ホーム > くらし・防災 > 住まいのこと > 塩竈市子育て・三世代同居近居住宅支援事業について

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

塩竈市子育て・三世代同居近居住宅支援事業について

塩竈市子育て・三世代同居近居住宅支援事業の概要

塩竈市では、人口減少や少子高齢化の進展に対し、若い世代の定住と地域活力の維持を図るため、

「塩竈市子育て・三世代同居近居住宅取得支援事業」を創設しました。この事業は、市内へ転入する

子育て世帯や三世代同居・近居世帯への住宅取得を支援し、“いつまでも住みたい、住んでみたい”まちの実現を目指します。

補助金交付対象者

  • 平成30年4月1日以後に、住宅を取得して塩竈市へ転入する次の方
  1. 子育て世帯:夫婦のいずれかが40歳以下で、義務教育修了前の子を養育している世帯
  2. 三世代同居・近居世帯:親子(義務教育修了前の子を養育している)世帯と子の祖父母世帯が同居又は近居※1する世帯
    ※1近居:三世代が市内の別の住宅に居住すること
  3. 定住する世帯:1.又は2.の世帯が転入後、5年以上継続して居住する世帯

 

 

住宅の取得とは?

  • 次の取得方法で50平方メートル以上の住宅の所有権を得ることです。
  1. 住宅の新築工事契約
  2. 住宅の購入※2(建売・中古)契約
    ※2購入:住宅取得に伴う土地の購入を含む
  3. 住宅の増築工事契約

 

補助金の額

  • 住宅取得の工事契約額又は購入契約額の3%相当額(50万円を限度とする)

申し込み時に必要なもの

  1. ご印鑑(認印可)
  2. 補助金交付申請書(申請書に記載の添付資料含む)

受付期間

平成30年7月2日~平成31年3月29日※ただし、先着順となります。

関連事業

  • 【フラット35】地域活性化型事業

塩竈市子育て・三世代同居近居住宅取得支援事業とセットで、(独)住宅金融支援機構が実施する【フラット35】地域活性化型事業を
利用する場合、借入金利を当初5年間、年利0.25%引き下げるものです。詳しくは事業のご案内やパンフレットをご参照ください。

その他、細かい内容・条件等についてはお問い合わせください。

資料・申込書等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:建設部定住促進課

宮城県塩竈市本町1-1(壱番館庁舎2階)

電話番号:022-364-1126