. 経営的視点を基本とした組織経営を実践します。

取り組み内容

1.行財政改革の取り組み

平成18年度決算で17.5億円と見込まれている連結赤字額を平成19年度連結決算において15.4億円まで圧縮します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成19年度連結赤字見込み額は14.95億円まで圧縮できる見込みです。

魚市場と公共駐車場の2特別会計の繰上げ充用措置を解消するため、公共駐車場事業特別会計の累積赤字を平成19年度中に解消します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

2会計のうち駐車場会計は赤字を解消しました。魚市場会計についても計画的な繰出しにより赤字額を圧縮しました。

職員定数を抑制するため、早期退職者を含め平成20年4月1日までに40名を削減します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

早期退職者は52名(定年28名・早期24名)でしたが、病院医師や看護師等の確保として16名を採用したため、全体で36名の削減となりました。

市税収納率93%を確保し、歳入確保に努めます。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

日曜・夜間徴収や差し押さえなどを行いましたが経済状況を反映し3月末現在収納率は86.5%ですが、出納閉鎖に向けて納付率の向上に努力しています。

財源確保のため普通財産の売却を進め、1.5億円を確保します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

土地区画整理事業地内用地ほか10件の売却により1.05億円を確保しました。

定年再雇用の見直しによりワークシェアを検討します。また、技能労務職の職種変更試験を行ない、新たな人材活用を検討します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

再雇用の期間と勤務形態を見直し、また、技能労務職の職種変更試験を行い7名を候補者名簿に搭載し新たな職場に配置しました。

受益者負担金の適正化指針を策定し、使用料・手数料の改定に取り組みます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

使用料手数料の適正化の方針を策定し、下水道料金などの改定を行い経営健全化に努めました。

2.防災と安全の取り組み

防災リーダー研修会を自主防災組織が未組織の60町内会を対象に開催します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

防災リーダー研修会を未組織の27町内会で実施しました。

出前防災講習会を30回行ない、自主防災組織率45%を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

出前防災講習会を40回実施し、自主防災組織は36団体43町内会が結成し組織率44.5%を達成しました。

飲酒運転の根絶と高齢者事故防止キャンペーンを12回行って、死亡事故“0”の750日達成を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

飲酒運転の根絶と高齢者事故防止キャンペーンを12回行い、死亡事故“0”789日を達成しました。

3.まち活性化の取り組み

庁内に横断的組織を設け、人口減少の分析を行ないながら、まち活性化の基本である人口の減少歯止めと増加策を検討します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

庁内検討組織で人口減少の分析や人口の減少歯止めについて一定のまとめを行いました。20年度は、具体策を検討します。

まちの活性化の取り組みとして、特に産業活性化の動きや市民活動を広報紙に積極的に取り上げ、情報提供を行ないます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

産業活性化の動きや市民活動を毎月広報紙に、またHPにも掲載し積極的な情報提供を行ないました。

4.市民協働の取り組み

男女共同参画推進条例の9月定例会での制定を目指します。また、条例を浸透させるための事業を開催(参加者400名)します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

男女共同参画推進条例が9月定例会で議決されました。条例を浸透させるための事業を延べ7回開催し約200名の参加をいただきました。

市民とのワークショップを5回開催し、行政と市民の対話を推進します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

出前市長室を2回(74名)、下水道説明会を17回(約280名)行い行財政改革等について説明し理解を深めました。

5.組織改革の取り組み

時代や市民ニーズに迅速的確に対応できるよう、平成20年4月実施を目標に、経営感覚を取り入れた行政組織への見直しを行ないます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

行革の推進体制や重点施策の執行体制の充実を図りながら係の統合を行うなど、効率的な組織の見直しを平成20年4月に実施しました。

19年度に人事評価(育成評価)制度を策定するとともに、評価者研修の受講率70%を目指します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

人事評価(育成評価)の制度化未実施。評価者研修は平成20年3月に実施し63.3%の受講率でした。

職員満足度調査の提出率を27%から50%に引き上げ、監督者対象のOJT研修の受講率70%を目指します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

職員満足度調査の提出率は22%、監督者対象のOJT研修は未実施。

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>