ホーム > イベントカレンダー > ようこそ!古典芸能の世界へ ~若手歌舞伎役者による舞踊とトークの会~

ここから本文です。

更新日:2019年9月12日

ようこそ!古典芸能の世界へ ~若手歌舞伎役者による舞踊とトークの会~

難しそう…、敷居が高い…、と思われがちな古典芸能。
でも、一度触れてみるとまた観たいと思う人が多いとか。
そんな古典芸能を身近に感じていただきたいと願って企画しました。

江戸の古典歌舞伎を代表する演目のひとつ『助六』を、演技力と表現力で観客の想像力を引き出す“素踊り”でお届けします。
振りの面白さや表情・身体の使い方など、素踊りならではの表現を感じ取っていただけたら幸いです。

人間国宝であった歌舞伎俳優、五代目中村富十郎を父に持つ、中村鷹之資。
二十歳の若い、情熱に溢れた舞を是非ご覧ください。

令和元年10月8日(火曜日)
開場18時00分/開演18時30分

◇演目・・・舞踊清元『助六』
◇演者・・・中村鷹之資(歌舞伎役者)
◇清元・・・《浄瑠璃》清元清美太夫、清元國惠太夫、《三味線》清元菊輔、清元美十郎
◇鳴物・・・望月実加子、福原徹秋
◇対談・・・おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)


■中村鷹之資・プロフィール■
1999年4月、東京都に生まれる。
父は人間国宝であった歌舞伎俳優、五代目中村富十郎。
祖母は舞踊家、初代吾妻徳穂。
幼稚園より学習院で学び、現在、学習院大学経済学部経営学科2年に在学。
平成13年『石橋』の文殊菩薩にて中村大を名乗り初舞台。
平成17年『鞍馬山誉鷹』の牛若丸を務め、中村鷹之資を披露。
歌舞伎の本興行をはじめ、舞踊公演を中心に活躍している。
舞台以外にも、山田洋二監督の映画『家族はつらいよ』に出演している。
平成25年、父の三回忌を機に自身の勉強会、翔之會を主宰し、妹の愛子と共に研鑽に励んでいる。

20191008kabuki

日時

  • 2019年10月8日(火曜日)

場所

名称

塩竈市遊ホール

住所

塩竈市本町1番1号

電話番号

022-365-5000

ファクス番号

022-365-4100

費用

入場料〔全席自由〕
■一般:前売2,000円/当日2,500円
■高校生以下:前売り1,000円/当日1,500円

下記プレイガイドにて、チケットを販売しております。
松尾カメラ/メロディーズ/フジサキ・スポーツ/美容室マサヒコ/喫茶ノンノン/しおがま・まちの駅/ヤマザキショップ塩釜すずきや店/金犬くん利府店/多賀城市文化センター/株式会社仙台三越/塩竈市遊ホール協会(壱番館4階)
ローソンチケット(Lコード:21584)/チケットぴあ(Pコード:496-436)

※不可抗力による公演中止の場合以外はチケットの払い戻しはできません。
※前売券が完売の場合は、当日券の販売はございません。あらかじめ、ご了承ください。

主催者

主催:塩竈市遊ホール協会
制作:オフィスタカヤ
お問合せ:塩竈市遊ホール協会(TEL:022-365-5000)

その他

駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
未就学児をお連れの方は、親子室をご利用ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会教育部市民交流センター

宮城県塩竈市本町1-1

電話番号:022-365-5000