ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2007:市立病院の政策目標・達成度

ミッション2007:市立病院の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市立病院のミッション

事務部長佐藤雄一
【事務部長佐藤雄一】

作成者

市立病院事務部長佐藤雄一

市立病院は、平成19年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

市立病院のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-5521まで

Email:hospital@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

市立病院は、平成17・18年度「再生緊急プラン」の基づき、経営改善に取り組んできました。医業収益の要となる医師数は平成17年度当初10名まで減少しましたが、本年度は16名体制でスタートすることができました。平成19年度は、病院経営の正念場の年であることから、安定した経営と市民に親しまれる病院づくりを目差し、下記の取り組み方針に全力で取り組みます。

取り組み方針

  1. 医師の確保に取り組みます。
  2. 入院と外来の収益増収対策を図ります。
  3. 診療材料管理システムを見直し、費pの縮減に取り組みます。
  4. 経営情報を全職員が共有し、職員一丸となって収支改善に取り組みます。
  5. 人間ドックの受診環境を整備し、受診者の増加を図ります。
  6. 市民の支援による病院運営を図るために、市民サポーター制度を創設します。
  7. 療養型病床の今後の方針を再検討します。
  8. 売店を新たに整備し、病院のイメージアップや患者サービスの向上を図ります。
  9. 職員の接遇研修を行ない、患者の満足度アップを図ります。
  10. 診療報酬の査定減対策に取り組みます。
  11. 診療費の未収金対策を徹底します。
  12. 給与制度の見直しを進めます。

取り組み内容

1.医師の確保

内科(循環器科)の医師1名を確保します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

内科(循環器科)の医師1名を確保しました。

東北大学医学部との情報交換を行ないながら、併せて、医師派遣の要望活動(月1~2回)を実施します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

東北大学医学部などに医師派遣の要望活動を実施し、19年度循環器医師確保に続き、20年4月に向けた医師確保の要望活動を行った。

2.医業収益増収対策

入院収益の確保に向け、病床利用率80%(160人/日)、診療単価7%アップを目指します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

平成20年2月末現在、病床利用率64.8%(128.9人/日)となり、昨年比4.2ポイント増加し、1人当たり診療単価は29,128円、昨年比6.8ポイント増加しました。

外来収益の確保に向け、内科外来の午後の診療を再開、ブースの増設により外来患者数334.3人/日の確保に取り組みます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

内科外来の午後診療とブースの増設を実施し、外来患者数は平成20年2月末現在で1日当たり311人、昨年比2.4人増加し、1人当たり診療単価は8,757円となり昨年比307円の増加しました。

3.医業費用縮減対策

診療材料の購入から消費までを一元管理するシステムを9月までに導入し、診療材料費の低減と購買ルールの確立を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

診療材料管理するシステム(SPD)を平成19年9月に導入し、診療材料費の低減と購買ルールの確立を図りました。

4.全職員の経営情報共有化と収支改善

経営状況について、全職員が情報を共有し、一丸となった収支改善に取り組むために経営状況の説明会を開催します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成19年4月~6月に改善提案を受け、ヒアリングを行い、また、これに基づく改善取組み説明会を7月に実施し全職員一丸となり改善に取り組みました。

各職場から収支改善案の提案を行い、可能なものから取り組みを始めます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

52項目の改善提案があり、そのうち、37項目に取り組んでおります。(取組中含む)他、12項目について継続検討しております。

5.人間ドック利用者確保対策

診察室、更衣室、控え室等をリニューアルし、利用環境を充実させることによ利用者数の増加を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

診察室、更衣室、控え室等を平成19年4月にリニューアルし、利用環境を充実しました。

6.市民の支援による病院運営

地域に開かれた病院運営を推進するために、市民サポーター制度(10月活動開始)を創設します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

市民サポーターを制度化し16名で平成19年12月から活動開始しました。

7.療養型病床の方針再検討

療養型病床の今後の方針を検討する組織を設置し、12月までに方向性を決定します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

平成20年度に改革プラン策定の中で検討していくこととしました。

8.イメージアップ・サービス向上

病院のイメージアップや患者へのサービス向上のため院内売店をコンビニスタイルにリニューアルします。併せて、外来や入院患者へのワゴンサービスを実施します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

院内売店を平成19年4月に新装移転、営業を開始し好評を得ております。旧売店部分は休息室として多数利用されています。

9.患者満足度アップ

患者に選ばれる病院となるための接遇向上のため研修会を実施(6月~9月)し、患者の満足度のアップに努めます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

6・9・12月に接遇チェックと研修会を開催し、また、接遇ハンドブックも作成し、接遇向上に努めました。

10.査定減対策

事務処理から生じる収入減を防止し、査定率0.17%を目差します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

20年度は医事業務委託業者を見直し、収入減防止に取り組んでまいります。

11.未収金対策

未収金の発生予防に努めながら、未収金回収率20%に取り組みます。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

電話・文書等での催促を行ったが回収率のアップには繋がりませんでした。現在債権回収業者の導入等を検討しています。

12.給与制度の見直し

民間病院や他公立病院との比較を行ないながら、給与制度を見直します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

国の制度改革のガイドラインに基づき、平成20年度に改革プラン策定の中で継続検討していきます。

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>