塩竈市トップページ

文字サイズ
拡大
標準
  • 島案内ブログ
  • アンケート
  • English
  • ご利用規約
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ここから本文です。

更新日:2012年10月1日

古下駄の化けた話

昔話・伝説 (寒風沢)

古下駄の化けた話

昔々、寒風沢の人たちが、元屋敷に住んでいた頃の話だ。

ある年のこと、夜中になると、人家の立ち並んでいる街道を
「鼻いでえ、鼻いでえ。」
と、言いながら、なんとも不思議な声でうなって歩くものがいた。
次の晩も、その次の晩も気味の悪いうなり声が続くものだから、村の人たちは寄るとさわるとその話になって、
「おっかねえな。いったいなんだべ。」
と、大さわぎになった。

そこで、元気のいい若いもん5・6人が相談して、その化け物の正体を見届けることになった。
夜中になるのを待っていると、案の定真っ暗な街道を、
「鼻いでえ、鼻いでえ。」
といううなり声がこちらに近づいてきた。

「そら来たぞ、逃がすな。」
いっせいに外に飛び出して見たところ、声はするが姿はさっぱり見えない。
「どうした、どうした。」
と、きょろきょろしていると
「鼻いでえ、鼻いでえ。」
と、またうなりだした。

今度は、各々竹の棒を持ってその声のするあたりをめちゃくちゃに引っ掻き回した。
「あっ、いたぞ」
「こっちもだ」
「こらっ」
大騒ぎしながら竹の端にさわったものをよくよく見たらば、板片だの古縄の切れ端ばかりで、化け物らしいものはどこにも見つからない。
うなり声もしなくなってしまった。

がっかりしてお互い顔を見合わせてあきれていると、また3~40間向こうの方で、
「鼻いでえ、鼻いでえ。」
と、声がした。

「今度こそ捕まえろっ。」
と、皆で走って行ってみたが、やっぱりなんにもない。さんざん馬鹿にされた若いもんたちはすっかり腹を立てて家に帰って寝てしまった。

それから何日かたって、その時の若いもんの一人が夜の浜の藪のそばを通りかかると、中から「わやわや」と人の声がした。
「こんなどごで何してんだべ。」
と思って、そっと近づいて聞いてみると、どうも普通の人間の声と違うようだ。
なんとも不思議な声で歌を歌ったり、踊りっこも踊っているようだ。
若いもんはすこしばかりおっかなかったが、そろそろと声の方に近寄っていってじっと息をこらして聞いていると、こんなうたの文句が聞こえてきた。

「古みの 古がさ 古だいこ つづいて 古げた 古わっぱ どんどん ばさばさ、ばっさ ばさ」

大そう調子よく歌いながら楽しそうに踊っていたが、突然その中の一人が、
「なんだが今夜は気分がのらねぇ。どうもおがしな気配がすっから、もうやめろ。」
と、叫ぶと、歌もおどりこもピタッとやんで、しいんと静まり返ってしまった。

立ち聞きしていた若いもんは、にわかにおっかなくなって家に逃げ帰ると、ふとんをかぶって寝てしまった。

さて、次の日になると若いもんはどうにも我慢できなくなって、友達のところにとんでいって昨夜のことをみんなに話して聞かせた。
そして、夜になるとこの間の仲間たちと連れ立って昨夜の場所に行ってみた。
すると、藪の中には、波で打ち上げられた古みのだの古だいこの胴だの古げたや古わっぱなどがたくさん集まっていた。

そして、そこから少し離れた所には、片方の鼻のかけた大きな古げたがころがっていた。

「さては、この古げたや古みの笠どもが化けて出て来たんだなや。使っていらなぐなったもんでも、そまづにあつかうもんではねえなぁ。」
と、言いながら、みんなでそれらを1ケ所に集めてすっかり焼いてしまった。

その晩からもう、
「鼻いでえ、鼻いでえ。」
のうなり声も藪の中の歌や踊りこも聞こえなくなったと言うことだ。 

 地図 寒風沢 地図 元屋敷

寒風沢の元屋敷(赤丸部分)に、現在人は住んでいません。
寒風沢が鹿倉村と呼ばれていた、1559年(永禄2年)大津波があり寒風沢(元屋敷)にあった70戸余の家が流失してしまい、現在の位置に転居したようです。

元々、家(屋敷)があった場所だから、元屋敷という地名になったのでしょう。  

 関連のリンク

桂島の昔話・伝説

松島明神と藻根島の事

野々島の昔話・伝説

石浜の昔話・伝説

寒風沢の昔話・伝説

朴島の昔話・伝説

鯨島の浄瑠璃

その他の島の昔話・伝説

九ノ吉と狐狸囃子

浦戸の昔話番外編

勘定板

お問い合わせ

所属課室:産業環境部浦戸振興課(市営汽船係)

宮城県塩竈市港町1-4-1(マリンゲート塩釜内)

電話番号:022-361-7710