ホーム > 震災関連情報 > 震災関連情報 > 塩竈市の被災状況

ここから本文です。

更新日:2014年4月24日

塩竈市の被災状況

被害の概要

平成23年3月11日14時46分頃に発生した三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震により、本市の沿岸部に津波が襲来し、津波の高さは、本土側では概ね1.5m~4.8m、浦戸地区では8m(標高)を超え、浸水範囲が本土地区では市域面積の約22%、浦戸地区では全島において居住区域に達するなど甚大な被害をもたらしました。

人的被害(平成26年4月1日現在)

死者47名(市内で亡くなられた市民の方17名、市外で亡くなられた市民の方30名)
災害関連死18名(市が設置する専門家の委員会によって震災と因果関係があると認定されたもの)

住家などの被害(平成26年4月1日現在)

津波及び地震により、住家と非住家を合わせて13,333件が被災しました。(税務課調べ)

  • 全壊1,017件
  • 大規模半壊2,240件
  • 半壊2,308件
  • 一部破損7,768件

避難所の運営状況

  • 3月11日:計39か所8,047人
  • 3月12日:計46か所8,771人
  • 4月1日:計6か所770人
  • 7月13日:避難所閉鎖

仮設住宅の状況(平成26年4月1日現在)

  建設戸数 入居開始日 入居世帯数 入居者数
伊保石ステーション第1期 60戸 平成23年4月28日 47世帯 104人
伊保石ステーション第2期 48戸 平成23年5月13日 36世帯 70人
伊保石ステーション第3期 12戸 平成23年6月13日 9世帯 11人
伊保石ステーション第4期 15戸 平成23年7月08日 13世帯 23人
塩釜ガス体育館駐車場 23戸 平成23年6月11日 16世帯 43人
浦戸桂島地区 21戸 平成23年6月25日 17世帯 39人
浦戸野々島地区 15戸 平成23年7月09日 12世帯 22人
浦戸寒風沢地区 12戸 平成23年6月30日 10世帯 25人
合計 206戸   160世帯 335人

資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:震災復興推進局復興推進課

宮城県塩竈市旭町1-1

電話番号:022-355-6574