ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 3節 歴史・文化の継承と発展

3節 歴史・文化の継承と発展

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

第2章豊かな心と文化を育むまちづくり

現状と課題

  • 塩竈の歴史や文化を生かした、まちの個性や魅力を形成することが求められています。そのためには、市民が塩竈の歴史や文化を正しく理解し、継承していくことが重要となります。
  • 塩竈の歴史・風土を継承するとともに、市民の創意を生かした新しい地域文化を創り上げ、塩竈の個性を形成していくことが求められています。本市では、タイムシップ塩竈、長井勝一漫画美術館などの施設を整備するなど環境整備に努めてきましたが、今後は地域文化の創出に向けた市民活動への支援体制を構築していく必要があります。
  • 国・県・市指定文化財、埋蔵文化財包蔵地、特別名勝「松島」などの保護、保全に努めてきましたが、地域の歴史・風土に対しての関心が高まりを見せており、今後、より一層の文化財保護体制、及び調査研究体制を充実する必要があります。

基本目標

  • 塩竈の歴史・文化を継承・発展するために、「塩竈学」の構築を進めます。
  • 地域文化に関する情報を周知、再認識するため、情報発信を行います。
  • 先人の残した遺産を後世に引き継ぐため文化財の保護、啓発活動を行います。

施策の体系

歴史・文化の継承と発展

  1. 「塩竈学」の構築
  2. 地域の文化活動への支援
  3. 文化財の保護

施策

  1. 「塩竈学」の構築
    1. 生涯学習基本構想に基づき、塩竈の自然・歴史・文化などを生かした「塩竈学」の構築を進めます。
    2. 市民が本市の歴史や文化を正しく理解し、継承するため啓発活動を行います。
    3. 地域の文化・芸能を継承する市民団体の育成を行います。
  2. 地域の文化活動への支援
    1. 市民図書館、生涯学習センターなど文化学習施設が専門的文化活動を展開するためのネットワークづくりを行います。
    2. 文化学習施設を利用した発表の場づくりなど、市民主導創作活動の環境づくりを促進します。
    3. 文化施設の適正な維持管理及び企画立案ボランティアの育成を行います。
  3. 文化財の保護
    1. 文化財・貴重資料の調査研究ならびに収集・保存を行います。
    2. 市内埋蔵文化財の周知の徹底を行います。
    3. 国・県・市指定文化財の保全と活用を行います。
    4. 特別名勝「松島」の保護・保全を行います。
このページをシェアする <外部リンク>