ホーム > 観光・文化・催し > 家庭教育支援総合推進事業

ここから本文です。

更新日:2018年12月18日

家庭教育支援総合推進事業

家庭教育は、生涯にわたる人間形成の基礎を培う上でとても重要であり、学校教育や社会教育につながる「生涯学習」の起点です。

家庭教育力の向上を目的に、子育てを考える学習会を開催します。

家庭教育支援総合推進事業

目的:「完璧な親なんていない」「子育ての悩みや不安は誰にでもある」という事に気づき肩の力を抜いてリラックスしてもらう。

子育て仲間をつくるきっかけにしてもらう。

主催:生涯学習課、子育て支援課、健康推進課

対象:市内在住の保護者・保育士

実施時期:1月

内容:親のみちしるべ

今年度の案内平成30年度チラシ(PDF:358KB)

これまでの講座平成29年度(PDF:419KB)平成28年度(PDF:785KB)平成27年度(PDF:388KB)

 

中・高校生の夏休み保育体験学習

目的:「生命の尊さ」や「子育ての喜びと難しさ」を体験を通して学び、将来の親としての自覚や思いやりの心を養う。

対象:市内在住、在学の中学生・高校生

体験学習施設:市内の保育所・園、仲よしクラブ、塩竈市ひまわり園など

実施時期:7月~8月

内容:事前研修会、施設での体験学習、事後研修会

平成30年度の体験学習

事前研修会では、年齢ごとの子どもの特徴などを学習しました。参加者の表情から、体験学習への意気込みが伝わってきました。

体験学習が始まる前は、参加者は子どもたちに受け入れてもらえるか不安だったようです。

事前研修会活動写真1

しかし、子どもたちから「一緒に遊ぼう!」とたくさん慕われていました。

活動写真2活動写真3

事後研修会では、子どもを取り巻く状況について、小児科の医師の講話を聞きました。将来、保育士や幼稚園教諭を志望する参加者は真剣に聞いていました。

事後研修会1事後研修会2

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会教育部生涯学習課

宮城県塩竈市本町1-1(壱番館庁舎3階)

電話番号:022-362-2556