ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 【市内各校吹奏楽部の力を合わせ、心に迫る演奏を披露】(2018年4月21日)

【市内各校吹奏楽部の力を合わせ、心に迫る演奏を披露】(2018年4月21日)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

4月21日(土曜日)遊ホールで「第25回塩竈一中&玉川中吹奏楽部ジョイントコンサートwith塩竈二中・塩竈三中」が開催されました。

コンサートの開演前には、市内中学校吹奏楽部に楽器を寄贈いただいた大河内昭子さんへのお礼の言葉や花束などが送られました。大河内さんは、生徒に「一番喜んでいるのは私かもしれません。」笑顔と話されました。

コンサートのスタートを飾ったのは、マーチングコンテストなどに出場する一中吹奏楽部。花をテーマにしたメドレーやダンスなど披露し、会場に響くハーモニーとともに、美しい動きで楽しませました。
玉中吹奏楽部は、吹奏楽ポップスの王道「オーメンズ・オブ・ラブ」や「宝島」を披露し、元気いっぱいの音で会場を盛り上げました。
二中吹奏楽部は、連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」や2017年ヒット曲のメドレーを、のびのびとした音で披露しました。
各校単独ステージのラストを飾ったのは三中吹奏楽部で、映画「君の名は。」で話題となった「前前前世」を披露。さわやかな演奏で、会場を魅了しました。

合同ステージでは、各校の吹奏楽部員約60人が同じステージに立ち、ミュージカル「ミス・サイゴン」より、などを披露しました。各校の単独ステージとは雰囲気が変わり、低音が響き渡る迫力ある堂々とした演奏となりました。
各校吹奏楽部員が力を合わせた心に迫る演奏に、会場からは大きな拍手が送られました。

(4月21日遊ホール)

ジョイントコンサート1ジョイントコンサート2
ジョイントコンサート3ジョイントコンサート4

このページをシェアする <外部リンク>