ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 教育委員会 > 市民交流センター > 視聴覚センター 16ミリフィルム ナ行作品

視聴覚センター 16ミリフィルム ナ行作品

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

ナイチンゲール物語

20分

看護婦の母とたたえられ、看護組織の確立や、看護婦の養成に力を尽くしたフローレンス・ナイチンゲール。この映画は彼女の少女期から看護婦として自立する決心をし、クリミア戦線で活躍sるまでの生涯の前半期に焦点をあて、その人類愛の素晴らしさを少年少女にも親しみやすい美しいアニメで描く

長ぐつ父さん

40分

ブカブカの名が靴をはいて、人を助けていつも損ばかりをしているお父さん。おかげで友達からはからかわれるし、楽しみにしていた自転車はフイ、そんな不満をぶつけ合う中で、わかった父の愛と尊い教えを感じ取った少年と父親の物語

なかよし鯉のぼり

 

 

なくそうぼくらの交通事故

19分

歩行時や自転車による飛び出し事故、横断事故、交差点での事故などその発生の原因や、事故を防ぐための心構えについて説明している

夏服の少女たち
ヒロシマ・昭和8月6日

30分

憧れの1年生として入学し、つかの間の青春を精一杯生きて原爆の犠牲になった少女たちと、残された親たちの哀しみをアニメとドキュメンタリーを合成した演出法で描いている。(同じ作品がビデオにもあります)

七匹のこやぎ

10分

留守番をしていた七匹の子山羊たちは、母親山羊に化けた悪賢い狼に襲われる。時計の中に隠れていた末っ子山羊と母さん山羊の活躍により、子山羊たちは助かり、狼は深い川に沈んでいくというお話

なわとび運動 たんなわ

12分

前まわしとび、後ろとび、二重まわしとびなど、なわとび運動における初歩的な技術を、小学生による模範演技を通し説明している

にげだしたおおとこ

10分

こわせたまみ原作の素材を映画化。臆病者の犬のチョンボが、ねこのニャーとねずみのチューにはげまされながら、みんなで協力して悪者を倒す物語。アニメ

日本スキー教室

30分

80年代の新しいスキー指導法として改訂されたスキー教室の内容について、トップスキーヤーによる模範演技により説明している

日本の漁業

20分

沖合漁業、遠洋漁業など、それぞれの漁業の現実と現在直面しているわが国の漁業の問題点にもふれている。

日本の音楽・民謡

24分

刈干切唄、こきりこ節、斉太郎節などそれぞれの地方に生まれた代表的な民謡を聞きながら、日本民謡の特質と、労働や生活とのかかわりについて描いている

日本歴史の流れ

33分

縄文に始まり、飛鳥、奈良、平安を経て現代に至るまでの日本の歴史の流れを文化の伝来と受容という観点からとらえたもの。現存する数多くの史跡・資料をとりあげて説明している

日食と月食

19分

日食や月食の現象がどのようにして起こるかについて、動画や模型を使い、わかりやすく解説

日光

38分

日光の古い歴史から説き、今に残る古式豊かないろいろな行事や、建造物などを描くとともに、四季折々の自然の美しさを紹介したもの

忍たま乱太郎 Part1

25分

「武道大会」の段…忍術学園の優秀な生徒達が腕を競う武道大会「優勝者は授業料タダ」のご褒美につられたきり丸が…。
「麗しき友情の段」…武道大会に参加した三人組。以外にも勝ち進み、もしかして優勝?!

ぬくもり

32分

仲間にいじめられ抵抗も出来ない気の弱い少年が、ふとしたことで知り合った労務者風の男と親しくなり、つきあいを重ねていく中で、父母には無いぬくもりを感じると共に、男の生き方を通し、次第にたくましくなっていく様子を捉えている

沼や湖のプランクトン

21分

淡水プランクトンの種類や、その生態を顕微鏡撮影でとらえたもの。水中における生物の相互関係や、プランクトンの生態を知ることができる

猫の散歩

30分

野良猫を主人公にして、一般家庭の台所を写しながら人間とゴミ、それに害虫等の関係を描き、案外等閑視される部分の衛生に目を向けさせる

No!というのも親の愛

30分

子どもの言うがままに物を与える家庭の様子を描き、そのような親の行ためは、子どもにとて幸せなのか、将来のことを考え親は何をすべきかを、三遊亭円楽が語る家庭教育論をベースに問いかける。

脳とせきずい

20分

脳、脊髄、末梢神経がどのようなつくりになっているか、それらがどのように機能して行動を起こさせるかを、動物実験、標本、動画などをたくみに使ってわかりやすく説明している。

のっぺらぼう
日本のおばけのお話

15分

ドキっとこわいおばけの話。今宵は満月、赤い月、のっぺらぼうが今晩は…
お堀のそばの柳の下に、白い女の人の影がゆれて…

野尻湖発掘の記録

32分

野尻湖発掘調査団による化石の発掘は、科学者の科学的予見と大衆の実践によって、考古学と地質学の新しい発見をもたらせた。第六次発掘の状況を中心に、発見された化石や資料をもとに当時の野尻湖周辺の歴史を解明した作品

このページをシェアする <外部リンク>