ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 総務課 > 職員の暴言について(令和元年度)

職員の暴言について(令和元年度)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

ご意見

市役所に行った際、階段の上の方から「ハウス!ハウス!帰れ!帰れ!」という声と男性同士が怒鳴り合う声が聞こえました。
職員が言ったかどうかはわかりませんが、もしそうだとしたら、さすがにこの暴言はひどいのではないでしょうか?
怖くて市役所に行けなくなります。[令和元年8月問合せメール]

総務課より

今回の言動について、大変不愉快で、怖気立つ思いをさせてしまいましたことを、大変申し訳なく感じており、心からお詫び申し上げます。

今回の発言でありますが、確認したところ、本市職員の言動であることが分かりましたので、早速、職員に対し、そのような行動を慎むよう指導・注意いました。
本市職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務する公務員であり、職場の内外問わず、いかなる時でも信頼を損ねる行為は厳に慎まなければなりません。

今後におきましては、市民の皆様から信頼され、親しみを感じられる市役所を目指し、職員の資質向上に努めてまいりますので、ご理解いただきますようお願いします。[令和元年8月]

上記の内容は2019年9月3日時点のものです。

このページをシェアする <外部リンク>