ホーム > 市政のうごき > 行財政改革 > 行政改革 > 第三次塩竈市行財政改革推進計画第二次改訂版について

ここから本文です。

更新日:2016年5月27日

第三次塩竈市行財政改革推進計画第二次改訂版について

第三次塩竈市行財政改革推進計画について

本市では行政の効率化と時代とともに変化する行政課題に適切に対応するため、行財政改革を推し進めていく上での指針となる「第三次塩竈市行財政改革推進計画」を平成22年度に策定しました。

その後、平成27年度に計画期間を1年間延長する改訂を行い、行財政改革に取り組んできました。

第二次改訂版の策定

このたび計画期間が満了を迎えるにあたり、東日本大震災の震災被害からの早期復興を現在の本市の最重要課題と捉え、復興事業に充てる財源及び職員の確保を最優先するため、基本的事項は変更せずに計画期間を平成29年度までの2年間延長する「第三次塩竈市行財政改革推進計画第二次改訂版」を策定しました。

計画の視点

本市を取り巻く環境の変化等に適切に対応していくため、以下の視点に基づく改革を推進していきます。

(1)計画的な財政運営

(2)事務事業の見直し

(3)職員定数の管理

(4)職員給与の適正化

(5)職員の育成

(6)アウトソーシングの推進

このうち(1)計画的な財政運営、(3)職員定数の管理、(6)アウトソーシングの推進の三点を重点項目と位置づけ、本計画において基本的な考え方を示しながら改革を推進していきます。

 

第三次塩竈市行財政改革推進計画第二次改訂版(PDF:925KB)

第三次塩竈市行財政改革推進計画改訂版(PDF:914KB)

第三次塩竈市行財政改革推進計画(PDF:648KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民総務部財政課

宮城県塩竈市旭町1-1

電話番号:022-355-5782