ホーム > お知らせ > ブロック塀の点検のチェックポイントについて

ここから本文です。

更新日:2018年6月27日

ブロック塀の点検のチェックポイントについて

平成30年6月18日に大阪府北部を震源とする地震により、登校中の児童及びボランティアの方が被害にあう痛ましい事故が発生しました。

過去の地震においても、ブロック塀の倒壊により多数の方が被害にあっています。

また、倒壊したブロック塀は、道路をふさぎ、避難や救助活動の妨げにもなります。

このような被害を防止するため、既存の石垣やブロック塀などで老朽化しているものや正しい工事がされていないものについては、早めに専門家の点検を受け、取り壊すか補強しておくことが必要です。まずは、ご自身の所有するブロック塀を自己点検しましょう。

ブロック塀の点検をしましょう!!

ブロック塀の安全点検を行われる場合のチェックポイントについて、国土交通省より広報(下記「関係リンク」参照)されていますので、既設のブロック塀を所有される方は安全点検を行い、不適合がある場合は改善をお願いします。

危険なブロック塀は、人間の命を奪います。危害を加えれば、管理責任も問われます。早期の改善を進めましょう!!

 

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:建設部定住促進課

宮城県塩竈市本町1-1(壱番館庁舎2階)

電話番号:022-364-1126