ホーム > くらし・防災 > ペットなど > 地域の皆様へ

ここから本文です。

更新日:2012年10月1日

地域の皆様へ

市役所には、犬・ネコの鳴き声、フンの処理、放し飼い等に関する相談が多数寄せられています。その内容のほとんどは、飼い主のモラルによるものです。
犬に関して市が行う業務は、狂犬病予防法に基づく飼い犬の登録と狂犬病予防注射の接種となっておりますが、飼い主に対してのマナーの改善も促しております。ネコに関しても飼い主に対するマナー改善を促しておりますが、捨てネコ等の飼い主が不明なネコについては、扱うことができません。

犬やネコを捨てないで

何らかの事情により犬やネコが飼えなくなり、新たな飼い主が見つからない時は、宮城県塩釜保健所へご相談ください。犬やネコを捨てた場合、動物の愛護及び管理に関する法律により罰せられる場合があります。宮城県塩釜保健所では、毎月2回、飼えなくなった犬猫の引き取りを実施しております。日程は『広報しおがま』を参照いただくか、宮城県塩釜保健所にお問い合わせください。

ネコに餌を与える時は、責任と自覚を持ちましょう。

ネコに餌を与えるということは、そのネコの飼い主になるのと同じことです。食べるものがなく、可哀相だからと思い餌を与えることにより地域にネコが居ついてしまい、繁殖を繰り返します。その結果として放浪猫が増えてしまい、感染症の原因となることがあります。庭や道路にフンをして、地域の皆様に迷惑をかけてしまうこともあります。餌を与える時は、責任と自覚を持ちましょう。

避妊・去勢手術をしましょう。

予定していない出産の結果、多くの子犬や子猫は里親が見つからずに処分されています。罪のない生まれたばかりの命を人間の都合で奪ってしまうことは、とても悲しいことです。犬やネコの繁殖を希望しない場合は、避妊・去勢手術をしましょう。

関連のリンク

お問い合わせ

所属課室:市民総務部市民安全課

宮城県塩竈市旭町1-1

電話番号:022-355-6486