ホーム > くらし・防災 > 市民活動 > 市民活動について

ここから本文です。

更新日:2013年3月4日

市民活動について

 塩竈市における市民活動に関する担当窓口は、市民総務部市民安全課協働推進室です。

 塩竈市の場合、市民活動団体には、任意の市民活動団体(NPO団体)やNPO法人(特定非営利活動法人)等の法人格を持つ団体の他に、町内会・自治会といった地縁による団体(コミュニティ組織)を含みます。

市民活動支援

 塩竈市では、市民活動を支援するために協働推進室を設置しています。
 協働推進室には、市民活動団体が使用するための印刷機(有料)やミーティングスペース(無料)等の設備を備えている他、市民活動団体の情報登録、閲覧ができます。活動案内や開催イベントのちらしを置くこともできます。
 その他、市民活動に関する各種相談(運営、活動やイベント開催の場所、ちらし等の配布方法、市との共催・後援など)に応じています。

 また、塩竈市情報・交流コーナー「マリンプラザ」についても、ちらしを置いたり、市民活動団体のミーティングや展示・イベントと会場として使用できますのでご相談ください。

市民活動とは

 塩竈市における市民活動は、市民活動促進指針に示す下記の要件を満たしているものとします。

  1. 自主的かつ自立的な活動であること
  2. 塩竈市内で活動をしていること
  3. 地域社会に貢献する活動であること
  4. 営利を目的としない活動であること

 なお、1.に示した自主的とは、「塩竈のまちを愛する自らの強い思いをもって地域社会に働かけること」であり、自立的とは「その運営上、行政等の周辺組織・機関から独立した活動であること」を意味しています。

 また、以下に示すような宗教や政治にかかわる活動は市民活動にふさわしくないものと考えます。

  • 宗教上の教義を広め、信者の教化・獲得を主たる目的とする活動
  • 政治上の主義を推進、支持、もしくはそれに反対することを主たる目的とする活動
  • 特定の公職にある者、公職の候補者、または政党を推薦、支持もしくはそれに反対することを主たる目的とする活動

関連する計画等

 市民活動に関連する塩竈市の計画等は以下のとおりです。

市民活動促進指針

 平成15年4月策定。
 市民・企業・行政など、多様な主体の参加や協働ができる仕組みを確立し、地域らしさを活かした市民主体によるまちづくりを進め、協働のまちプロジェクトを推進する指針の役割を担うものです。

第5次長期総合計画

 平成23年度4月策定。計画期間は平成23年から平成32年です。
 この計画では、市民活動について、まちづくりの目標のひとつに「夢と誇りを創るまち」を掲げ、その中で「協働で創るまちづくり」の中に位置づけています。

また、市民活動団体に関する代表的な指標として、以下の2つの指標を設定しています。 

  • 市民活動団体数(市内に拠点を置くNPO団体などの市民活動団体数)
     市民協働を推進しながら社会貢献活動を行う団体を増加させていきます。
     基準値 46団体(平成21年)
  • 民間団体の連携事業実施数(民間団体との共催、助成などを行う事業の実施回数)
     民間団体の交流や活動を支援し、協働を促進することによって事業実施回数を増加させていきます。
     基準値 31回(平成21年)

お問い合わせ

所属課室:市民総務部市民安全課(協働推進室)

宮城県塩竈市本町9-30

電話番号:022-361-1773