ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2007

ミッション2007

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

「日本で一番住みたいまち:塩竈」の実現に向けて=2年目を迎えたミッションの公表=

市役所の部や課の目標を明らかにするミッション・チャレンジは平成15年から始めましたが、こうした形で公表するのは昨年度に続き2回目になります。昨年これをホームページで見た方から早々に『いい情報を耳にすると(ふるさとを)誇りに感じる』『情報化の時代。地方発信でガンバレ』などのメールをいただきました。

4月に行なわれた統一地方選挙にはいくつかの特徴があります。その一つが、候補者は任期中に何を実現したいかを明らかにしたマニフェストを配れるようになったこと。もう一つは、『第二の夕張にならないか』と市民の皆さんがとても心配されていることでした。

何を課題と受け止め、どう解決していくのかを明らかにするのが、このミッション・チャレンジ――――全国の多くの自治体と同じく本市も厳しい財政状況にある中で、この塩竈にいつまでも住んでいただけるようにするためには、市民の皆さんに情報を送り、ご理解を得て、お力添えをお願いすることが欠かせません。マニフェストでお約束したことも含めまして、産業を再生させることを軸に、教育や福祉、そして市民との協働のまちづくりにエネルギーを振り向けてまいります。

塩竈市長佐藤昭
平成19年7月6日

塩竈市長佐藤昭

総務部

総務部のミッション2007

総務部長三浦一泰
部長三浦一泰

政策目標

総務部は、自治体再生法制が創設され,平成20年度決算をベースとした実質赤字額の割合によっては重大な局面を迎えることになるので、「第二の夕張」を回避するためにも、全庁一丸となって連結赤字額の圧縮に努めていきます。

『総務部のミッション2007』

こちらのリンクからご覧ください

総務部の課

市民生活部

市民生活部のミッション2007

市民生活部長棟形均
部長大浦満

政策目標

市民生活部は、窓口業務や斎場、墓地、ゴミ処理、バス、市営汽船など、直接、市民の皆様と関わりのある業務を受け持っていますので、次の4点を政策目標の柱にします。

  1. 常に市民の視点、生活者の視点に立った施策を心がけます。
  2. 常に費用対効果を考え、コスト意識を持ち仕事を進めます。
  3. 常に市民・企業・行政との「協働」という視点を持ち仕事に取り組みます。
  4. 既成の概念にとらわれず、新たな視点・発想で仕事に臨みます。

『市民生活部のミッション2007』

こちらのリンクからご覧ください

市民生活部の課

  • 市民課
  • 市民活動推進室
  • 環境課
  • 浦戸交通課

健康福祉部

健康福祉部のミッション2007

健康福祉部長棟形均
部長棟形均

政策目標

健康福祉部は、命の誕生から天寿を全うするまでの間、市民の健康、医療、福祉などの社会保障制度全般にかかわる組織として、社会経済環境の変化に的確に対応し、各分野における個別プランの実現に向けて、常にスピーディーでタイムリーな取り組みを行ないます。

『健康福祉部のミッション2007』

こちらのリンクからご覧ください

健康福祉部の課

産業部

産業部のミッション2007

産業部長荒川和浩
部長荒川和浩

政策目標

産業部は、各業界の前向きな活動を支援し、一方ではさらに本市の魅力の発掘、磨き上げを行ない、塩竈の町全体のブランド化を推進し、産業振興に努めます。
海と社との関わりの中で育まれた本市の水産業、水産加工業、臨海型各種産業、商業、観光業などは、「日本一」との評価を得たものがあるなど、本市の繁栄を担ってきました。

しかし、時の流れの中、それぞれの分野で、変化を先取りした業態への進化や、海と社との関わりをより高次の段階で表現することなどが求められています。

『産業部のミッション2007』

こちらのリンクからご覧ください

産業部の課

建設部

建設部のミッション2007

建設部長菅原靖彦
部長菅原靖彦

政策目標

建設部は、まちづくりの視点が「まち中回帰」へと関係法令や諸制度が整備されるなか、今年度も引き続き、「中心市街地の活性化」及び「都市再生」に重点的に取り組むとともに、安全で快適に生活できる都市環境の整備を推進していきます。

『建設部のミッション2007』

こちらのリンクからご覧ください

建設部の課

  • 都市計画課
  • 建築課
  • 土木課
  • 下水道事業所

市立病院

市立病院のミッション2007

市立病院事務部長佐藤雄一
事務部長佐藤雄一

政策目標

市立病院は、平成17・18年度「再生緊急プラン」の基づき、経営改善に取り組んできました。医業収益の要となる医師数は平成17年度当初10名まで減少しましたが、本年度は16名体制でスタートすることができました。平成19年度は、病院経営の正念場の年であることから、安定した経営と市民に親しまれる病院づくりを目差し、下記の取り組み方針に全力で取り組みます。

『市立病院のミッション2007』

こちらのリンクからご覧ください

事務部の課

  • 市立病院<外部リンク>
  • 診療部<外部リンク>
  • 医療福祉部(外部サイトへリンク)
  • 薬剤部(外部サイトへリンク)
  • 看護部(外部サイトへリンク)
  • 事務部(外部サイトへリンク)

水道部

水道部のミッション2007

水道部長佐々木栄一
部長佐々木栄一

政策目標

水道部は、その基本目標に「環境にやさしい水道」「いつでも安心でおいしい水を供給できる水道」を掲げ、「安全・安心・安定」を合言葉に、地方公営企業として一層の業務の効率化を推進し、健全経営を維持するとともに、職員一人ひとりが常にお客様の視点で業務を遂行し、サービス産業としての顧客満足度アップとお客様本位の経営姿勢を保持していきます。

『水道部のミッション2007』

こちらのリンクからご覧ください

水道部の課

教育委員会教育部

教育委員会のミッション2007

教育部長渡辺誠一郎の画像
教育部長渡辺誠一郎

政策目標

教育委員会は、健康で豊かな人間性をはぐくみ、未来に向けて主体的に生きる人間形成と、「ともに学びともに歩む、市民が輝くまちづくり」を目指し、市民の生涯にわたる学習の充実に努めます。

『教育委員会のミッション2007』

こちらのリンクからご覧ください

教育委員会教育部の課・施設

このページをシェアする <外部リンク>