ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2006

ミッション2006

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

「日本で一番住みたいまち:塩竈」をめざして

ミッション2006の達成度=昨年度における市政の取組みの成果を公表します=

「日本で一番住みたいまち:塩竈」にするために,どのような使命を抱き,どのように実現してゆくか。このミッションは,部課長と私が考え方を一致させて市政に取り組むために,私が市長に就任させていただいた年から始めました。

4年目を迎えた昨年度からは,市民の皆さんのご理解をいただきながら市政を進めることが大事であるとの考えから,わかりやすく具体的な数値を用いて公表しました。また,目標を実現する上でどのような壁を乗り越え成果に達したのかについてもご理解いただくために,結果も公表するとお約束しました。

そこで今回は,この1年間における取組みの内容と達成度を公表します。市民の皆様には,市民満足度調査とともに市政を評価する参考にしていただき,ご意見をいただければ幸いです。それを市政運営に対する評価として受け止め,今後の市政に生かさせていただきます。厳しい財政の下での市政運営にご理解とご協力をいただきました市民の皆様に感謝を申し上げ,引き続き,「日本で一番住みたいまち:塩竈」の実現に向けて,市民の皆さんとともにチャレンジしてまいります。

塩竈市長佐藤昭の画像
平成19年5月31日
塩竈市長佐藤昭

総務部

総務部のミッション2006

総務部長山本進
部長山本進

政策目標

総務部は、市民が安全に暮らせ、活力あるまちづくりを実現するため、職員一人ひとりが市民との協働のもと、経営感覚をもって果敢に挑戦できる組織風土をつくります。

『総務部のミッション2006』←こちらのリンクからご覧ください

総務部の課

市民生活部

市民生活部のミッション2006

市民生活部長大浦満
部長大浦満

政策目標

市民生活部は、とりわけ直接市民の皆さんとのつながりや市民の皆さんへの影響の大きい業務を受け持っています。この点を踏まえ、次の4点を政策目標の柱にします。

  1. 常に市民の視点、生活者の視点に立った施策を心がけます。
  2. 常に費用対効果を考慮し、コスト意識を持ち仕事を進めます。
  3. 常に市民、企業、行政との「協働」という視点を持ち仕事に取り組みます。
  4. 既成の概念にとらわれず、新たな視点、発想で仕事に臨みます。

『市民生活部のミッション2006』←こちらのリンクからご覧ください

市民生活部の課

  • 市民課
  • 市民活動推進室
  • 環境課
  • 浦戸交通課

健康福祉部

健康福祉部のミッション2006

健康福祉部長棟方均
部長棟形均

政策目標

健康福祉部は、命の誕生から天寿を全うするまでの間、市民の健康、医療、福祉などの社会保障制度全般にかかわる組織として、社会経済環境の変化に的確に対応し、各分野それぞれのプランが持つ理念の実現に向けて、常にスピーディーでタイムリーな取り組みを行います。

『健康福祉部のミッション2006』←こちらのリンクからご覧ください

健康福祉部の課

産業部

産業部のミッション2006

産業部長三浦一泰
部長三浦一泰

政策目標

産業部は、本市が持つ魅力(自然景観・歴史的資産・地場産業の蓄積・地理的優位性・交通網の充実・街中に蓄積された歴史的建造物など)の掘り起こしや再発見を行い、これらの資源を市民とともに、次代に向けて包括的に新しい視点で磨き上げ、塩竈市全体のブランド化を推進します。

『産業部のミッション2006』←こちらのリンクからご覧ください

産業部の課

建設部

建設部のミッション2006

建設部長内形繁夫
部長内形繁夫

政策目標

建設部は、地方分権の進展により地方自治体の自主自立の行財政運営が求められ、まちづくりが国の提示するメニューから地方の創意と工夫による施策へと移行している状況を踏まえ、「日本で一番住みたいまち塩竈」の実現を目指して、本市行財政の変化や住民ニーズの多様化に柔軟かつ迅速に対応した施策の選択と、事業効果の即効性を重視しながら、未来に残せる歴史と文化の薫り高い潤いのあるまちづくりを推進してまいります。

『建設部のミッション2006』←こちらのリンクからご覧ください

建設部の課

  • 都市計画課
  • 建築課
  • 土木課
  • 下水道事業所

市立病院

市立病院のミッション2006

市立病院事務部長佐藤雄一
事務部長佐藤雄一

政策目標

市立病院は、経営健全化に職員一丸となって取り組む中、更なる医師確保に努めながら、地方公営企業法の全部適用を含めた経営体制のあり方を早急に結論付けるとともに、医療技術職の弾力的な配置や病床利用率・回転率の向上による収入確保を行うなど、「再生緊急プラン」を断行し、継続安定的な経営を行える市立病院を目指します。

『市立病院のミッション2006』←こちらのリンクからご覧ください

市立病院の部

水道部

水道部のミッション2006

水道部長佐々木栄一
部長佐々木栄一

政策目標

水道部は、その基本目標に「環境にやさしい水道」「いつでも安心でおいしい水を供給できる水道」の構築を掲げ、「安全・安心・安定」を合言葉に、地方公営企業として一層の業務の効率化を推進し、健全経営を維持するとともに、職員一人ひとりが常にお客様からの視点で業務を遂行し、サービス産業としての顧客満足度アップとお客様本位の経営姿勢を保持していきます。

『水道部のミッション2006』←こちらのリンクからご覧ください

水道部の課

教育委員会教育部

教育委員会のミッション2006

教育部長伊賀光男の画像
教育部長伊賀光男

政策目標

教育委員会は、健康で豊かな人間性をはぐくみ、未来に向けて主体的に生きる人間形成と、「ともに学びともに歩む、市民が輝くまちづくり」を目指し、市民の生涯にわたる学習の充実に努めます。

『教育委員会のミッション2006』←こちらのリンクからご覧ください

教育委員会の課・施設

このページをシェアする <外部リンク>