ホーム > お知らせ > 鳥インフルエンザについて

ここから本文です。

更新日:2016年9月5日

鳥インフルエンザについて

通常の生活の中でヒトが鳥インフルエンザウイルスにかかる可能性は極めて低いと考えられています。

日常生活においては『手洗い』『うがい』をすれば過度に心配する必要はありませんので、冷静な対応をお願いいたします。

 

野鳥との接し方について

(1)死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥が死亡していたら、お近くの都道府県や市町村役場にご連絡ください。

(2)日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後は、手洗いうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

(3)野鳥の糞が靴の裏や車両に着くことにより、鳥インフルエンザウィルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。

(4)不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

 

その他(相談窓口など)

鳥インフルエンザに関する相談窓口について(宮城県ホームページ)(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

塩竈市産業環境部水産振興課
浅海農政係
〒985-8501 塩竈市本町1-1(壱番館2階)
電話番号:364-2222