ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 「支える」から「支え合う」地域づくりへ(2016年6月2日)

「支える」から「支え合う」地域づくりへ(2016年6月2日)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

清水沢地区災害公営住宅の入居開始に先駆けて、その周辺にお住まいの方を対象とした「地域づくり講演会」を行いました。
この講演会は、今年4月に本市と「コミュニティ形成等に関する協定」を締結いただいた独立行政法人都市再生機構(UR)との協働の一環として実施し、隣近所の支え合いづくりの第一人者として全国各地でご活躍の「ご近所福祉クリエーター」酒井氏を講師として招きました。

※塩竈市では、団塊の世代が後期高齢を迎える2025年に向け、高齢者が介護を必要とするようになっても、できるだけ住み慣れた地域で安心して暮らせるまちを目指して、地域包括ケアシステムの構築を推進しています。
このため、地域包括ケアシステムで最も重要な「地域・支え合いづくり」、「平成版向こう三軒両どなり」の地域づくりへの啓発、支援を行っているところで、今後も市内各地で講演会などを開催していく予定です。

「支える」から「支え合う」地域づくりへの画像1「支える」から「支え合う」地域づくりへの画像2
「支える」から「支え合う」地域づくりへの画像3「支える」から「支え合う」地域づくりへの画像4

このページをシェアする <外部リンク>