ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2006:建設部の政策目標・達成度

ミッション2006:建設部の政策目標・達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

建設部のミッション

建設部長内形繁夫
【建設部長・内形繁夫】

作成者

建設部長・内形繁夫

建設部として2006年に掲げた、ミッションの取り組み内容を報告します。

建設部のミッションについてのお問い合わせ

Tel:364-1111(内線8-285)まで
Email:shiogama@city.shiogama.miyagi.jp

政策目標

建設部は、地方分権の進展により地方自治体の自主自立の行財政運営が求められ、まちづくりが国の提示するメニューから地方の創意と工夫による施策へと移行している状況を踏まえ、「日本で一番住みたいまち塩竈」の実現を目指して、本市行財政の変化や住民ニーズの多様化に柔軟かつ迅速に対応した施策の選択と、事業効果の即効性を重視しながら、未来に残せる歴史と文化の薫り高い潤いのあるまちづくりを推進してまいります。

取り組み方針

  1. 市民生活の安心安全を確保します。
  2. 市民生活の利便性を充実します。
  3. 中心市街地の活力再生に取り組みます。
  4. 行財政改革に基づく管理を行います。

取り組み内容と達成度

(達成度は「★印」にて表示しています)

1.市民生活の安心安全の確保

公共工事の進捗状況について、地域住民への事前ないし進捗状況の報告を100%行い、情報提供を徹底します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

地域住民への工事着手前の説明会と完成後の報告を行うとともに、工期が長い箇所では定期的に情報紙を配布しました。

建設部所管の公共施設の安全点検を100%実施します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

日日の点検と定期的な点検を行い、適正な維持管理に努めました。

震災対策を推進するため、木造住宅の耐震調査40件及び耐震改修10件の実施に取り組みます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

震災対策について広報紙等で啓発するとともに、耐震診断調査は40件、改修工事については活用しやすい市独自の制度改正を図り9件の実績(1件辞退)がありました。

治水対策の推進として、藤倉ポンプ場の整備に着手し、排水管渠の整備を推進します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

藤倉地区及び新浜地区の排水機能の向上をめざし、藤倉ポンプ場及び排水函渠の工事に着手しました。

交通安全を推進するための施設整備として、歩車道の段差解消工事を1路線以上行います。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

凍上災害復旧工事に合わせて宮町吉津線及び新浜町泉沢線で整備しました。

2.市民生活の利便性の充実

道路の維持管理の徹底を図るため、パトロールを毎日実施します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

直営による毎日点検と委託による定期点検を行い、維持管理に努めました。

緑化意識の高揚を図るため、公園の維持管理協定締結団体数を35件から5件増加させるとともに、伊保石公園利用者数を前年比10%(6400人)増加させます。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

公園管理について広報宣伝に努め、新規加入が1件あったものの公園維持管理協定締結団体数は35のままです。また、伊保石公園利用者数は前年比で10%減少しました。

下水道汚水施設の維持管理を推進するための管路改築計画の検討・策定に着手します。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

管路改修計画の策定に着手し、改築項目の整理を行った。そのなかで、早期改修を必要としている箇所について工事を行いました。

梅の宮市営住宅B棟を竣工し、12戸の入居を確保します。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

集会所及び児童公園も整備し、19年2月1日に12戸が入居しました。

都市計画決定を見直し、都市施設の配置計画など建設行政推進計画の策定に着手いたします。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

都市計画決定の見直しについては、広域的視点での協議は着手しましたが、建設行政推進計画の策定については未着手でした。

3.中心市街地の活力再生

北浜沢乙線沿線の民有地景観整備を16件行い、歴史の香る環境型都心居住ゾーンの整備を図ります。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

沿線の景観整備16件については協議を行っていますが、道路工事の進捗により具体的整備は平成19年度の予定です。

駅前賑わいゾーンの整備として、本塩竈1号線の整備を行います。

達成度

★★《継続中》

取り組み状況

門前町の風情を醸し出す景観に配慮した道路整備に着手しました。完成は19年度です。

海辺の賑わい地区の整備として、港町海岸通線の整備、区画道路6本の整備、しおかぜ通り線の整備を行い、歩道橋の撤去及び建物移転補償7件を行います。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

基盤整備として周辺道路及び街区道路、歩行者専用道路を整備しました。また、商業ゾーンの基盤整備を完了し、商業施設の進出工事が行われています。

4.行財政改革に基づく管理促進

流動的人事管理と定員管理を促進するため、区画整理事業を部内職員の横断的取り組みで行います。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

海辺の賑わい区画整理事業の各種事業に土木・建築の各セクションの技術者が参画し、事業推進の管理監督にあたりました。

市営住宅家賃の収納率を95%から97%の水準に引き上げます。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

滞納者への訪問や電話等による納付指導を行い、現年度納付率は97.0%、過年度納付率は42.0%です。未収金額は前年度より700万円減額しました。

翌年度への繰越事業ゼロの達成(17年度13件)をめざします。

達成度

★《もう少し》

取り組み状況

工事の早期発注と完了を方針として取り組み、繰越額の縮減は図られましたが、件数については20件と増加しました。今後、進行管理のさらなる徹底に取り組みます。

時間外勤務の事前承認を100%達成し、10%の削減を行います。

達成度

★★★《達成!》

取り組み状況

業務の分散と進行管理を徹底し、時間外の抑制に努め、前年度比で13.6%の減となりました。

関連のリンク

「ミッション2006」トップページ

このページをシェアする <外部リンク>