ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 生活ごみ収集運搬に係る収集車両の運転について(令和2年度)

生活ごみ収集運搬に係る収集車両の運転について(令和2年度)

印刷用ページを表示する 更新日:2020年10月1日更新

本文

ご意見

ゴミ集積所に、段ボール回収に来た清掃車が、自転車と事故を起こしかけていました。自転車が慌ててプレーキをかけて止まったので事なきを得ましたが、これが子供でしたら止まらず通過しようとして、大事故になっていたかもしれません。バックカメラもついてないようでしたが、誘導する助手もいないのでは危険ではないですか?時折清掃車の事故も見かけますし、しっかりと指導のほどよろしくお願い致します。
[令和2年9月]

環境課より

貴重なご意見ありがとうございました。

ご意見を受け、環境課にて清掃センターに確認したところ、作業員はその時のことを覚えていたとのことです。
また、その時は段ボールの収集量が多かったため、予備車両を出して回収を行ったが、一人乗りをして収集を行っていたとのことです。
環境課から1人では収集車の転回時に後方確認がおろそかになり、事故を起こすおそれがあることを伝え、全車両において複数乗車を行い、今後このようなことがないように口頭並びに文書にて厳重に指導いたしました。
[令和2年9月]

上記の内容は2020年10月1日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

このページをシェアする <外部リンク>