ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 福祉子ども未来部 > 生活福祉課 > 令和4年度住民税非課税世帯の給付金手続き方法について

令和4年度住民税非課税世帯の給付金手続き方法について

印刷用ページを表示する 更新日:2022年10月6日更新

本文

手続き方法

対象世帯

令和4年9月30日時点で本市に住民登録されており、世帯員全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯

『電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金支給要件確認書』を郵送します。確認書には「臨時特別給付金」または「令和2年度の特別定額給付金」振り込み時の口座情報が記載してあります。支給を希望される方は、記載内容をご確認いただき、必要事項を記入の上、同封の返信用封筒にてご返送をお願いいたします。​

ただし、世帯の全員が、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けている場合は対象外となります。
【対象外世帯の例】
親(課税)に扶養されている大学生(非課税)の単身世帯
子(課税)に扶養されている両親(非課税)の世帯

給付額

1世帯あたり 一律5万円

提出書類

給付金を振り込む口座 提出必要書類
【本人が申請する場合】 【代理人が申請する場合】

・確認書に記載の支給口座に振込を希望する場合

・確認書

・確認書

・世帯主の本人確認書類(※1)の写し

・代理人の本人確認書類(※1)の写し

・世帯主(申請者)名義の公金受取口座に振り込みを希望する場合

※マイナポータル等から公金受取口座を登録していることが必要です

・確認書

・世帯主の本人確認書類(※1)の写し

・確認書

・世帯主の本人確認書類(※1)の写し

・代理人の本人確認書類(※1)の写し

・確認書に記載の支給口座および公金受取口座と異なる口座に振り込みを希望する場合

 

・確認書の支給口座欄が空欄である場合

・確認書

・世帯主の本人確認書類(※1)の写し

・振込先金融口座の通帳やキャッシュカード(※2)の写し

・確認書

・世帯主の本人確認書類(※1)の写し

・代理人の本人確認書類(※1)の写し

・振込先金融口座の通帳やキャッシュカード(※2)の写し

※1 本人確認書類:健康保険証または介護保険証、年金手帳、マイナンバーカード(表面)、運転免許証、パスポート等(いずれか1点)

※2 振込先金融口座の通帳やキャッシュカード:振込口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)が分かる部分

給付方法

下記のいずれかの口座に振り込みます。
(1)確認書に記載されている口座
(2)世帯主(申請者)名義の公金受取口座
(3)確認書により設定された口座

返送・申請期限

令和5年1月31日(火曜日)まで ※当日消印有効

このページをシェアする <外部リンク>