ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 健康推進課 > ロタウイルスワクチンの定期予防接種が始まります

ロタウイルスワクチンの定期予防接種が始まります

印刷用ページを表示する 更新日:2020年10月1日更新

本文

令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチンが定期接種化されます。

ロタウイルスとは

 ロタウイルスは感染性胃腸炎の原因となるウイルスの1つで、乳幼児期にかかりやすい病気です。主な症状は、水の様な下痢・吐き気・嘔吐・発熱・腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴や入院が必要になることもあります。
 ロタウイルスワクチンの接種を受けることで、重症化予防にも効果があるとされています。

定期予防接種の対象者

令和2年8月1日生まれ以降のお子さん
※8月生まれ以降のお子さんでも、10月1日より前に接種した分は、任意接種(自費)となります。

ワクチンの種類

 

ワクチンの種類 接種方法 対象年齢 接種回数
ロタリックス(1価ワクチン)  経口

生後6週~24週 (約1か月半~5か月半まで)

27日以上の間隔をおいて2回
ロタテック(5価ワクチン)  経口

生後6週~32週 (約1か月半~約7か月半まで)

27日以上の間隔をおいて3回

・初回接種は、腸重積症発症のリスクを避けるため、生後14週6日までに行う事が推奨されています。

・接種完了まで、最初に受けたワクチンと同じワクチンを接種してください。

実施医療機関

持ち物

母子健康手帳、予診票
※対象となるお子様には、生後2か月頃に送付している『定期予防接種綴り』に予診票が含まれています。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>