ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2007:産業部の政策目標・達成度

ミッション2007:産業部の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

産業部のミッション

産業部長荒川和浩
【産業部長荒川和浩】

作成者

産業部長荒川和浩

産業部は、平成19年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

産業部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線8-283)まで
Email:shiogama@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

産業部は、各業界の前向きな活動を支援し、一方ではさらに本市の魅力の発掘、磨き上げを行ない、塩竈の町全体のブランド化を推進し、産業振興に努めます。海と社との関わりの中で育まれた本市の水産業、水産加工業、臨海型各種産業、商業、観光業などは、「日本一」との評価を得たものがあるなど、本市の繁栄を担ってきました。しかし、時の流れの中、それぞれの分野で、変化を先取りした業態への進化や、海と社との関わりをより高次の段階で表現することなどが求められています。

取り組み方針

  1. 基幹産業界の前向きな経営を支援します。
  2. 本市の特性、蓄積された地域資源を活用しようとする新たな企業や商店などを誘致し、その進出を支援します。
  3. デスティネーションキャンペーンや都市間交流事業、各種イベントによる交流人口の増加を図ります。
  4. ロゴマークや「ふるさと大使」(仮称)制度などを設け、本市の都市イメージの向上を図り、都市全体のブランド化を推進します。

取り組み内容

1.みなとを活かしたまちづくりの推進

いきいき企業支援条例を活用し、企業誘致活動を広く展開しながら、市内空き工場、空き地へ2社以上の企業を誘致します。特に、石油基地を重点地区に位置付け、遊休地へ1社以上の誘致を目指します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

誘致活動を行い、市内遊休地に3企業を誘致できました。石油基地遊休地への誘致は現在1企業と交渉しています。

北浜地区の緑地護岸を塩竈らしいデザインで整備するために、アドバイザーを選定し、県の整備計画に本市の意向を反映させます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

塩竈らしい緑地護岸にするために、アドバイザーを選定、提案資料を作成し県に提出しました。20年度は詳細設計に向けた県との協議を行います。

本市の都市イメージの向上を図るため、ロゴマークの設定や関連商品への使用を進め、塩竈の都市全体のブランド化を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

ロゴマークとロゴタイプ2種類を制定、しおナビ100円バスや公用車に使用しています。20年度はブランド化に向けて商品などへの使用を進めます。

本市ゆかりの著名人を「ふるさと大使」(仮称)に任命します。「ふるさと大使」には関連イベントへの参画や本市の情報発信などをお願いし、シティ・セールスや都市ブランド化に尽力いただきます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

「しおがま文化大使」に5人を委嘱しました。関連イベントとして、平間至氏を中心として平成20年3月フォトフェスが開催され、塩竈の情報発信、文化を通した交流人口増加に繋ながりました。

本市の代表的歴史的建造物である「亀井邸」を、都市観光や生涯学習の場として活用します。また、市民主体の利用形態を模索しながら、年間の利用者1,000人以上を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

「亀井邸」の活用のため管理要綱を制定、また、都市観光や生涯学習の場としての市民団体との協働により年間3,580人に利用されました。

2.水産業の活性化

「塩竈見本市」を開催し、塩竈の水産物を全国に発信し、水産業・水産加工業のビジネスチャンスの拡大を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

出展者27社、1,400名の来場者となり、開催後は、バイヤーからの多数の商談問い合わせがあり、ビジネスチャンスの拡大につながりました。

水揚げされた魚の未利用部位(マグロの頭や尾など)を使った新商品の開発を支援します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

事業者4社が8アイテムの新商品開発し、そのうち3アイテムの販売が開始されました。

魚市場休憩岸壁の給水料金体系の見直しを実施し、魚市場会計の健全化の一助とします。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

給水料金1トン当たり175円を550円に改定し、魚市場会計の健全化に努めました。

魚市場への漁船誘致活動を継続実施します。また、産地間競争を勝ち抜くため、魚市場の買参権の規制緩和を検討します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

漁船誘致活動を継続して行い、水揚げ額126億円を確保しました。魚市場の買参権の新規参入は2社となりました。

「三陸塩竈ひがしもの」(秋口の最高のメバチマグロ)を、全国レベルのブランドとして普及させるべく、PR活動を徹底します。また、生産者への働き掛けを強め、魚市場の秋口のメバチマグロ水揚げ10%増を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

マグロ延縄船による秋口のメバチマグロ水揚げが前年比16%増となりました。イベントは6回開催しPRに努めました。

浦戸諸島のノリ、カキの消費拡大に取り組みます。また、アワビやウニなど、新たなブランド品開発に向け、来島者への試験販売を支援します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

各種イベントを通じて浦戸諸島のノリ、カキのPRと販売に努めました。ウニ・アワビの養殖試験はまだ調査観測が必要な段階です。

3.商店街活性化と観光振興

シャッターオープン事業を実施し、市内1店舗以上の営業開始を図ります。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

シャッターオープン事業の募集を行い、1店舗が平成20年4月に営業を開始する予定です。

商人塾において、「接客」、「改善力」をカリキュラム化し、充実を図ります。また、10店舗以上の参加を目指します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

商人塾の参加店舗が8店舗、商い講座参加者が51名となり、個店のスキルアップが図られました。

本町通りまちづくり研究会の会員数の10%増加を図り、年に3回以上、マスコミで報道されるように支援します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

アート海廊や活動記録映画によりマスコミ報道は年10回以上となり、新たな客層を誘導できたが、会員数の増加には繋がりませんでした。

現在利用者が少ない公共駐車場屋上を活用するため、定期割引料金の新設を検討します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

「とくとく青空定期サービス」を新設し、定数の6割の契約、利用がありました。

来年10月~12月に開催される「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンとして各種イベントを実施します。また、それぞれに集客目標値を定め、誘客を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

プレキャンペーンとして「塩竈マイ海鮮どんぶり」「新酒列車」などの新規イベントを行い、観光客は前年比1%の増加に繋がりました。

山形県村山市との「そば・すし談義」、塩竈寿司海道事業などを継続して実施し、誘客増を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

あらたに「村山徳内祭り」との交流や、「塩竈の醍醐味」での村山物産展の実施など交流を深め、誘客増に繋げました。

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>