ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2007:教育委員会 教育部の政策目標・達成度

ミッション2007:教育委員会 教育部の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

教育委員会のミッション

教育部長渡辺誠一郎
【教育部長渡辺誠一郎】

作成者

教育部長渡辺誠一郎

教育委員会は、平成19年度に次のミッションを掲げ、事業を推進しました。

教育委員会のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線381)まで
Email:

政策目標

教育委員会は、健康で豊かな人間性をはぐくみ、未来に向けて主体的に生きる人間形成と、「ともに学びともに歩む、市民が輝くまちづくり」を目指し、市民の生涯にわたる学習の充実に努めます。

取り組み方針

  1. 思いやりの心・健康な体・豊かな創造力を培う学校づくりを目指します。
  2. 健康で人間性豊かな家庭・地域の教育力の向上を図ります。
  3. 魅力ある地域文化を創造します。
  4. 感動と活力のあるスポーツ活動を推進します。
  5. より適正で効率的な事業運営を行います。

取り組み内容

1.学校づくりと家庭・地域の教育力の向上

児童生徒の視点に立った学習指導を行い、学習状況調査正答率を前年度より3%の向上を目指します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

県の正答率が、小学校で0.6%、中学校で3.1%それぞれ低下する中、本市の正答率は、昨年より小学校で3.2%、中学校で4.5%下回る結果となりました。

家庭学習の習慣化に努め、小学生30分以上/日を70%、中学生1時間以上/日を70%の比率を確保します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

小学校30分以上/日が59.3%、中学校1時間以上/日が63.1%にとどまりましたが、これまででは最高値になりました。

心の教育と共感的理解に立った生徒指導を行い、不登校を18年度比で半減させ、いじめ・問題行動の根絶を目指します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

不登校児童生徒数は、小学生18年度8人・19年度6人、中学校18年度60人・19年度46人となり、確実に減少しています。

校舎の耐震化を進め、耐震診断率70.7%、耐震化率71.0%の水準を確保します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

今年度は一小、二小の耐震化工事を行い耐震診断率70.7%、耐震化率71.0%となりました。

学校図書の整備を進め、児童生徒一人当たり蔵書17.5冊を確保します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

小学生1人当たり16.1冊、中学生1人当たり21.1冊、小中平均で1人当たり17.9冊に達しました。

小中学校コンピューターの全ての機器(334台)を更新し、9月からの使用開始を目指します。また、コンピューター更新に伴い、保護者への不審者情報の配信サービスを開始します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

小中学校コンピューター機器334台を更新し、平成19年9月から使用を開始しました。

2.魅力ある地域文化の創造

市民交流センターの活性化のため、利用件数1,800件、利用者数50,000人を目指します。また、遊ホールを活用し、芸術文化の振興を図ります。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

利用件数1,720件、利用者数47,718人とほぼ目標を達成しましたが、前年度比では利用件数、利用者数とも3%減少しました。

図書館サービスをすべての市民に提供するため、来館が困難な障害者・高齢者へのサービス提供手段を検討します。また、高齢者や視覚障害者のために大活字本(50冊増)と朗読CD(50点増)を整備します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

ハンディキャップ・シルバーサービス計画を策定し、大活字本を60冊と朗読CD117点を整備し充実を図りました。

中高生の夏休み保育ボランティア体験学習を充実させ、参加人数50名、延べ300名の参加を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

参加人数51名、延べ332名となり保育ボランティア体験学習の充実が図られました。

宇宙学校を開催し、参加者400人を確保します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

宇宙学校を開催し、参加者350人、関連事業のコズミックカレッジ等93人の参加があり計443人の参加がありました。

魅力ある市民ボランティア講座(10講座、400名参加)を開催し、団塊世代の地域での生涯学習活動の支援を行ないます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

市民ボランティア講座は5講座と目標の50%であったが、参加者は800名となり、地域での生涯学習活動の支援を行ないました。

子ども版「塩竈学」の「しおがま何でも体感団」を充実させ、延べ参加者350人を目標とします。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

「しおがま何でも体感団」事業として8講座を開催し、延べ参加者は371人となりました。

文化を通してまちを活性化させるために、写真による「フォトフェスタ」(1,000名)、俳句による「佐藤鬼房俳句大会」(600名)を開催し、交流人口の増加に取り組みます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

ふるさと文化大使である平間至氏が中心となり企画された「フォトフェスティバル」に約8,000人、「佐藤鬼房俳句大会」に約2,000人の参加があり文化を通しての交流人口の増加に繋がりました。

3.感動と活力あるスポーツ活動の推進

スポーツフェスティバルを9月に開催し、参加者500名以上を目指します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

平成19年9月に開催し、参加者は障害者・健常者合わせて350名の参加がありました。

食生活改善スポーツ教室を開催し、30名の参加者を目指します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

前期後期各9回開催し、参加者は前期16人、後期17人合わせて33人の参加となりました。

スポーツ振興計画の内容を見直し、実施計画を作成します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

体育指導員による検討を平成19年10月から毎月1回行いました。この結果を纏めしだい見直し案を策定します。

総合型地域スポーツクラブの検討組織を設置し、各団体と協議を進めます。また、併せて、スポーツ人材バンクの受け皿も検討します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

体育指導員により総合型地域スポーツクラブを含むスポーツの課題についての検討を平成19年10月から毎月1回行いました。

スポーツ施設の大規模改修のための基本計画を作成します。また、施設に有料広告を掲載し、施設整備費を確保します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

改修計画策定のため改修が必要な箇所の調査を行いました。また、平成20年3月に有料広告の募集、命名権の募集要項を定め、この4月から募集しています。

4.より適正で効率的な事業運営の実施

教育委員と他部局等との情報・意見交換会の場(市長と教育委員1回、学校長と教育委員1回、市長と学校長と教育委員1回)を設け、多様な意見を踏まえた委員会運営を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

教育委員と市長、教育員と学校長、市長と学校長と教育委員と各1回、意見交換会を開催し、委員会運営の充実に努めました。

本市教育の市民理解を深めるために教育フェスティバルを開催し、来場者1,000名を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

教育フェスティバルを平成19年11月に開催し、1,200名の参加があり、教育に対する市民の理解を得る機会にしました。

生涯学習センターなどの使用料や冷暖房費について見直しの検討を行います。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

使用料や冷暖房費の減免の見直しについて検討をしました。

19年度版の教育要覧を9月、「しおがまの教育」を10月までに作成し、今後の教育行政の方向性を示します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

19年度版教育要覧を平成19年10月作成しました。「しおがまの教育」を11月までに作成し、教育フェスティバルで600部配布し、教育行政への理解を深めました。

関連のリンク

このページをシェアする <外部リンク>