ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > おわりに(平成18年度施政方針)

おわりに(平成18年度施政方針)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市政運営を取り巻く環境は依然として厳しい状況にありますが、一方では、明るい兆しが見え始めております。昨年、日本三大船祭の一つである塩竈みなと祭が海の日に変更となり、県内では夏祭りの先陣をきって開催され多くの観光客で賑わったところであります。

この新たな試みは市民の皆様のご意見によるもので、塩竈の賑わいを取り戻そうとする市民の強い意気込みの表れであるものと、感動をもって受けとめております。

また、地元商店会による各イベントでは、集客に向けて本市の職員も共に活動し、市民に溶け込んだ行政が皆様に伝わってきているものと感じております。

折に触れ、市民の皆様との対話の機会をつくり、ふれあい、意見交換することに心がけてまいりました。その中で、暖かいお言葉を賜り、本市の努力に対する評価をいただいたものとうれしく思っております。

私は、元気で活気にあふれた塩竈を目指す舵取り役として、市民の皆様の声援を追い風に「日本で一番住みたいまち塩竈」の実現に向けて強い決意をもって臨む覚悟であります。

市民の皆様並びに議員各位のさらなるご理解とご支援、ご協力をお願い申し上げます。

予算案の概要

このページをシェアする <外部リンク>