ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > セラピー犬に絵本を読んであげたよ!(2018年11月3日)

セラピー犬に絵本を読んであげたよ!(2018年11月3日)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

触れ合うことで、ケガや病気、心の不安を癒してくれるセラピー犬。
セラピー犬について学び、絵本の読み聞かせを行う「セラピー犬と一緒に遊んでみよう&わん!だふる読書会」が、11月3日土曜日、塩竈市民図書館で行われました。
この読書会は、昨年に続いて2回目の開催です。
今回会場にやってきたセラピー犬は、「幸多郎くん(雄:11歳)」と見習いの「りんごちゃん(雌:5歳)」の2匹。
第一部では2匹のセラピー犬と触れ合う時間が設けられ、最初は緊張していた子どもたちもいましたが、おとなしいセラピー犬に徐々に緊張もほぐれ、「かわいい」と言って抱っこしたり、頭をなでたりしていました。
第2部では、参加者たちが好きな絵本を選び、実際にセラピー犬に絵本の読み聞かせを行いました。参加した人たちは「緊張したけど、おとなしくて可愛かった。」「絵本を読んであげたり、エサをあげたりできて楽しかった」と、最後はみんな笑顔になっていました。

「R.E.AD」プログラム:アメリカで子どもたちが犬に本を読み聞かせを行ったことが始まり。訓練を受けた読書介助犬に読み聞かせをすることで、読書への興味・関心等を高めたり、自分に自信を持ち、苦手意識を克服したりすることを目的としています。

(11月3日塩竈市民図書館)

この情報に関するお問い合わせ先:塩竈市民図書館(Tel022-365-4343)

セラピー犬1の画像1セラピー犬1の画像2
セラピー犬1の画像3セラピー犬1の画像4

このページをシェアする <外部リンク>