ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2006:市民生活部 の政策目標・達成度

ミッション2006:市民生活部 の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市民生活部のミッション

市民生活部長大浦満
【市民生活部長・大浦満】

作成者

市民生活部長・大浦満

市民生活部として2006年に掲げた、ミッションの取り組み内容を報告します。

市民生活部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線282)まで
Email:simin@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

市民生活部は、とりわけ直接市民の皆さんとのつながりや市民の皆さんへの影響の大きい業務を受け持っています。この点を踏まえ、次の4点を政策目標の柱にします。

  1. 常に市民の視点、生活者の視点に立った施策を心がけます。
  2. 常に費用対効果を考え、コスト意識を持ち仕事を進めます。
  3. 常に市民、企業、行政との「協働」という視点を持ち仕事に取り組みます。
  4. 既成の概念にとらわれず、新たな視点、発想で仕事に臨みます。

取り組み方針

  1. 市民課窓口サービスの向上を図ります。
  2. 市民活動を促進します。
  3. 市民の足であるバス路線の確保を目指します。
  4. 斎場運営の安定的な確保を目指します。
  5. 環境への率先した取り組みを行います。
  6. ごみ処理への適正かつ積極的な対応を行います。
  7. 島民の足の確保と離島振興に努めます。

取り組み内容と達成度

(達成度は「★印」にて示しています)

1.市民課窓口サービスの向上

住民票の写し・戸籍謄・抄本等を発行する自動交付機を18年6月1日から稼動させ、利用率の向上(3500件:総交付件数の5%)を図ります。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

稼動からの総交付数が62,767通(公用を除く)、自動交付機交付数が5,253通となり,利用率全体の8.4%となりました。

2.市民活動の促進

市民活動推進室を中心に、市民活動を支援し、アンケート回答団体の利用登録率50%をめざします。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

利用登録団体数は33団体で、達成率は82.5%でした。

移動市民活動推進室を市内の東西南北4地区で各2回開催します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

移動市民活動推進室を市内の東西南北4地区で各2回開催しました。

市民活動推進室で町内会活動を支援します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

コミュニティ助成事業についての相談が多く寄せられましたが、適切な対応が図られました。

3.市民の足であるバス路線の確保

「しおナビ100円バス」を継続運行し、現在の乗車人数27万人を確保します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

「しおナビ100円バス」を継続運行し、乗車人数32.4万人を確保、目標の27万人を18%上回りました。

廃止対象になっている路線バスの確保、見直しを進め、利用実態にあった路線と便数を確保します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

利用実態等から減便され、一部路線が廃止となりましたが、市内運行路線は確保できました。

4.斎場運営の安定的な確保

斎場移転問題の解決に向けた検討作業を、塩釜地区2市3町が協働して積極的に進めます。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

解決に向けた検討作業を、塩釜地区2市3町が協働して積極的に進めましたが、もう少し時間が必要な状況です。

5.環境への率先した取り組み

市役所が環境に配慮した行動を行うエコ・オフィスプランの新たな目標値(温室効果ガスを7%から8%に削減)を設定します。市内モデル事業所を20年3月までに3社を設定する準備を進めます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

市職員自らが環境に配慮した行動を行う「しおがまエコ・オフィスプラン」の目標値達成の取り組みを継続中です。

環境を学び、保全活動を行う「こどもエコクラブ」を6クラブから7クラブに増やし、育成します。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

現在6団体加入しており、平成19年度の目標達成に取り組んでいます。

6.ごみ処理への適正かつ積極的な対応

埋立処分場の延命化のため、17年度埋立容量5300立法メートルの40%を削減します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

平成18年度の埋立容量は1,300立法メートルで、平成17年度より約4,000立方メートル,75%が減少しました。

ごみの量を840グラム/1人1日から790グラム/1人1日に減量化し、リサイクル率を16.4%から20%に向上させます。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

市民1人1日当たりの家庭ごみ排出量は835gで、目標値からは45g上回り、リサイクル率は18.6%で目標値からは1.4%下回りました。

ごみ処理の広域化を推進するため、関係自治体や機関に働きかけを行います。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

広域化を推進するため、関係自治体や機関に働きかけていますが、なかなか進展しない状況です。

7.島民の足の確保と離島振興

経営健全化のため、市営汽船の運賃改定(20%~22%アップ)を18年7月1日から行います。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

20%~22%アップの運賃改定を7月1に実施しました。

収入確保のため、市営汽船での有料広告を検討します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

既実施団体等の情報収集、広告媒体の検討、業者及び料金の検討を行いました。これを踏まえ次年度の実施をめざします。

市内小学生の運賃を無料にする、うらと子どもパスポート事業を実施し、全児童の25%、700人の利用を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

利用児童者は873人、市内全児童の32%となっています。

浦戸の四季折々などをホームページで紹介し、全児童への周知100%を目指します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

ホームページを整理し、浦戸諸島のよさを全児童に周知しました。

浦戸四島にある空き家の調査を100%実施し、通年の受け入れ施設として活用できるか検討します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

四島の空家(54棟)の調査を実施し、うち5棟を所有者の了解を得てHPに掲載しました。これまで15件の問い合わせあり、1件賃貸契約が成立しました。

関連のリンク

「ミッション2006」トップページ

このページをシェアする <外部リンク>