ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > たかが玉入れ!?されど玉入れ!!「アジャタ交流大会」(2019年3月23日)

たかが玉入れ!?されど玉入れ!!「アジャタ交流大会」(2019年3月23日)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

塩竈市民スポーツフェスティバルなど、市内スポーツイベントで親しまれているスポーツ玉入れ「アジャタ」の交流大会が、3月23日土曜日塩釜ガス体育館で開催されました。

アジャタは6~8名の選手が決められた数のボールをバスケットに入れるまでの時間を競う競技で、交流大会には市内のスポーツ少年団やサークル団体等、一般の部、小学生の部に各12団体が参加しました。
投球方法は基本的に自由ですが、一度にできるだけたくさんのアジャタボールを手に持ち、効率よく早くバスケットにいれることがポイントとなるため、選手の皆さんには、競技開始の合図とともに、「一斉のせっ!」と、掛け声を掛けながらバスケットに何度もボールを投げ入れていました。

予選リーグ、決勝戦と進んでいくうちに、各チームともコツをつかんだのか、タイムもどんどん短縮され、決勝戦では一般の部では「レセルバロイパパ‘S」チームが19秒、小学生の部では「塩釜FCホワイト」は5秒という早さで見事優勝しました。
1位となったチームには、記念品として塩釜水産物仲卸市場のお買物券1万円(一般の部)、図書カード1万円(小学生の部)がそれぞれ贈呈されました。

(3月23日日塩釜ガス体育館)

この情報に関するお問い合わせ先:生涯学習課スポーツ振興室(Tel022-362-1023)

2019アジャタ12019アジャタ22019アジャタ32019アジャタ4

このページをシェアする <外部リンク>