ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 子育て支援課 > 子育て支援について(平成30年度)

子育て支援について(平成30年度)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

ご意見

塩竈市は高齢者や市場に力を入れているようですが、子育て支援はどう考えているのでしょうか?
他の市町村と比較しても全く意欲が見られません。
市の考えを広報に記載して欲しい。【平成31年2月】

子育て支援課より

本市の子育て支援についての貴重なご意見ありがとうございます。

安心して家庭を持ち、子どもを産み育てられる環境は、住環境、医療環境、教育環境など、日常生活に関する様々な要素が総合的に組み合わされて「子育てしやすい街」を作り上げることができるものと考えます。

その中でも子どもを持つ親が安心して働くことができる保育環境の充実も大きな要素になると考えております。
本市における出生数は徐々に減少傾向にありますが、保育所申込数は0歳児から2歳児までの低年齢児を中心に増加傾向にあり、今後も育児休業明けでの職場復帰や、乳児期の子育てを終えて仕事を始めたいと考える母親が増えていくことが予想されます。
このような状況の中で、特に低年齢児の保育の受け皿の確保や多様化する保育ニーズに応えられるよう努力してまいります。

今後も広報等を通して、市民の皆様に子育て支援についてお伝えしていきたいと考えております。【平成31年2月】
*上記の内容は2019年2月22日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

このページをシェアする <外部リンク>